CGM48のオーディションからデビューまでを追ったドキュメンタリー番組『CGM48 SENPAI』の第14回が8月13日(木)、AIS PLAYで放送されました。

第14回はオンデマンドでの放送の通常と異なり20:00から生配信されました。主な内容は、1stシングルで選抜漏れしたメンバーの感想、1stシングル『Chiang Mai 106』MV撮影の様子、2月9日の1stシングル初披露イベントに向けた練習風景と、それにLatin、Mei、Jaydaの紹介です。




「選ばれない者の苦痛」

とのテロップからいきなりスタートしました。

 

2019年12月21日のCGM48パフォーマンス初披露ステージで発表された『Chiang Mai 106』選抜メンバーから漏れたJjaeがParimaに慰められているシーンが映し出されます。

ステージで選抜メンバー16人が発表された時はね。ここに入って以来一番悲しかった。とっても。
ずっとファンだったから選抜入りして活動することに感情移入していた。だからなぜ?って感じた。

その時の感想を語ったJjae。

 

あの時の私のスキルはそこまで良くなかったのかもしれない。
でもこれからは良くする。

と冷静に語るMei。

 

伊豆田莉奈さんが選抜入りしなかったメンバーについて事情を明かします。

FahsaiとKylaは本当に子供。なので間違えたり、先生にそうしたらダメだよ、それは違うよと言われると、それだけでとても簡単に泣いてしまう。

だから1stシングルでは彼女達は選抜入りしなかった。

 

Jaydaはダンスが上手でスタイルがアイドル。
でもオーディションの時から現在までに変わってしまったみたい。
オーディションの時の方が今よりも明るかったように思う。
アイドルの生活を経験したことがなかったのもあるのだと思う。だからまだ慣れていない。

なのでJaydaに最初の頃のように戻ってほしい。

Champooは歌とダンスができていない。でも魅力がある。
Champooがどれだけ進歩するのか私も見たい。

 

「偉大な応援」
とのテロップ。

Jjaeが語ります。ステージから去る際にファンのグループが自分の名前を叫んでいるのが聞こえたそうです。それを聞いてなおさら涙が出てきました。するとファンが一層名前を叫んだものだから嬉しさでなおさら泣くことに。泣かないで、泣かないでと言う声も聞こえて幸せを感じました。

 

私は忘れられちゃったのよ。

と語るLatin。

 

私はどこにも全然行っていないよ。他の人は外での仕事に行っていたりするけどね。
でも私は本当にどこにも行ったことがない。つまり寮にずっと張り付いたままなんです。

だからいじけてる。
そう。いじけもするよね(笑)。

 

カメラマンが「ほら、このSENPAIの撮影がそうだよ」と慰めると、

SENPAIはみんな撮るじゃん。

 

AomはそんなLatinについて明るい子だと語りました。周囲の人の面倒見が良く、インタビューなどの順番でも他のメンバーに先を譲っていつもLatinは最後を引き受けるのだそうです。
人には明るい面を見せて泣く時は他の人に見せず一人で泣いているのできっとプレッシャーを感じているのだろうとも。

伊豆田莉奈さんも、

最初から本当にとてもいい子だと感じた。なので実際には彼女がどう感じているのかが心配だった。
彼女はとても優しい子なの。優し過ぎる。なので彼女には自分のことも考えてほしい。

最初悲しい時にはあまり話さなかった。きっと自分の中で我慢して仲間に話さないんだと思う。
私は、何かあったら言っていいよと言った。好きじゃないことや嫌なことがあったら話していいって。彼女は徐々に話すようになった。

と。




こんにちは。Latinです。

との明るい声での自己紹介で、ここからLatinの紹介がスタートです。

卓球選手の友達がいる妹が友達とプレイするために卓球を始めたことで、自分もしたくなって卓球を始めました。そうしたら真剣になって大会に出場するまでに。

 

学生選手権に出場し、女性ダブルスと混合ダブルスの2種目で1位になったことがあります。

 

ウクレレは淋しい時、悲しい時の友なのだそうです。

 

『恋するフォーチュンクッキー』を笑顔で弾きながら歌いました。
ウクレレは様々なフィーリングに合うのだそうです。

 

「CGM48ファミリー」

 

仲間によくイジられる中で一番はAom。イジれる限りなんでもイジってくるのだとか。
振り向くとイジってからかうほど。でも仲がいいからこそイジられるのであって、LatinもAomをイジり返しています(笑)。

みんながAomを声が大きいこともあって怖がっているものの、本当はAomはとても優しく、他の人のことをまず考えてくれる人でとても楽しい性格だと語り、Aomとの仲の良さが伝わってきました。

