CGM48の3rdシングルがオリジナル曲の『ジャスミン』(タイ語では มะลิ「マリ」)であることが2月9日(火)のCGM48 Facebook LIVE「CGM48 SPECIAL LIVE」でサプライズ発表されました。




 

この日2月9日はCGM48のデビューイベントからちょうど1周年。それを記念してメンバー全25人が出演したスペシャル・ライブ配信が行われました。




 

その最後で支配人の伊豆田莉奈さんが発表があると前置きしたうえで動画をご覧くださいと語りました。

その動画とはこれです。




 

 

3rdシングルの告知動画でした。メンバーらは3rdシングルについて既に知っていましたが、この日に告知動画が公開されるとは知らなかったそうです。

まずは選抜メンバー16人の発表。
発表順に、伊豆田莉奈, Ping, Sita, Marmink, Fortune, Aom, Pim, Pepo, Nenie, Angel, Milk, Nena, Kaning, Punch,

そして初の選抜入りが2人。

 

 

Jaydaと、

 

 

Champooです。

 

次に発表されたのは3rdシングルの曲ですが、




 

なんとオリジナルソング!

 

 

曲名はタイ語で『มะลิ』。
「マリ」と読みます。日本語に訳すと『ジャスミン』です。

そしてセンターは、

 

 

Kaningが2ndシングル『メロンジュース』に続いてセンターに選ばれました。

 

 

万歳をしていたのが印象的です。

 

 

告知動画を観終えた後、伊豆田さんはこの曲はCGM48にとって初のオリジナルソングであること、曲からコスチュームに至るまでプロデュースに自分が参加したことを語りました。

またなぜ「ジャスミン」なのかというと伊豆田さんが好きな花で、CGM48メンバーは綺麗なバラの花というより可憐で自然なジャスミンの花のイメージがぴったりだからだそうです。

実はここ最近、CGM48とBNK48のファンから48グループの曲のタイ語訳ではなく、タイの文化に合い、もっとタイ人に受け入れられるオリジナルソングを歌ってほしいという声が高まっていました。そういうこともオリジナルソングに決定した背景にあるのかもしれませんね。