~12月24日(火)のBNK48アプリでのライブ配信からカウントダウンイベントとBNK48選抜総選挙について語った部分のみを抜粋翻訳~

Cherprang 23歳




ああ、それから結局、(12月31日の)カウントダウン(イベント)ですけどね。

家にいるーー!

たぶん家にいる。家にいるはずだよ。
仕事に変更があってキャンセルになってから、もう変更がないから。

だから、

バイバーイ(笑)。
私は家で寝ていますよ。




みなさんがずっと質問してきたこと。今日はもうすぐ締め切り。選別総選挙のだよね。

はい。起きた出来事を追って話そう。

私も知ったばかり。追加の発表があることを。

あの時だよ。
でも実はあのような発表があることを少し前から知ってましたよ。
と言うのは私から生じたことだからだって。

それは、私がオフィシャルと話してきた。
23日。話がついたのは23日だよ。
でも私はこの話を今日公表したかった。

とくに何もない。ただ最後の方の日に立候補したかったから(笑)。

それから、少し前から決心をしていたよ。
最初は決断するとは思わなかった。でも、理由はこういうことです、みなさん!

1つ目。

タイのオフィシャルが立候補させたがっている。

2つ目。

日本のオフィシャルが立候補させたがっている。

ですよ。
タイだけではないですよ。日本(も)ですよ。

えーと、日本は去年の回から話したがっていたのよ。
「キミ。キミにまた立候補してもらいたいんだよ」って。

「キミに3回なってほしい」
指原さんのように。

それからタイ側、も同様に立候補させたがっていた。
彼ら(※オフィシャルのこと)はシステムの話だと話していた。まだ1年しかやってないけど、日本は10年やってきた。

日本での選抜総選挙って、もし機会があったらまた立候補してもらいたいって。

私は「ははははは」(※力なく笑う感じ)
またおいおい話しましょうって。

これで1、2ですよ。
これでは私はまだ立候補の決心をしなかった。

(笑)。

それでどうしようか的な(笑)。

率直に言うと、私はファンのみなさんに(次回は立候補しないと)言ってある、よね。
もしそうなったら、私は言ったことを守らないことになる。オーケーじゃない。
みんなは私にどう思うだろう。

彼らはどうであれ立候補させたがっていた。

お金についてももう一つの、それもそれほどのパーセントではないよね。
平均して、言うには、約10-20%だよね。

彼らはそれでも生き延びられるのよ。

その話は済んで、

彼らはシステムにのっとってやらせたいのよ。
何かのシステム。ですよ。

それで私は、どう落としどころをつければいいかな…。
それでもまだしたくなかった。

だから提案した。
私は率直に言うと前回に失望した。と言うのは彼らが先に曲について聞いてきた。

でも私が伝えた曲を貰えなかった。
だから何が起きたのか。なんでそうなったのか。

彼らが言ったのは、日本側がこの曲にまだ許可を与えないと。
それでなんで私にもう一度(意向を)聞かなかったの?

