~5月9日(土)のiAM48アプリでのライブ配信2回分()からごく一部を抜粋翻訳~

Marmink 20歳

太字の部分は日本語での発言です。




来たよ。こんばんは。
前髪がとてもぺっちゃんこだよ。

こんばんは、みなさーん。
曲をかけるね。曲をかける~。
曲をかけさせてくださいね。いい? いい~。いいよね。

 

言っていたとおりにですね。今日はQ&Aですよ。
まとめてきた。私の方で書き留めてきましたよ。この中にある。


(ノートを見せるMarmink)

だいたい1,2,3,4,5…。だいたい6ページありますよ(笑)。




(なぜCGM48に応募したのか?との質問に対して)

この質問はとっても沢山聞かれますよね。ベーシックな質問みたいな感じだよね。

最初はね。私がBNK48を知ったのは『(恋するフォーチュン)クッキー』がとてもヒットしたでしょ。

知らない人がいるなんてありえないぐらいだよね。
それで知って興味を持ち始めた。

グループに興味を持ち始めて曲を聴いたら、このグループの歌詞がいいところが好きだと感じたのよ。
応援する内容の歌詞で、歌詞が好きって感じでね。

そして『(BNK48) SENPAI』を見たらね。心が引き込まれたのよ。
『SENPAI』を見て興味を持ったのね。このグループはいいね。このグループは自分らしさを出させてる。
そしてそれぞれの人もキャラクターが違っている。

それから魅力もそれぞれ違っている。
それで好きだと感じた。

それぞれの人はパーフェクトで来たのではなくて、成長しに来たって感じで、
こういうのっていいなと感じた。

そう。そんな感じですよ~。

(Marminkは「なんか」って言いすぎ、とのコメントに対して)

う~~!

オーケー。説明しないといけないから、なんか、なんかって(笑)。

それでCGM48の募集があると知りましたよね。BNK48の妹グループでチェンマイのグループ。
それでなんか、なんていうか興味を持った。

実はBNK48 2期生の時にもね。応募用紙を提出したんだよ。
でも!

合格しなかったの(笑)。

あの頃はまだ、なんか、どういうのかな。ひょっとしたらまだ目に留まらなかったんじゃないかな。
なんでかはやっぱり分からない(笑)。

きっとあの時はまだ子供だったからじゃないかな。
写真を撮って送ってもたいして綺麗に撮れてなかったんじゃないかなとかって感じ。

CGM48ができたから私は試してみた。試してみました。
だってチャンスでしょ。なんか、チャンスが来たから試してみた。何も損はしないって感じでね。

ですよね(笑)。そういうこと。

それからなんていうか、心の奥ではね。なんか、私は好きなのよね。
BNK48の先輩を見るとかっていうのがね。心の奥では歌もダンスも好きだとかって感じ。
でもちょっとばかり奥深くにあるかもしれない。

でもそれは夢の一つ。なんか、きっと子供の時からあるのよ。
ダンスと歌が好き。

でも恥ずかしがり屋なのよ(笑)。

矛盾しているよね。

表現することが好きなの。
でも表現を出す自信がない。でも表現するのが好き。でも恥ずかしがり屋。

うっ!

うぅ! そういうこと。

それから、なんか、CGM48がチェンマイのグループで、なんか、わぁ、興味があるって。
と言うのは、なんか。

また「なんか」だ!(笑)

実は元々チェンマイが好きだったこともあって、なおさら、なんか、へぇ、チェンマイのグループ。わぁ、チェンマイにいられる。それも、なんか、やってみたいとかって。

それからもう一つは、応募したのは、考えてみるときっと沢山の経験を得られるし、仕事ができる。仕事をして自分でお金を稼げる。この人はなんかケチで、あまり何かを買いたがらない。お金を使うのがあまり好きじゃない。

両親がくれたお金ならなおさら、

あんまり。
欲しいものがあっても、なんか本当に欲しくなるまで待ったり、本当に値段が安くなるまで待つ。そうなったら買うとかって感じ。

それでここに入れたら自分の収入も得られるとかってね。
そうすれば、何て言うのかな。私が個人のものを欲しい時に両親のお金を使わずに済むとかって感じです。

はは(笑)。

なんていい人なの(笑)。

(「なんか」が50回になった、とのコメントに対して)

ううーん!(泣)

