今回は2021年8月13日にライブ配信のあった

  • BNK48 Pampam

の発言内容を一部抜粋してまとめたメモを掲載します。




BNK48 Pampam(8月13日)

[iAM48アプリでのライブ配信]

  • ネットの状態はいいかな?
  • 「サボテンちゃんはどこにますか?」、サボテンちゃんは上の階にいます。
  • 「チビKaiのほっぺを引っ張りたい」、(※Kaimookに顔が似ていることからこう呼ばれています。タイ語では ไข่น้อย)
  • 最近私はまた『(クレヨン)しんちゃん』を観ています。
  • Kaiさんもライブ配信中なの~!? 観たい。実はKaiさんのライブ配信をあまり観たことがない。




  • みなさん、今日は3期生1周年の話をしよう。これが今日のトピック。それと母の日について少々。私はファングループが制作した(3期生1周年記念の)動画をまだ観てないの。
  • 「シャツの色が路地の一番奥からでも見える(ほど派手)」、誰か着ている人いる?「GIRLS DOING WHATEVER THEY WANT」。本当のことです。
  • 「Pampamは歯列矯正をしたことがありますか?」、あります。あります。
  • ファングループが編集してくれた動画を観る。白状すると観るつもりだったけど、ライブ配信の中で観ようと思い立った。
  • 本当は金曜日より前にライブ配信をしようと思ったのよ。それでARさん(マネージャー)に21時に時間をずらしてもらえませんか?と尋ねた。そしたら「空きがない」との返事だったから、それなら日程をずらしますってお願いした。私は21時がめっちゃ大好きだから。他の時間帯にずらすことを絶対に受け入れない(笑)。だから最終的に金曜日に落ち着いた。
  • つい最近発見したばかりなんだけど、私は魚を食べるのがあまり好きじゃないです。例外はサーモンみたいに骨のないもの。ツナや刺身とか。骨が多い魚が好きじゃない。骨を取るのが面倒だから。
  • 「Pamが甘えた時が好き」、そうなの? キミ、お金頂戴♡(笑)
  • 観る勇気が出ないよ、分かる? 私は自分がしたのを後で見返すのをあまりしないの。例えば水槽(Digital Live Studio)、私はあまり見返さない。『SENPAI』も自分のシーンを見返す勇気がないの。だって恥ずかしいから(笑)。

