BNK48のメンバー5人が出演するコメディー映画の情報が3月4日に解禁されました。
映画タイトルは『パー・ピーボーク』(ผ้าผีบอก)。「幽霊が告げた布」という意味です。





(出典:Ch3芸能ニュース番組 @tkbtv3 ツイッター)

 

BNK48からの出演はGygee、Namneung、Wee、Mobile、Pupeの5人です。




こちらの動画での各メンバーの役名・役柄紹介を信じるとするなら次のとおりです。

  • Gygee
    役名:ウィーワー (วีว่า)
    役柄:オネエ
  • Namneung
    役名:サーラピー (สาระปี)
    役柄:良い人の役
  • Wee
    役名:ナーン・ホームヌアン (นางหอมนวล)
    役柄:一番良い人の役で少し悪いところがある。
  • Mobile
    役名:ゲッタワー (เก็ตถะวา)
    役柄:もっと一番良い人の役。病気持ちで体が弱い可哀そうなお姫様
  • Pupe
    役名:サバンガー (สะบันงา)
    役柄:あまり良い人ではないが誰もいじめたことがなく、逆に他人からよくいじめられる役

@tkbtv3 ツイッターは補足で、Mobileは難しい役柄を演じると明かしています。

 

『THE STANDARD』『Mango Zero』の記事によると、コメディーの中にも幽霊の話が満載で恐怖も織り交ぜた映画とのこと。千年前の世の中で(タイムスリップして?)、古い布地の真実を探るストーリーだそうです。また2つの時代の女の子の恋愛も描かれるのだとか。

 


(出典:Ch3芸能ニュース番組 @tkbtv3 ツイッター)

共演する男性俳優は、War-Wanarat Ratsameerat、Yin-Anan Wong、Boss-Saharat Homsangの3人。いずれもドラマ出演経験があります。

 

そして興味深いのが次の動画です。




冒頭に登場する男性はこの映画のプロデューサーで脚本制作にも参加したMadiao-Chookiat Sakveerakulさん。この名前と顔に見覚えがありませんか?

CGM48 1stシングル『Chiang Mai 106』でDirector、BNK48『走れ!ペンギン』『ウインクは3回』『ワロタピーポー』でExective Producer、CGM48 2ndシングル『メロンジュース』でProducerを務めた人です。

しかも、CGM48『メロンジュース』やBNK48『走れ!ペンギン』『ウインクは3回』『ワロタピーポー』のコスチュームデザインを手がけたSuprawat Nammuengさんも、

「私達の仕事をよろしくお願いしますね」とツイートをして、これらの写真は衣装の「fitting day」時のものだと明かしています。




つまりCGM48のMVを多く手掛けたチェンマイ側のチームが中心となって制作する映画のようです。Mobileの役名「ゲッタワー」が北タイで縁起が良いとされる花の名前で、Mobileが動画で北タイ方言を話していることからも、舞台は千年前と現代のチェンマイなのかもしれません。

 

なおMadiaoさんが登場する動画の2人目がこの映画の監督を務めるAm-Nattapong Arunnateさんです。その後に3人の共演俳優も登場しています。

 

映画『パー・ピーボーク』の劇場公開予定は「第3四半期」とのことなので、今年7~9月頃。
その頃には新型コロナも落ち着いて、日本からタイへ映画を観に行けるようになっていたらいいですね。