彼らが言うには、当時、期間がもうなかったからだと。

だから(あの曲が)出た。

私は嬉しいよ。
だってまた一つの意味がある曲だから。『BEGINNER』。

ただ理解できなかったのは、なんで先に相談してくれなかったのか。
それだけ。それでできなかった。

彼らは申し訳なかったと言った。

そのようにできなくて申し訳なかったと言った。

それが済んだので私は尋ねた。
本当にそんなに立候補させたいのなら、タイと日本がね。誰でもなくて、日本側とタイだよ。
誰も責めないでね。

私は曲選びに参加したい。
好きな曲が欲しい。

なぜ曲についてこだわるのか。

私は心の中に「あー、この曲のセンターになりたいな~」という曲があった。

1つは『365(日の紙飛行機)』。行っちゃった。

2つめは『ジャーバージャ』。これも同じく行っちゃった。

この曲(の選抜メンバー)にいられて嬉しいよ。
でもセンターになりたいと思ったことがあるのは、この2曲。好きだから。

それで私が尋ねたのは、今年本当にそこまで立候補させたいのなら、私は自分が好きな曲を選ばせていただきたい。

うん。

そこまで曲選びをできたメンバーは誰もいたことがない。
他のアルバムや他のシングルだとこんな選択権が何もない。

だから私は、あ、もし本当に立候補させたいなら、もし去年と同じ順位になれたら、私に曲を選ばせていただくことを追加させていただきたい。

去年と同じことを繰り返したくない。

…というあれこれを話してきた。

この件を話すことにオフィシャルから許可を貰ってある、よ。

それに私は双方を理解している。
当初彼らは私一人だけと合意したのか、他のメンバーともなのかは分からなかった。

でも彼らは全体として1位になった人は参加できると発表した。

「参加」という語を9thシングル選びの決定に使っている。

「参加」だよ。
「選ぶ」は使っていない。「参加」。

オーケーかな?

どの側の事情も察してくださいね。
と言うのは彼らも決定できない。日本側にもう一度打診しないと。ね。

私だけだったのか分からないけど、それは彼らの決定。後日発表した。
だからこの条件は最初からあったわけではない。私が相談に行った後で生まれたばかり。
それから直近のチェンマイで発表した。

そう!

だから心の中ではまたセンターになりたいと思っている。
それから曲の件をメインにしたくない(笑)。

でも私にとってはメイン。決心したことの。
オーケー。避けられないなら、ちょっと追加させてください。もし前回と同じ順位なら…ってね。

あの曲を選ばせていただいてタイに持ってきたい。

なので、

みなさん、

お赦しいただきたい。

ファンに言った発言を守れず本当に申し訳ありません。
去年の2ショット撮影会の日だよね。私達が一緒にいたあのゾーンでだけ。

率直に言うと、あの時の状況で期待したとおりの結果に私は満足した。

でももし本当にまた立候補させたいということなら、もっと上げたいなら、それはきっと曲について。

うん。

それからさらに話したのは、私が言ったのは、言いたくなかったけど、キミはオフィシャルに直接話していないと。
私もこの件を誤ったのよ。彼らに直接話していなかった。

と言うのはあの時のステージ上にいた時の気持ちは、みなさんの顔を見て、うーん、期待したとおりになったのなら、

もう十分でもいいとかっていう感じ。
それでああいうふうに言った。

もう一度。

ごめんなさい。
前もって話していなかったオフィシャルにも。

そうでなかったら、そうなっていたかも。これよりも良くなっていたかも。分からないけど。
ひょっとしたら言わなかったかもしれない。でも言ってしまったのよ。

この出来事が起きた。

うん。

…。

今年、まだ選抜総選挙のシステムにいる。
さらに彼らは率直に言ってきた。私は多くのシングルにいるに相応しいと見ていると。
これは彼らが選抜に使用しているシステムの一つ。1年を通してシングルに選ばれることでもある。

うん。ですよ。

実は曲も頭の中にたくさんあると言わざるを得ない。でも確実なことは何もないもんね。

私が立候補の決心をしたのは、曲を選びたいから、です。

(笑)。

次のシングル曲を選ぶ、選ぶことに参加できるチャンスが欲しい。
自分が、もしかしたら、そのポジションに再度いられるかもしれない曲の。

ふんー。


(涙目になるCherprang)

私の〇〇(※聞き取れず)ですよ。

だって1位になれたんだもん。それより上は曲選びなんだって。
心に引っかかっていたんだけど、話す機会ができたからこうやって話せたの。

全力でやります。

一緒に頑張りましょうね。

見えないよね?
(※BNK48選抜総選挙立候補申込用紙を見せました。)

あとで投稿する。
書き終えました。

誰にも落ち度はないんだって。
私が彼らに前もって話さなかったのが落ち度なんだって。

あの時のステージ上での気持ちに反した。

ライブ配信を観に来てくださってありがとうございます。

今日報告したいことがあったからなのよ。
ちょうどクリスマスの時期に当たったね。

システムは、システムなのよ。
私はきっと抜け出せると思っていたけど、明らかになったのは、まだそこまでできない。
なのでここで引き続き頑張る、ですよ。

 


(出典:BNK48公式Facebook

年齢 23歳
期待する順位 0

提出日時 2019年12月25日00:01