 

「CGM48に自分を合わせたこと」

 

『恋するフォーチュンクッキー』が流行った時にダンスを覚えたのですが、CGM48に入ってダンスレッスンで習ったところ、自分の覚えた振り付けと全然違っていました。なので一旦全部消して覚え直さなければならなかったのが困難さを増しました。

 

「カメのアイドル」

家で「カメに似ている」と言われているLatin。タイスキの空心菜を食べている時にAomにも「ああ、あんたは顔がカメに似ているよね」と言われ、さらに伊豆田さんにも「カメみたい」と言われました(笑)。

最初はカメがあまり好きではなりませんでしたが、ウミガメの赤ちゃんが卵からかえって海へ向かってパタパタと歩く可愛い姿を見てから好きになりました。

あ、自分はカメでいいや。ここまできたら。

そう思ったのだそうです。

 

「本当の自分」

私はあまり真剣じゃない。他の人が私はいつも遊んでいると思うほどに。
でも私は他の人にシリアスになってほしくないだけ。
でも私は真剣な時には自分にシリアスになる。まるで自分1人だけの世界にいるみたいに。

落ち込んでいる時にはなおさら1人だけのような感覚になるものの、他の人に元気付けられると気が楽になるそうです。そうして立ち直るたびによりプラス思考になれています。

「CGM48にいて疲れる?」とのカメラマンの質問に、

とても疲れる。でも頑張ります。

 

「カメの流儀」

私はあまり何かを望んでいない。
ただどのシングルでも自分の進歩をどんどん見たいだけ。

シングルが進んでいくうちに後列からフロントへ、そしてセンターになるかもしれないと笑顔で語りました。




「Chiang Mai 106」
とのテロップが。

 

『Chiang Mai 106』を歌うレッスン中のメンバー達。

 

伊豆田莉奈さんが語ります。

私は以前AKB48にいましたよね。
でも『Chiang Mai 106』はNGT48の曲で私も踊ったことがなかった。
なのでみんなに教えられるわけではなかった。

でもこの曲が大好きなのでこの曲の振り付けを全部覚えられました(笑)。大好き。

 

キツイけど、踊ると幸せを感じる。

とMeenとParima.

 

キーが高くて歌うのが難しいと語るFortuneとKaiwan。でも楽に歌えるのはキーが高いAngelだと噂話をしていたところに本人登場。「天井を突き抜けるほど」キンキンした高い声で歌って見せたAngelに思わずFortuneが耳をふさぐ仕草をしています(笑)。

 

特段心配しているメンバーはいないと言うダンス講師のリンさん。
最初は9人のアンダーガールズを心理面も含めて心配していたそうです。

 

でも支配人がアンダーガールズにも選抜メンバーと一緒に練習することを許可した初日、アンダーガールズの真剣さは選抜メンバーと同じほどでした。
体調不良時などの代役でステージに立つ準備はもうできている、とお墨付きを与えました。

最初の頃の厳しい評価がウソのようですね。

 

その1人のMeiについてAomはこう感想を述べました。

Meiは最初とても静かに見えて、私には付き合いにくく見えた。

後になって良く知ると、彼女は楽しい人で本当に真摯な1人でもあると感じた。
それで、ああ、この子もいいね。魅力的で。
それに最近、Meiは自分の魅力が出始めた。

元々ダンスのスキルがある。彼女はカバーダンスをしていたことがあるので。
でもこのグループにいることで彼女はダンスのラインなどを修正しなければならなかった。
同じではないので。

 

バスケットボールのシュートを決めるMei。

 

こんにちは。Meiです。

ここからMeiの紹介がスタートです。

 

色んなスポーツをしてきた中で、バスケットボールが一番得意だと感じています。
バスケで鍛えた体のお陰でダンスでも疲れが少なくなっているそうです。

小学6年生で始めて。中学2、3年になると週2~3日は夕方にやっていました。

 

先輩達のプレイを見てみんな上手に思えたので、先輩達のように必ずプレイできるようになるようにやってみよう。

 

「アイドルへの道」

オーディションがあったら応募するのが好きだったそうです。
そんな中、CGM48のオーディションを知ります。BNK48は知っていたので応募してみました。

今まで応募した3つのオーディションでは合格しなかったのですが、CGM48では合格できて嬉しくなりました。

 

本当は名門校に入りたかったのですが、チェンマイに引っ越すことになって諦めました。でもCGM48に入れたことは貴重なチャンスなのでそのことではあまり悩まなかったそうです。

 

