CGM48のMeen(ミーン)に2か月の謹慎処分が下されたことが5月17日、CGM48公式Facebookで発表されました。





(出典:CGM48公式Facebook

 

文面を日本語に訳します。




評決委員会からの重要告知
CGM48 Meen 処罰の件

Meen, Pitchayathida Sonthisakwannaが当社の内部規定に違反し、メンバー側が左記違反を承知し当社の規定に従った処罰に同意したことから、委員会は評決を行い、下記のとおり処罰することを決定した。

1. Meen, Pitchayathida Sonthisakwannaを2021年5月18日から2021年7月18日まで2か月の期間、全てにつき停職とする。ただし既に参加メンバー名を告知済みの握手会またはその他イベントついては、上記期間内に開催される場合、通常どおり参加する。

2. Meen, Pitchayathida SonthisakwannaのSNS使用は、iAM48公式アプリでのライブ配信を含め全て停止とする。ただしGreeting You Onlineアクティビティは従来どおり完了するよう任務を遂行する。

規定違反の内容はメンバーとの会話内容も含め、当社はメンバー自身の利益およびプライバシー保護のため当方は公表しないこととさせていただく。当方としては皆様のご理解が得られることを願う。また委員会の決定を絶対として堅持することとする。

2021年5月17日告知
評決委員会

 

とのことです。





(Meenの3rdシングル『ジャスミン』プロフィール写真)

 

CGM48メンバーに活動全体を対象とした謹慎処分が下されるのは2020年12月1日のKaiwanに続き、Meenが2人目となります。
参照:CGM48カイワーン、2か月の謹慎処分

違反内容についてはKaiwanの時と同様に発表されませんでした。現時点でファンの間では若干の噂は挙がっているものの2か月の謹慎処分の理由となるには不十分なように思われます。

違反理由の詮索よりも新型コロナでグループの活動がオンライン以外でできない時期の処分なので本人にあまり影響が出なさそうで良かったという声が多い印象です。