ラストアイドル・タイランドを紹介するYouTube番組『ROAD TO LAST IDOL』が5月10日からスタートしました。毎週月曜18:00(タイ時間)に公開されます。

第1回のタイトルは「オーディション」です。




 

ラストアイドル・タイランド暫定メンバーに選ばれることになる7人のオーディション時の様子が映し出されています。順に軽く紹介していきます。

 

ターン(Taln) 24歳

 

表現をする自信がないのが今までの人生で問題になってきたと語っています。
バンコク都出身。




 

ゲー(Kae) 19歳

 

大学の看護学部学生のゲーは、高校2年生の頃から芸能界を目指して様々なオーディションを受けてきましたが、合格しても研修生止まりだったので、成功した自分の姿を両親に見せたいと思っています。

 

 

トンナム(Tonnam) 14歳

 

自分の歌で大勢の人に楽しんでもらって、自分の違った面も見てほしいと思っています。

 

 

シーモン(Seamoon) 14歳

 

アイドルになりたかったので、良いチャンスだと思い応募しました。オーディションではギターを弾きながら歌を披露。
クラビ県出身。




 

ホンヨック(Hongyok) 16歳

 

人に自分を見て笑ってもらいたいと思っています。自分を好きになってくれる人がいることを期待しています。
オーディションでは宝くじ1等に当選した際の表情をしてくださいと言われて熱演し、審査員を笑わせました。

 

 

カノムワン(Knomwhan) 17歳

 

カバーダンスが趣味。オーディションでは審査員が優しいのであまりプレッシャーを感じませんでした。
ウドンタニー県出身。




 

マンムック(Mahnmook) 26歳

 

女性アイドルグループ「Sweat16」メンバーとして長年活動してきた彼女は、オーディションで流暢な日本語で挨拶しました。
アイドル歴はあるもののまだ知名度が低いので、年齢制限ぎりぎりでもラストアイドルを最後のチャンスと考え、「伝説の年増」アイドルになりたいと思っています。