ウザいかな?(笑)
「なんか」を少なく言うように努力しますね。もしかしたらできないにしても、努力しますね。

(みんなが指摘するほどには「なんか」があまり気にならない、というコメントに対して)

ほら!
ごく普通よ。

 

(CGM48になった目的は?との質問に対して)

自分らしくなのよ。
インスピレーションを私に似ている人に与えられる存在。

これは話したかった質問の一つ。

なんか、私に似ている人を応援してインスピレーションを与えたい。
どういう意味かというと、自分はね。あまり人と同じじゃない。

ある面で人とあまり同じじゃない。考えも誰ともあまり同じじゃない部分があるかもしれない。
人付き合いもあまり上手じゃないとかって感じですよね。

でもなんていうか、私がここにいて、そういう人に言いたい。私に似ている人にね。

あなたはあなたらしさに自信を持つことができるんだよ。
あなたは人と違うことを恐れなくていいの。
あなたはあなたらしくいていいんだよ。

違いというのは、ここでの定義は美しいものなんだよ。
自分を人々のトレンドに合わせてあまり変える必要はないの。自分らしくいていい。

それから自信を持っていてとかって感じでね。

そういう人に言いたいのは、

うん、私も人と違っているかもしれない一人だよ。でも私は自分らしくいることができていて、自分らしくいることに幸せを感じている。

だいたいそんな感じ。言っていること通じたのかね!?(笑)

オーケー。Be yourself な感じ。
You can be yourself って感じ。うん!

それから人付き合いが上手くないかもしれないとしても、私もなれたよ。
たとえ人付き合いが上手でなくても、ここまでになれたんだよ。私は夢を追うことができている。私は歌を歌って踊ってパフォーマンスをできているとかって感じでね。うん。

「通じてる」(笑)。
(※多くの視聴者が「通じてる」とコメントしていました(笑))

通じている人がいるでしょ? うぅ~!(笑)

 

それからCGM48になった目的のもう一つは、社会のためです。

なんか、私はここにいるでしょ。私はなんか、人にパワーを送れるような感じ。うん、そういうこと。
愛や温かさのパワーを人に送る、

とかって感じでね。うん。

それから、本当はやりたい目的だよ。でも今まだやってない。
でも目的なのは、環境資源の類のことを話したりとかこの類のアピールをしたい。

そう。

だいたいこれぐらいですよ。




(ジブリの映画で好きなTOP 3は?との質問に対して)

私にとっての1位は『(崖の上の)ポニョ』です。
と言うのは、大好き。好き、好き、好きですよ。

2位は『もののけ姫』ですよ。
と言うのは、この映画も好き。

でも実を言うと選ぶのって難しいんだよ。全部の映画が好きだから。

3位については、

3位は選べないってことでもいいかな。
3位には全部の映画を選んでもいいかな。でも『千と千尋の神隠し』も好き。『魔女の宅急便』も好き。『トトロ』も好き。『ハウル』も好きなの~。うぅ~。

全部選んでいい?

 

(ネックレスは何のかたち?との質問に対して)

てんとう虫。

見えるかな?

見かけた時にすぐその場で買ったのよ。
何て言うか大好き。てんとう虫が好き。

ははっ、なんでまたポーズを決めてるんだろ(笑)。

 

あまり泣かないの。

言っておくと『(CGM48)SENPAI』の中であまり泣かないんじゃないかな?
泣いたことあるかな?

何て言うか、メンバーといるときとかにね。心が強くて泣かないふりをしがちだと思う(笑)。

実際には間違ってはないよ。泣くのって。自分の感情を出して。
泣く人って心が強くて自分の感情を出すことに勇気がある人。泣く人は何も間違っていない。

でも私はなんか、メンバーの目の前で泣きたくないだけじゃないかな(笑)。
でも部屋に戻ると(泣くことが)あったりもする(笑)。

部屋に戻ってからこっそりあったりもする(笑)。

放っておきましょう(笑)。
(と言って手を振る。)

「泣かないって」というふりをするけど、トイレに入ったときよ。泣く(笑)。
あ、違う~。

 

(自分の長所と短所を言って、との質問に対して)

