タイの女性アイドル史上で歴史的とも言える出来事が起きました。複数の女性アイドルグループの卒業生ら7人が音声配信SNSアプリ「Clubhouse」に集結してアイドルについてトークを繰り広げたのです。

2月21日(日)日本時間22:00から、Clubhouseのルーム「退役アイドル達」(เหล่าไอดอลปลดเกษียณ)に集結したのは、




 

  • Maira:元〇N〇4〇 2期生
  • Oom(Natcha):元〇N〇4〇 2期生
  • Natherine(Dusita):元〇N〇4〇 2期生
  • Kheng(Jutha):元〇N〇4〇 2期生
  • Cake:元〇N〇4〇 2期生
  • Aum(Thirada):元Cm Cafe→元School Daysメンバー
  • Mint:元Sweat16メンバー

という複数のアイドルグループの元メンバー7人。なんとも豪華な顔ぶれです。




音声のみで会話を楽しむSNSアプリ「Clubhouse」は最近日本でも話題になっていますが、タイでも流行が始まったばかりです。そんな中でどうやらMairaが中心となって元アイドルグループメンバーらに声をかけてこの一大トークセッションを実現させたようです。

実はMairaは2月19日に「Clubhouse」でアイドルファンが企画したルーム「ベーンケーについて語ろう」(คุยเรื่องเบงเค)に降臨していました。

その時Mairaはファンの話が脱線しないように見事に誘導して司会者としての才能を見せ、契約内容を問われると言えないと返すなど卒業後も現役メンバーらを守る姿勢を貫いて多くのリスナーから高い評価を受けたばかりでした。

 

この日21日のトークもMairaがメイン司会、Natherineが副司会といった感じで進行。

 

リスナーには、Natherineの父親(Dusit)、元2期生のFifa、CM CafeのBeawwieらもいました。FifaはMairaがトークに参加するように誘ったのですが応じなかったそうです。途中で退室していました。

 

この日のトークのトピックは次のとおりでした。

  1. アイドルという言葉の自分にとっての定義
  2. ファンのことを何と呼んでいるか?(例:Cakeは「ベーカリー・スタッフ」)
  3. ファン参加イベント(握手会、ハイタッチ会等)ではアイドルはどんなことをするのか?
  4. チェキ・2ショットでアイドルはどんなことをするのか?
  5. ファンのコスプレで印象に残ったものは?
  6. 今でも自分をアイドルだと思っているか?
  7. オーディションへの準備とオーディションで何をしたか?
  8. 自分がアイドルになれた自分の強みは何か?

 

興味深い意見が多く出た中で、オーディションへの応募を考えている人に対してNatherineが「ダンスの課題曲が事前に出されたら、ダンスを正確に覚えて披露するようにした方がいい。どんな仕事でも与えられた仕事をしっかりこなすのが社会人として当然の資質だから」といった旨のアドバイスをして、他のメンバーらも大きく頷いていたのが印象に残りました。




リスナー数は確認時に千2百人でした。なかなか多い人数です。

 

最後には、一人一人がリスナーからランダムで選んだ人からの質問に答えるという嬉しい試みがありました。その中で盛り上がったのは「ファンの顔を覚える方法」「批判など騒動が起きた時の対処方法は?」という質問にそれぞれが答えた時。

また「活動で機転を働かせる場面はあるか?」との質問にMairaが、ステージで自分のポジションに他のメンバーが間違えて立って踊っている時、瞬時に状況を把握してそのメンバーの本来のポジションを探して即座にそこに立って踊り続けるといった旨の話をしたのが臨場感があって面白かったです。




KhengとMintは途中退室して、最後までトークを続けたのはこの5人でした。
当初から2時間で予定していたそうで、一人ずつ感想と宣伝することがあれば自分の宣伝をして、24:09に終了しました。

 

今回のトークは建設的な意見ばかりだったので安心して楽しく興味を持って聴くことができる内容だったと思います。
NatherineのSNS投稿によればトピックを探して続けていくとのことなので、今後もぜひ輪を広げてやってほしいものですね。

タイ語学習中の日本人の方は、内容を理解するには上級レベルでないと難しいかもしれませんが、生のタイ語会話に触れられる素晴らしい場ですし、理解できる部分があれば嬉しいものです。Clubhouseのアカウントをお持ちでしたら次回ぜひルームに訪れてみてください。