~10月23日(水)のBNK48アプリでのライブ配信から一部を抜粋して翻訳~

伊豆田莉奈 23歳

太字部分は日本語での発言です。




こんばんは。CGM48のいずりなです。
こんばんは~。

見えますか、みなさん?

 

(『77の素敵な街へ』のミックスの打ち方を教えてとのリクエストに対して)

私も実はしたことがないよ。と言うのは(笑)、以前BNKのスタッフさんが「莉奈はミックスを覚えてる?」って聞いてきたんだけど、え、なんで私に聞くの。

私は口に出したことがないし、やったこともない。

私はAKBから来たでしょ。だからスタッフはみんな「莉奈はできるに違いない」って思ってたみたい。
それに私はチーム8にいたこともない。

それに私はメンバーですよね。みなさんのようにファンではないです(笑)。
だから口にしたことがない。ただ聞いたことがあるだけ。
なので口にしたことがないです。

ミックスを教えるイベントがあるんだよね。昨日もあったようだよね。
私は口にしたことがない。ファンのみなさんの方が私よりも覚えていると思う。

私よりも言える(笑)。
私はまだ…。うん、したことがないよ。教えてください。

 

(CGM48のメンバーは莉奈と同じで可愛い?との質問に対して)

私と同じ?(笑)
え!? 私と同じではないです。

でも可愛いですよ。

 

(Kaimookさんが泣いている、とのコメントに対して)
(※同じ時間帯にライブ配信をしていたKaimookが泣いていたようです。)

えっ!? なんで?
え、なんでKaimookが泣いてるの。わぁ、とても心配だよ。

 

おー、みんなCGMに関する質問が沢山。
でも私はまだ答えられないよ。

と言うのは、10月26日にイベント「CGM48 We Talk to You by 支配人 & キャプテン ジャーオ」があります。
(※ジャーオ:北タイ方言で女性の使う「です」「ます」の意味です。)
Central Plaza Airport Chiangmaiでです。

10月26日は今度の土曜日。今度の土曜日だよ、みんな。
忘れずに私とAomさんに会いにチェンマイに来てね~。




(阿部マリアさんについて知りたい、とのコメントに対して)

おぉ~! そう、私は台湾に行ってきた。
実は先週の17日にバンコクにまず戻ってきて、それから18日の朝に台湾に行った。

コンサートのリハーサルもありました。
と言うのは最初私は台湾でのチームAKB48のコンサートに出演することになってたの。
最初はステージに1曲だけ出演するはずだった。

曲名は『草原の奇跡』。
この曲のスタイルは最後の曲のような感じ。『桜の花びらたち』のような。スタイルが似ている。

私はステージに出てマリアちゃんに花束を渡す。だから1曲だけ。

でも台湾に着いたらね。スタッフさんが「あぁ、莉奈、アンコールでも出ていいよ」って言ってきた。
え、私がアンコールに出ていいの!?

とてもビックリした(笑)。

マリアちゃんもコンサートに出るラストの曲は『草原の奇跡』で、アンコールには出ない。と言うのは卒業したからね。セレモニーで。

だからステージにはマリアちゃんがいないんだよ。それなのに私はステージに出演した(笑)。

だから最初、えっ!? 私も出演するんですか?って思った。
でもマリアちゃんはいないんだよ。

私はサプライズみたいなものでしょ。だから私が台湾に行くことは告げていなかった。なので告知していなかった。

ごめんなさい。

それに2ショット撮影会の日程も20日に変更してすみませんでした、みなさん。

サプライズだったから言っていなかった。誰も私が台湾のコンサートに出演することを知らなかった。
だからこれは秘密だった。

なので誰にも言わなかった。そう。

それで台湾に行ったでしょ。あの日AKB48のみんな、AKB48 TeamTPのみんなはコンサートの他の曲のリハーサルがあったの。と言うのはこれはAKBのコンサートでAKB48 TeamTPも出演するから。

私は椅子に座ってリハーサルを見ていた。AKB48とAKB48 TeamTPの友達にも会えた。だから嬉しかった。会うのはとても久し振り。
それにAKB48 TeamTPのパフォーマンスを見ることができて、AKBも見れた。

とても楽しそうに思えた~。一緒にこんなコンサートに出たいと思った。
私はステージにいるのが好きなのもある。パフォーマンスをしている時が好き。
だからパフォーマンスがとても恋しい。と言うのは最近はないでしょ。イベントもないし、活動もまだないから、ステージ出演がとっても恋しいのよ。

そう、とっても恋しい!
踊りたい。歌を歌いたい。パフォーマンスをみんなに見せたい。
とっても恋しい(笑)。

 

あの時私もとってもビックリした。と言うのは、サプライズの時は普通の服でしょ。
綺麗な服だけど普通の服(※コスチュームではないという意味です)。

緑色だし。最初なんでこの緑色なのって思った。

わぁ、CGMみたいじゃん!