「レッスンのテクニック」

歌については歌が上手ではないのでたくさん練習をしたいそうです。
でもダンスは絶えずレッスンをするのではなく、レッスンをしたら休憩もした方が上達度が上がると考えています。

だからあまり練習をしない。他の人はきっと何なの?とかそんなふうに私に対して思ってますよね。それは本当のこと。

でも私にとっては休憩してからまた再度練習。そうすることで上達する。

 

ダンスで一番好きなのは『恋するフォーチュンクッキー』。
歌で一番好きなのは『サーオ・チェンマイ」理由は…

 

歌が簡単だから(笑)。

 

「キャッチフレーズ」

キャッチフレーズを考えるように宿題に出されたのが難しかったそうです。
自分は何が好きなのか考えてそれをキャッチフレーズに盛り込むことを考えました。放送後にSNSに「実は即興でその場で考えた」と言っていましたが、

ゲームが上手なのよシアオ・ムーイ(小妹)。ファッションがダサいのよ。それが私。
ブタみたいに食べるのよ。それが私なのよ。シアオ・ムーイ。
こんにちは、CGM48のシアオ・ムーイです。

とのキャッチフレーズ案を披露したのですが、ダメ出しを食らって変更しました。

最初はニックネームを「シアオ・ムーイ」にするつもりだったようですね。

 

「Mei流アイドル」

本当は私の性格はアイドルにあまり向いていない。
と言うのは、物静かであまり話さないから。口数がとても少ない人。
親しくなかったら話をしないのよ。

それに無表情であまり微笑まないので偉ぶってるとかって言われる。

母も微笑むようにいつも言う。
と言うのは表情が誰かを怒っているように見えるから。でも心の中では何も思っていないの。

 

ハスキーな声のせいもあってね。ぶっきらぼうに見える。
なのでソフトに話すように努力していますよ。

 

「挫折を感じた日」

ダンス・歌のテストや成績評価で、思ったほど出来が良くなかったり、他人が上手にできているのを目の当たりにするととてもプレッシャーを受けています。
メンバーの中には既に振り付けを自分で覚えてきていて踊れる人がいて、自分はゼロからなので追いつけないこともあって落ち込みます。

もっと一生懸命にやる必要があると語りました。

 

「次の夢」

CGM48を世界レベルに連れていきたい。
CGM48を他のどのグループよりも上手にしたい。

 




「MUSIC VIDEO撮影日」
とのテロップが。

 

準備中のMarminkと

 

Kaning。

 

この曲は私達の初めての曲。『Chiang mai 106』にみんなはとても真剣だよ。
だって私達は振り付けを受け取ってからとてもハードな練習をしてきたからね。

それから自分達の曲ができて、誇りが増した。

とダンス講師のリンさん。続けて語ります。

 

つまり私達はオリジナルなのよ。だからみんなはドキドキして、ベストを尽くしたがっている。

 

伊豆田莉奈さんは、

MV撮影が初めてだからみんなはきっと緊張している。でも楽しいです。

 

とっても寒いよ。今気温は4℃くらい。
違うって。

めっちゃ暑い! それに忍者の術を練習しているみたいだよ。ハイヒールで竹の通路を歩くのが。

とPepo。

 

これは歩きにくそう…。

Marminkは、

竹でできた弱々しい橋の上を走るように言われて、走ったら、何て言うかドキドキした(笑)。
だってとても弱々しいんだもん。それにヒールが竹の間の溝にはまりそうで。

走っている時は明るく元気そうに走っているんだけど、内心では、うーーん(笑)。

 

初めてなんですよね。でもオーケーですよ。

となんだかドギマギしながら感想を話すkaning。

 

「今日は何をしに来たの?」とのカメラマンの問いにFortuneは、

上海の親分の娘役で来ました(笑)。
この人、この人、本物の親分の娘。パパに早く徴収に来させるように言わないと。

と言われたAngelは。

言ったけどちっとも来ないんだもん。何度も言ったのに、ほら、警察が来たよ。

なりきってます(笑)。

 

今日私達は午前4時に起きたけど集合時間は5時。それでドイプイへ撮影に行ったんだけどめっちゃ寒かった…。

とこの後もAngelのマシンガントークが続いたのでした。

 

とても疲れた! 起きたのは午前5時。違うって。集合が5時。
だから4時半や3時に起きないといけなかった。とっても眠いよ。

とParima。

 

何やら着ぐるみ(?)の手を足をはめて遊んでいるMilk(笑)。

 

Nenie
最高にです。おしっこしたい。

Meen
(笑)。

 

センターのSitaは、

楽しいです!