んー。
長所からにしましょうね。
それぞれ1つずつにしようね。実際にはいくつもあるけど。

私の長所か。

んー。自分を褒めているようだけどいいや。本当のことだし(笑)。

かなり慈悲の心がある人でいいかな(笑)。

長所かな?
そうじゃないかな。んー…、だいたいそんな感じ。分からないけど(笑)。

短所?
んー、考えすぎる人でいい? 心配性で考えすぎ(笑)。
だいたいそんな感じ! うふーふふー。

 

(ニュージーランドでの生活からどんなことを得ましたか?との質問に対して)

ん~。色んなことを得ましたよ。

1つめは、自分自身の世話、どこそこへ行く、自分の世話をしなければいけない、自分を愛さないといけない経験を得たと思います。
成長したと思う。
色んなことを自分でする。自分に責任を持つ。

たとえばどこそこへ行くにも自分で予定を立てて、どのバスに乗るか調べる。
と言うのは、行ったあの時の歳はいくつだったかな? 15じゃないかな。

15歳。あの頃タイにいた時は怖がりの子供だったよ。

一人であまり何かをしたがらないで、一人でどこへも行きたがらなかった。
それから子供だから、どこに行くのも行き方が分からなくて、あまり勇気がなかった。
それに道路を渡るのも怖がってたとかって感じでね。

でも向こうに行ったら、どこへ行くのも自分でバスを探して、自分でどれに乗り換えるか探さないといけない。
こうやって行くんだよ。んー、って自分自身の世話をしなければいけないことが色々あった。

道路を自分で渡れるようになった(笑)。

自分でどこそこへ行けるようになった。一人で行けるようになった。

タイに帰ってきたら、その部分ができるようになっていると感じた。
それほど怖がりじゃなくなって、どこかに自分で行くのが怖くなくなった。

自分に自信を持てるようになったんじゃないかな。

ある程度はね。

バスに乗ったりロットゥー(※乗合バン)に乗ったりは怖いことが何もないよ。

それから向こうにいたら、両親がいないでしょ。
だから自分自身だけでいたことで色んなことを学んだ。自分に関して。
自分をよりはっきりと見えるようになった。私はどんななのかって。

勇気を得た。うん、言語を習得した。
行った時には元々話せなかったんですよ。

最初行った頃、授業を聞き取れもしていなかったんだよ。
でも過ごしていくうちに、耳が慣れた。

自然に聞き取れるようになっていった。
状況が強いたのもある。話さなければならない。それで早くできるようになった。

(バスを降りるときの「Thank you driver!」が懐かしいとのコメントに対して)

そう! 「Thank you driver!」が懐かしい!
そのとおりですよ。

あっちではね。バスに乗ったときにね。降りる際に振り向いて「Thank you」って。
なんか運転士にありがとうって言うんです。
可愛いよね。何て言うか可愛い。

毎回だよ。降りるときに「Thank you」とかってね。
時には「Thank you. Have a nice day」って。

 

あぁ、もう一つあっちの生活で得た大事なものは、自然に惚れこみました。
本格的にそうなったのはニュージーランドにいたあの間にだよ。

あっちにいて、向こうの自然はかなり豊かで、それから向こうの街も自然が多いよね。
それに旅に行ったりトレッキングをしたりもしたとかでね。
そのお陰で私は自然に本格的に惚れこんだよ。

そう。だいたいそんな感じですよー。

 

(何年ニュージーランドに行っていたの?との質問に対して)

んー、ほぼ3年です。
長くも短くもないんじゃないかな。

それで帰ってきてここで大学に進学した。

 

(Marminkはなぜベジタリアンになったのか?との質問に対して)

短くまとめて答えることにしますね。
まだ詳しいところまでは踏み込まないよ。

姉から始まった。
姉からそれを知った。

それから勉強を始めて学んで、それから決心した。
それから私になる決心をさせたことは、勉強した限りではですよ。勉強から知ったのは、地球温暖化防止や様々な資源(利用)削減に関係しているということ。

(いつから始めたか?と質問に対して)

だいたい中学2年か3年の時じゃないかな。

でもニュージーランドに行った時、最初は、その、その時には豚は止めていた。豚肉を全然止めていたのよ。
でもまだシーフードの類を食べている感じでね。魚、エビとか。

あの時あっちでホストファミリーのところにいて、ホストファミリーが作る食事にまだ頼っていたからとかって感じで。
んー、それでまだ動物の肉を100%は止めていなかった。でも徐々に減らし始めていて、牛乳ももう飲まないようにしていたって感じ。

 

(友達と食事に行く時は大変?との質問に対して)

