CGM48の2ndシングル『メロンジュース』のPOP UPミニコンサート&ハイタッチ会が12月5日(土)、バンコクのショッピングセンターUnion Mallで開催されました。

Union MallのFacebookでライブ配信が行われなかったため、CGM48公式Facebookに投稿された写真とファンのツイートでイベントの様子をお伝えします。




ステージは13:00からでした。『Chiang Mai 106』でスタートしたようです。

参加メンバーは、




『メロンジュース』センターの1人、Kaning(カニン)

 

CGM48支配人兼メンバーの伊豆田莉奈さん

 

Marmink(マーミン)

 

Nenie(ニーニー)

 

トレードマークだった黒縁メガネがシルバーのフレームに変わってイメチェンしたPing(ピン)

 

Champoo(シャンプー)の6人です。

 

披露した曲は順に

  • Chiang Mai 106
  • 会いたかった
  • 誰かのために
  • お願いヴァレンティヌ
  • ウインクは3回
  • サーウチェンマイ(チェンマイ女性)
  • Reborn
  • 君はメロディー
  • CGM48
  • 大人への道(センターはPingとChampoo)
  • メロンジュース(センターはKaningとMarmink)

の11曲でした。
途中でゲームもあり、11月7日のピサヌロークでのRoadshowと同じように「あっち向いてほい」のタイ版で盛り上がっていました。

 

 

これは『君はメロディ』ですね。




観客席側はこんな感じでした。

 

物凄い人数が集まったのが分かりますね。
SNSでも会場のファンから「人だかりでステージが良く見えない」という声が多く流れていました。ここまでというのは最近久しく見ていなかった光景です。

 

『メロンジュース』を披露し終えて恒例の記念撮影。
ちょうど1時間でステージが終了したようです。

そして…




グループハイタッチ会が15:00-16:00と16:30-17:30の2回開催されました。

 

左からNenie, Marmink, Ping, Kaning, Champoo, 伊豆田莉奈さんの順でした。

このツイートの動画を見ると結構会話ができていますよね。でも長くても5秒でスタッフから剝がされているように見えます。握手会ではなくハイタッチ会ですもんね。

しかし、ハイタッチ会も物凄い人の数です。ハイタッチ券付きのランダム缶バッジは15:30には売り切れる人気でした。SNSで流れていた話では、列の折り返しが20列以上になっていたとか!

15:00からのハイタッチ会の列の様子がツイッターに投稿されていたのですが…、

この光景ですよ!

ツイートをした方のコメントからも

ショッピングセンターがパンクするという言葉再来ですよみなさん。

と、あまりの人の多さに驚いている様子が伝わってきます。

この「ショッピングセンターがパンクする」(ห้างแตก hâaŋ tɛ̀ɛk)という表現は、2018年半ばの人気絶頂期だった頃のBNK48のイベントでよく見かけた言葉です。あの頃のBNK48人気の熱気がCGM48で再来した感がありますね。

各メンバー紹介は翌12月6日(日)のハイタッチ会の記事でお伝えします。

 

 

ハイタッチ会終了後は全員で挨拶。

 

ファンの前をぐるっと1周歩いてから会場を後にしました。

 

CGM48の人気が間違いなく上昇していることを強く印象付けたイベントでした。

Union MallのFacebookもイベントの様子の写真を多数投稿しています。

 

6日のハイタッチ会も大勢のファンが訪れることでしょうね。

 

イベント後に伊豆田莉奈さんもこうツイートしています。
バンコク周辺に在住の方はぜひUnion Mallへ会いに行ってみてください。

 

6日のハイタッチ会は13:00 / 14:30 / 17:00 の3部予定されていて、場所はUnion Mallショッピングセンター G階プロモーション広場です。
ハイタッチ券付きのランダム缶バッジ(250バーツ)を購入するとこの6人とハイタッチができます。