でも疲れたけどオーケー。楽しいです。楽しい。
まだハイな気分です。

 

いい映像です。

 

いつになるか分からない一人一人の撮影の順番を待つPepo、Marmink、Kaning。

 

残るはターペー門での撮影だけ。
それとここでは一人ずつの撮影と並んでの撮影をする。

と北タイ方言で話すPing。

 

今私達はターペー門にいます。私のパパの物。

とAngelはまだなりきっています(笑)。

 

最後のシーンだよね? もうすぐクランクアップ。
だってもう真っ暗だから。ロケが終了したら帰って寝る。

とFortune。

Nenieは、

午前5時に起きて目がとっても痛いです。それに(靴のせいで?)足がとっても痛いです。
昼夜続けての撮影だよ。とっても最高。今の時刻は深夜12時になった。

と。

 

誰の声か分からないんですが、Fortuneですかね? 次のように語っています。

仕事に一層真剣になったように思う。それに経験も増えた。
実際の仕事がどのようなものかが感じられたといった感じです。

 

 

ピーモーンが登場。

 

そして撮影終了!

 

MVは1回だけ観たのでは足りません。何回も観て再生回数を増やすのを手伝って(笑)。

 

CGM48はパフォーマンス初披露を終えただけで、今一番プレッシャーなのが2月9日です。

と伊豆田莉奈さん。

 

「次の一歩は…」
「2020年2月9日 CGM48 1st the Debut」

とのテロップが。

もう1週間もない。

 

レッスンの光景が映し出されました。

「Under Girlsもステージで披露するために同様にハードな練習を行った」
とのテロップが。

 

 

私達アンダーガールズの9人も一緒にステージに立てる。
それって思うのはみんながきっと待ちわびたこと。私達が。

練習はハードです。でも頑張ります。頑張ります(笑)。

とLatinとChampoo。

 

歌のレッスンを受けるアンダーガールズ。

 

歌の講師オパールさんが感想を語ります。

歌声については進歩がある。歌声はみんな力強くなったように見える。
それに自信を持って発声できるようになりましたね。総合的には良好だと言える。進歩した。

 

Nicha
私達はブロッキングの練習をした。ダンスは元々練習しないといけない。歌も私達は歌を歌う。

Fahsai
最初の頃のようには難しくない。私達はダンスのポーズを分かったみたいで、ただブロッキングに当てはめるだけ。
でも私が歌うフレーズの部分は歌詞を覚えきれていなくて…。

Nicha
でも私は覚えてるよ。

Fahsai
覚えられたの一人だけ。

 

私は元々歌とダンスが好きでした。そう、私はダンスが好き。それで私も他の人に幸せを送る人になりたいと思った。

と言うのは、BNK48の先輩方のパフォーマンスを見るとですね。私は元気を貰って幸せを貰って、プラスのパワーを貰った気がとてもするから。

だから私も他の人に幸せを送る人になれたら、私はどれほど幸せか。私はどれほど嬉しい気持ちになれるかといった感じです

 

ここからJaydaの紹介がスタートです。

Jaydaはどんな人と言えばいいかな。

 

「諦めない人」
「泣いたら戻ってきて戦い続ける人」

 

これだけ!(笑)。

 

「Jaydaとダンス」

ダンス好きなのでダンスには自信があります。
小学生の時に学校のコンテストに毎年出場し続けて、先生に止められたほどでした。

 

先生が言うには「他の人にも分けてあげて」とかっていう感じです(笑)。

出場するたびに賞を総ざらいしたからです。それでコンテスト出場をしばらく休止して、CGM48に入りました。

 

「Jayda流アイドル」

子供の頃から物怖じしない性格でした。でもダンスには自信があるものの、歌にはあまり自信がありません。
歌の基礎がないのでCGM48に入ってゼロからのスタートでした。

 

今も練習しています。ハードな練習を(笑)。

 

「会いたかった」

『会いたかった』は踊って飽きないし歌詞の意味もいいので好きなのだそうです。

 

「Jaydaの夢」

ダンスが好き。子供の頃はいつか女優になりたいと思っていました。
BNK48のMewnichが憧れで、Mewnichのようになりたいのだそうです。

以前好きで見ていたドラマがあって、Mewnichを知ってからふとドラマ出演者名を確認したら、その好きだったドラマにMewnichが出演していました。

 

本当に!? でもMewnichさんが子供の時にってこと?とかって感じでした。
Mewnichさんは演技が素晴らしい。私は必ずMewnichさんのようになりたい。

 

「マジックのアイドル」

軽快な語り口で手品を3つ披露しました。

 

トランプの手品

 

2つの輪を通して、また外す手品

 

スマホの前面から背面に布切れを通す手品

 