Pampamのファングループが3期生1周年の記念に制作した動画はこちらです↓




  • (ファングループの動画を観始めて)、あー! 受け入れられなーい!(笑) あー、みなさん、私恥ずかしいよ。
  • みなさん、白状するとこれを撮った時はね。私がめっちゃ太っていた時、太っていたじゃないよ。シリアルなんかをめっちゃ沢山食べていた時で、めっちゃ食べていたからお母さんが「こらPam、もう食べるのやめなさい」って注意したほどだよ。
  • (動画が)めっちゃ可愛いよ。みなさん、一緒にいてくれてどうもありがとうございます。それと素晴らしい動画をありがとうございます。1周年にこんなサプライズがあるとは思っていなかった。今後の年にはもっと会えることを願っている(笑)。
  • 「この1年はどうでしたか?」、(BNK48に)入る前から話そう。私は高卒認定試験を受ける予定じゃなかった。でもある日ふと試験の難易度を知りたくなって試しに受験しようと思い立った。何の準備もせず2科目申し込んだら合格しちゃった。えっ?ってなってそれ以来真剣に受験勉強した。ちょうど高校1年の中間試験の時期にも重なってストレスが溜まったから、息抜きにスマホを手に取ってSNSに目を通していたら、えっ「BNK48 3期生募集」とかなんとか。
  • 当時のPamちゃんは、頭が悪くて勉強にストレスが溜まったから学校から逃げたくてBNKに応募した(笑)。
  • スマホでBNK 3期生の応募フォームを見かけてから、受験勉強を止めました。教科書を置いてベッドに座ってから応募フォームに入力。自己紹介と特技の動画の添付もあった。その時は学校の寮にいた。室内には何もなくてホウキがあるだけ。カメラを立てて、座って歌ってサビまでで送信した。恥ずかしいから見返さなかった(笑)。送信後に動画を削除しました。
  • 合格する期待はしていなかった。実は2期生の(オーディション)も目に留まったけど応募しなかった。それで、あら、3期生の応募が始まったの?って。それで応募してみた。
  • 数学の授業中にBNKからメールの1通目が届いた。「一次審査に合格しました」。それで私は「あ、お母さんに言わないと」(笑)。応募時には誰にも言いませんでした。
  • 一次オーディションになぜか合格して「一次に合格しました。二次の詳細は…」って電話があってからメールが来た。あの時はカンチャナブリーで合宿中だった。
  • ワークショップが2日間あって二次のオーディション。2日目に行った。
  • 呆気に取られているうちに合格していった。私には友達ができた。BNKのオーディションで新しい友達が沢山できた。わーお、ネットアイドルの人と友達になれた。めっちゃ奇跡的とかって(笑)。ドキドキしたよ。(会場で知り合った人と)インスタを交換するでしょ。「えっ、ネットアイドルなの?」(笑)。みなさん、私の周りはみんなネットアイドルなのよ。私はここに一体何をしに来たんだ?って感じで(笑)
  • 本当は2期生の時から応募しようと決心していました。CGMのも見かけたけど応募期間に間に合わなかったか都合が悪かったか何かがあったのよ。うん。だから応募しなかった。
  • Pimとはその(オーディションの)ずっと前から知り合いだった。会って、えっ、Peakの友達じゃん(笑)。
  • そう。(応募者)番号は2911だったんだよ。真ん中あたり。
  • 最初に私をいじったのはYoghurt。初日のプロフィール写真の撮影時にYoghurtが…来たよ。来たよ。こっそりスマホのカメラでズームして(写真を撮って)送って来てからかわれた。
  • Peakの第一印象は、私達2人は最初髪のセットができませんでした。プロフィール写真を見ると2人ともロングのストレートでしょ。「Peak、Peak、それって髪をセット済みなの?」とかって感じで(笑)、2人とも髪のセットをほとんどしていなかった。それが第一印象。
  • Peakとはどこに転校するかって話もしていた。転校先を2人とも探していた。でも結局私は高卒認定試験での飛び級を選んだ。
  • Paeyahは実は私が高校1年時の学校の後輩なのよね。Paeyahがオーディションの時に挨拶に来て、私は先輩と同じ学校にいるんだよとかって。それで同じ学校にいようねって約束していたんだけど、結局2人とも退学したんですよ~。遠すぎて通えないから。
  • 実はナコンパトムの学校にいました。それからバンコクの大学に入りました。
  • 「Monetに最初に会った印象は?」、やんちゃな子供。めっちゃやんちゃ(笑)。
  • 「最初に言葉を交わした先輩は?」、オーディション時も含めると、Cherさんです。『ドーッディドン』のダンスを教わっている際にCherさんに振り付けを尋ねたのを覚えている。私はCherさんに振り付けを質問した。
  • 「Kaofrangについて話してください」、Kaofrangさんは面白い人です。綺麗に見えるかを気にしないで可笑しな人。
  • この1年で大勢の人と知り合いました。大勢のファンと知り合えて、実は私は自分にファンができるとは思っていなかった。みなさん分かる?『SENPAI』の初日のインタビューで私は自分をサポートしてくれる人が20人もいてくれれば嬉しいと言ったのを覚えている。いつもサポートして一緒にいてくださってどうもありがとうございます。




  • 「普段は内向的ですか?」、そう、めっちゃめっちゃ内向的で、ほんとにめっちゃめっちゃって感じなの。
  • ライブ配信の最後に標語を伝える。実はキャプションなんだけどここで言うことにした(笑)。みなさん。みなさんはประดิษฐ์(プラディット:発明する)をご存知ですか? ライブ配信の最後に5つの言葉をみなさんにお伝えする。
  • ประดิษฐ์(プラディット:発明する)、ชาไทย(チャータイ:タイティー)、ธิดา(ティダー:人名)、ะการัง(パカーラン:サンゴ)、それからไตโย(タイヨー:太陽?)。バイバーイ。おやすみみなさん。

    (※5つの語の頭の文字をつなげると、ประชาธิปไตย(プラチャーティパタイ:民主主義)になります。)