CGM48の3rdシングル『ジャスミン』(มะลิ マリ)のMVが3月21日(日)タイ時間20:20頃にCGM48公式YouTubeチャンネルで公開されました。







CGM48はもちろん、BNK48を含めてもシングルメイン曲としては初のオリジナル曲です。

SNSでのファンの反応は、ティーザーでの印象からスローテンポな曲だと思っていたらいい意味で裏切られたという声が多い印象です。
またメロディーが耳に残る曲なのでヒットする可能性が高いと評価する人も多く見られます。

日本人には「咲き続けよう」が耳に残りますね。

MV再生回数がどんな感じで伸びるか、楽しみにしていましょう。




MVのExective Producerを務めたのはお馴染みのMadiaoことChookiat Sakveerakulさん。

『ジャスミン』の選抜コスチュームをデザインしたのは、どうやらAKB48側ではなく、今までもBNK48『ウインクは3回』MVの学生服やCGM48 2ndシングル『メロンジュース』MVのコスチュームをデザインしたSantirade KadchadakumさんとSuprawat Nammuengさんのコンビが担当したようです。

Santirade Kadchadakumさんは自身のインスタグラム・ストーリーに次の投稿をしています。

 


(出典:peckpeckpeck1インスタグラム・ストーリー)

左は

涙が出る。
コスチュームがメンバー達の手に届いて生まれた。
美しさ。
Mee(※Suprawat Nammuengさん)と一生懸命に制作した。

 

右は

涙が出る。
自分のコスチュームを目にした。
夢以上の夢だ。

 

嬉しさが伝わってきますね。