素敵でいいんです。友達にやって見せる時、友達は唖然とするんです。
人を唖然とさせるのが私は嬉しいんです。

わあ、私は人を騙すのが好き(笑)>

 

「スネークボード」

バンジージャンプなどアスレチックな遊びが好きな父親に勧められて始めました。
こういうボード類の中でスネークボードが一番難しいのだそうです。

実は父親もスネークボードはできないのですが、その父親がYouTubeで動画を見せて教え込んだのだとか。

 

「Jaydaのユニコーン」

私はユニコーンが好きです。美しさと自由を表していると思うから。
それに可愛いし。ユニコーンといると落ち着くんです。

なぜか分からないよ。でもユニコーンって私自身をもっとも説明できると感じている。

 

本当はユニコーンには角があるだけで羽根はありません。
羽根があるのはペガサスで、羽根も角もあるのはアリコーンと言うんだとか。

 

このユニコーンのぬいぐるみはJjaeが誕生日プレゼントにくれました

 

これはPingからのプレゼント。

 

左奥の水色のはParimaから、

 

右端のピンクのはNichaからのプレゼント。

 




「選抜メンバーが『Chiang Mai 106』と『お願いバレンティーヌ』を披露」
とのテロップが。

 

練習に励むMarmink、

 

Sita、

 

Punch、

 

Meen。

伊豆田莉奈さんが2曲について語ります。

私はとってもドキドキしてこの2曲がとても大好きです。
みなさんにもドキドキしてこの曲を好きになってもらいたいです。
ファンもメンバー全員もCGM48の中で一番好きな曲にしてほしいし、世界中で一番好きな曲にしてほしいです。

 

歌の講師オパールさんは、

とても疲れたというのではなくて、むしろとても楽しみ。
と言うのは、この子達はまだあまり生で歌っていません。だから実際に生で歌わせたいね。

レッスンを重ねてきて、歌えるようになるとは思わなかった人が歌えるようになりました。
彼女らの持つ能力に相応しく可愛く見えますね。

 

ダンス講師リンさんは、

プレッシャーを感じるはずだよ。センターはプレッシャーなはず。
でももう難しくはない。今後はもう難しくない。そうです。

 

Fortune
『Chiang mai 106』はですね。私達はとても準備万端ですよねみんな?

Angel・Kaiwan
そうです。とても準備万端!

Fortune
9日は私達のデビュー。みなさんには私達を応援しに大勢来てほしいですよ。

 

Aomは、

総合的には今の準備度は約99.99%になった(笑)。
あとの0.1はね。きっとドキドキ度ということにしましょう。
と言うのは9日が近づくにつれて、私達も一層ドキドキし始めたので。それにあまり冷静ではいられなくなっている。

私自身でさえもとってもドキドキしている。

 

Punchは、

とてもドキドキしていますよ。私は歌い間違えるのが心配なのと振り付けを覚えられないのが心配です。
それから仲間とダンスが揃わないのが心配です。
心配なことが沢山あるけど、全力で頑張ります~。

 

Nenieは、

準備は今100%です。100万あげちゃいます。

 

Parimaは『お願いバレンティーヌ』のセンター発表の際、伊豆田莉奈さんがNenie、Fortune、Meenらがいるグループの方を見ていたので、誰かな誰かなと思っていたら自分の名前が呼ばれたと嬉しそうに回想しながら話しました。

MeenはそれにParimaは明るい女の子な感じで合っていると答えました。

 

2月9日、背景に山の見える場所で初披露が行われるとMeenとParimaから話がありました。

 

『お願いバレンティーヌ』の練習風景で終わりました。

 

すると…

 

画面が乱れ…

 

「ANNOUNCEMENT」の文字が!!

ここからは「CGM48 2ndシングルは『メロンジュース』」で既報のとおり2ndシングルの選抜メンバーと2ndシングルの曲名がサプライズ発表されたのでした。
その部分の動画を今一度紹介しておきます。

 

 

続けて次回予告です。

いよいよ2月9日の1stシングル初披露イベントの模様が紹介されるようですね。
そろそろ最終回でしょうか。

 

さらにです。これで終わりではなく続きがまだありました。

伊豆田さん
今後のスペシャル・プロジェクトをお待ちください。
CGM48メンバー全員が自分のメロンの木の世話に参加します!

Aom
それぞれの回にはどんな楽しい任務が待っているのでしょうか!?

2人
忘れずにご覧くださいね~!!

 

「それぞれの回」と言っているのが気になりますね。新たな番組がスタートするのでしょうか!?

 

—————

なお過去の回は、

をご覧ください。