んー、大変じゃないですよ。
ごく普通で、ただ動物の肉を入れないでって注文するだけ。

私も動物の肉を食べる人のことを理解してるので何も偏見は持ってない。
OK。普通のことで自然。個人的な選択なので、誰のことも怒ってないですよ(笑)。

 

(グループのメンバー達は理解を示しているんですよね?との質問に対して)

理解を示しているし、言いたいのは、みんなとても可愛い。

理解している。

それに料理を注文する時なんかにも「あぁ、これはMarminkさんの」とかってね。
なんか、みんな可愛いの。

誰も決めつけたりオーケーじゃない人がいない。
みんなとっても可愛い。心を開いて、そして理解してくれている。

スタッフの方々も、最初は遠慮して、私がお荷物になるんじゃないかと心配した。

だって食べ物を注文する時にも特別にしなければならないでしょ。
そう。最初は遠慮していたんだけど、スタッフの方々もメンバーも良くケアしてくれている。
特別に頼むときもベジタリアンの特別メニューとかって感じでね。

でも申し訳なく思うよ。
お荷物になるのが心配。




(アプリの通信状態が悪くなり中断後に再開しました。)

(自分の人生の拠り所としているような言葉はありますか?との質問に対して)

実はあります。でもゴージャスな言葉でもないし、そんなに何かがある言葉じゃない。
でも自分自身に良く使える言葉だと思う。

短くて自分に言って聞かせるのが好きな言葉は、
「Whatever」(※なんでもいい、どうでもいい、なんでも)

これは人それぞれだよ。
でもこれは自分に相応しいと感じる。

と言うのは、自分は考えすぎるし、何をするにも心配しすぎで考えすぎる。
そのせいでする勇気がなくなるかもしれない。

でもこの言葉があると「Whatever」ってなんか、ああ、気にしないでおこう。ああ、やっちゃいなよとかってね。

自分に相応しいのは自分がなんかover thinkingだからなの。

そう、whatever~。
ある種の人達に適してますよ。

というのは、私は沢山考えて気を遣いすぎる。

時にはしすぎて私が何かをするのを制約してしまうほど。
この言葉があると聞いた時に気が楽になる気がするし、やる勇気が出る。

Whatever~。

 

(日本語を話せますか?との質問に対して)

はーい。日本語は…いいです(笑)。

言えない(笑)。

いいです。

え~? 発音はどうだか分からない。そこまで上手じゃない。

 

すごい。

かわいいね。

え~~、ありがとう。

(笑)。もういい、もういい。

 

みなさん、質問が全部終わったよ。

今回のQ&Aに質問を送って来てくれてどうもありがとうございました。

とても楽しかったよ。

みなさんも楽しんでくれていたら嬉しいな。
みなさんが私のことをもう1ステップ知ったと思いますよ。

楽しんでくれたことを願ってるよ。
沢山の質問を送ってくれてありがとう。

 

(Marminkを一層良く知ることができて嬉しい、とのコメントに対して)

嬉しいですよ~。色々と話せてやっぱり嬉しい。お喋りもできて嬉しいですよ。

ふふ。

私達が知り合えて嬉しいですよ。

 

普段はみなさんが知ってのとおりあまり友達がいない。
でもみなさんが沢山いてくれて嬉しいよ。

みなさんとずっといますよ。
みなさんもずっと一緒にいるでしょ?(笑)

 

みなさんと会えて嬉しいですよ~。
また次回のライブ配信でおしゃべりをしましょうね。どこへも行かない。

それからみなさんが自分の健康を大事にしますように。
そうすれば健康でいられて、私達が会える日に会えますよ。

今の期間はとりあえずこういうかたちで会いましょうね。

 

ハートをしてあげたい。

(笑)。
うー、恥ずかしい。そういうこと。

 

バイバーイ。
もう切らなきゃだよ。長くいた。今日はライブ配信が長かったね。

それから14日に『(CGM48)SENPAI』を忘れずに見てね!
う~。怖い。『SENPAI』を見る勇気が出ない。
忘れずに見てくださいね~。

バイバイ。
ジュンジュンはしばらく言ってなかったね。
(※ジュンジュン:Marminkの造語で「愛してる」の意味です。)

ジュンジュンですよ、みなさん。
バイバイ。

 

<MarminkのSNS>
インスタグラム
Facebook