2020年ももうすぐ終わろうとしています。今年はBNK48とCGM48にとって様々なことが起こったまさに激動の1年でした。

そんな2020年の1年間に当サイトが投稿した記事からページビュー数が多かったトップ5の記事を5位から順にご紹介したいと思います。




5位 BNK48 Mindが6か月の謹慎処分


(投稿日 : 2020年3月26日)

BNK48のMindに6か月の謹慎処分が下されたことを伝えた記事が5位でした。

MindのSNS裏アカから内容に問題のある写真が流出したことが処分の理由だと思われますが、3月26日から9月26日までの長期間にわたって彼女の姿を見られなくなるとあって衝撃をもって読まれたのが上位にランクインした理由なのでしょう。日本人にはMindのファンが多いですしね。

Mindは処分期間開けの9月27日に行ったライブ配信で活動に正式復帰しました。

 

以前会ったことがありますか、みなさん?

との第一声の挨拶に彼女らしさが出ています。

10~11月は月3回、合計3時間以上というライブ配信手当が支給される基準をクリアしていたのですが、12月は一度もライブ配信をしていません。理由をMindは「やることが沢山あるから~~」とiAM48アプリに投稿していますが、やはり毎日元気な姿を見たいファンのみなさんにとっては、活動復帰後もやきもきする日々が続いているようです。早く落ち着いて以前と同じように元気な姿を見せてほしいですね。




 

4位 BNK48マイユーのインスタライブ配信にNGT48荻野由佳が参加


(投稿日 : 2020年4月14日)

BNK48 2期生のMyyu(マイユー)はNGT48荻野由佳さんが神推し。そんなMyyuのインスタグラムでのライブ配信に荻野由佳さんが訪れてコメントをくれたばかりか、そのままコラボライブ配信が実現した出来事を伝えた記事が4位にランクインしました。4月13日のことです。

筆者の記憶にある限りで日本国内48グループとタイの48グループ(BNK48・CGM48)のメンバーがコラボライブ配信をしたのはMyyuと荻野由佳さんが初だと思います。

 

BNK48 CherprangとCGM48伊豆田莉奈さんがタイからオンライン出演したOUC48「横山由依のなんやろなぁ International Special」が5月25日。

 

AKB48側から横山由依さん、岡田奈々さん、下尾みうさんが出演したBNK48 Facebook LIVEが6月2日。

 

新型コロナ禍でこのように国内48グループとタイ48グループとのコラボライブ配信が何回か行われましたが、Myyuと荻野由佳さんのコラボライブ配信が日タイ両国で大きな話題になったことがこれらのきっかけになったと言えるかもしれません。その意味でも歴史的な出来事でした。

12月に入って新型コロナの感染拡大が日タイ両国で再び進み、イベントが開催できない状況に陥っています。BNK48もCGM48も活動が途端に低調となってしまいました。こんな時だからこそコラボライブ配信で再び盛り上げてほしいものですね。




 

3位 ラストアイドル・タイランド発表イベントで暫定メンバー初披露


(投稿日 : 2020年10月2日)

秋元康氏プロデュースの女性アイドルグループ「ラストアイドル」のタイ版の発表イベントが10月2日に既存の多くのアイドルグループを招待して行われたことを伝えた記事が3位にランクイン! とても大きな注目を集めました。

 

 

この発表イベントでは7人の「暫定メンバー」が登場しましたが、どうやら発表イベント限定のまさに「暫定」だったようです。

「ラストアイドルオーディション開催」と銘打って、オーディション番組参加者の募集が10月15日から11月15日の期間(のちに11月22日まで延長)行われました。その後、

  • 書類審査結果:11月25日までに通知
  • 50人を選考した結果:12月3日までに通知
  • 最終審査結果:12月15日までに通知

をすでに終えています。最終審査結果が出たことを伝えるツイートを紹介し、日本語訳も載せておきます。

現在スタッフはオーディション最終審査結果の通知を終えた。

今回のオーディションに参加した応募者の皆様に感謝を申し上げる。
また、近日中に開始の番組 LAST IDOL THAILAND が近日中をお楽しみに。

 

バトル形式のオーディション番組『LAST IDOL THAILAND』はおそらく2021年1月中に放送開始だと思われます。もう間もなくです。楽しみですね。番組が新型コロナの影響を受けないことを願っています!




 

2位 CGM48 1期生全メンバー紹介


(投稿日 : 2019年10月27日)

2019年10月26日にCGM48メンバー全25人がサプライズで初披露されたのを受け、その日のうちに公開されたメンバーのプロフィール写真に年齢・出身県・SNSを加えた情報を一覧にした記事が2020年前半にも多く読まれ、2位にランクインしました。

当時はGoogleで「CGM48」を検索するとこの記事が最上位~2位に表示されていたためだと思われます。2020年半ばまではCGM48に関する日本語情報が本当に少なかったこともアクセスを集めた理由の一つなんでしょうね。

 

 

1位 CGM48 1期生全メンバー紹介【最新版】


(投稿日 : 2020年3月4日)

ライブ配信やSNS投稿によってCGM48各メンバーの情報が揃ってきたことを受けて、2位の「CGM48 1期生全メンバー紹介」の改訂版としてより詳細に情報を記載したメンバー一覧の投稿が年間の1位に輝きました!

3位の4.5倍、2位の3倍のページビュー数でダントツの結果です。

現地のタイ語サイトでも各メンバーについてここまで情報を掲載したものはないので、おそらく日本人のみならずタイ人もGoogle翻訳を使いながら読んでくれているのだと思います。また他の記事と異なり今でも地道に情報を加筆修正していることもコンスタントにアクセスがある理由なのでしょう。

新型コロナ第一波が収まり始めイベント出演を再開した8月から2ndシングル『メロンジュース』初披露イベントのあった10月までの3か月間はアクセスが伸びたのですが、11月から右肩下がりになってしまっています。タイでも新型コロナ第二波が12月から始まった影響が大きいのも確かでしょう。

しかし第一波の期間にアイデアを凝らしたオンラインコンテンツを矢継ぎ早に公開して、対照的に静かだったBNK48との差別化を成功させてファンの好感と信頼を手にしたCGM48のことですから、この第二波もきっと危機をチャンスに変えてファンを楽しませてくれるものと信じています。期待していましょう!

 

2020年には9thシングル選抜総選挙やBNK48運営炎上事件など他にも瞬間的にアクセスを集めた大きな出来事がありましたが、年間でアクセスが多かった記事はこの5つだったのが興味深いですね。