それでコスチューム係の方が「そう。だって莉奈はCGM48に行ったでしょ。だからミント・グリーンを選んであげた」って言った。

だからわぁ、CGM~ CGM~♪ って感じだった(笑)。

とても嬉しかったです。
それに服もとても綺麗だった。

 

それであの時、コンサートのプロデューサーが「いずりな、アンコールにも出るんだよ」って言った。
だから最初は、えっ、私も出ていいの?って思った。

その方はAKBにいる時から知っていた。その方が言うには、最初は私に花束を渡させるつもりだったでしょ。『草原の奇跡』で。ちょっぴり悲しい曲で歌詞の意味がとてもいい。

でも私はステージのセンターに上がる。みんなは大きなステージにいるでしょ。AKB48とAKB48 TeamTPのみんなが大きなステージ上にいる。
でも私はたった一人で登場して花束を持ってゆっくり歩いてくる。

リハーサル時にみんな爆笑したの。

え、これってどういうことよ?

私はとっても目立った。

「莉奈が卒業するの?」

そう、みんなが私をむちゃくちゃからかった。それにスタッフさんも!
みんな爆笑していた。

いずりながこういうことをするとなんでとても可笑しく見えるんだろうねって。

わぁ、私にも分からない。私はただ花束を持って歩いて行っただけ(笑)。

でもみんなにとっては「わぁ、莉奈さん、いずりなはめちゃウケる」って。
私は可笑しいことを何もしていないんだよ。ただ歩いて行っただけ。

でもリハーサルなのに、マリアちゃんが卒業するって悲しく残念に感じて感極まった感じでいた。
それで歩いていったでしょ。私が1人で歩いていく。みんなはステージ上にいるよね。みんなが見える。
私がどんどん歩いていくんだけど、光景がとっても綺麗なの!

光景が綺麗だし、マリアちゃんはドレスを着ている。とても綺麗なの!

とても綺麗で本番のコンサートみたい。だから私は、

うぅっ、マリアちゃんとっても綺麗だよ(泣)。
悲しいしとても感動。

だから泣きそうになった。
でもみんなが笑っているから、もし私が泣いたらみんなはなんで莉奈は泣いているのって思うと思ったから、私は我慢したんだよ。

それでも気持ち的にはとっても泣きたかった。
でも泣いたらみんなは笑えなくなるから、私は我慢しないとと思った。

マリアちゃん、マリアちゃん(泣)。
心の内でだけ思った。

あの時表情をどうすればいいか分からなかった。微笑んでもみんなは笑う。泣いてもみんなは笑う。だから表情をどうすればいいか分からなかった。
あの時私がどんな表情だったか覚えていない。

本番のコンサートで泣いたけど、リハーサルの時にはどんな顔だったか覚えていない。

マリアちゃんはこの曲で終わりでしょ。だからマリアちゃんは、え、莉奈はこれでいいの?莉奈はこれでOKなの?って言った。

コンサートのプロデューサーのスタッフさんは「うん、これでいい。だっていずりなだから。いずりなならこれでいい」って言った(笑)。
「だっていずりなはお笑い担当だから」だって。

おーー! スタッフさんまでこんなふうに言うの?(笑)
そう、とてもビックリした。

 

コンサートのスタッフのAKB48スタッフに会えてたのね。みなさんが言うには、

おーー! いずりな、とっても久し振りだね! って。日本語で話したんだよ(笑)。
みんなが「うぉー、いずりなが来た!」(拍手)。

でも私はコンサートで最重要な人じゃないんだよ。
でも私は一番遅くに到着したでしょ。と言うのはバンコクから来たから。みんなはもう台湾に到着していて、リハーサルをしていたのよ。

だから私はコンサートに1人で入っていった。AKBのスタッフが迎えには来たけど、1人でいたでしょ。
空港から来たから少しだけ遅れて来て「あ、おはようございまーす」って。もし私が、

「おはようございまーす!」って(明るく)やったらみんなビックリするに決まっている。
だからあの時私は若手のスタイルでやったほうがいいなと思って、ゆっくり歩きながら、

あ、おはようございますぅ、おはようございます、あ、お久しぶりです、いずりなです、よろしくお願いします、と(謙虚に)こんなふうにした。若手みたいに。みんなはお偉いさんでしょ。

でもこうやってもみんなは笑った(笑)。

そう。みんなは「お、いずりなはキャラ変えたの?」って聞いてきた。
違います~。

違います~、と言った途端、みんなは「あ、いずりなに戻った」って言った(笑)。
そう。とても可笑しい。

でも私はただいるだけなんだよ。別に可笑しくしているわけじゃない。いるだけなのにみんなは爆笑した。

でもみんなが私といて幸せなのが嬉しかった(笑)。
みんなが私といて笑って幸せならオーケーです。嬉しい(笑)。

と言うのは、横山さん、みぃちゃん…峯岸さんといった先輩もいたから。
他の人は私の後輩だった。同期はマリアちゃんに会えたでしょ。それにれなっちも10期。だから同期だよね。

AKBの先輩や友達、AKBの後輩の友達に会えて、それにAKB48 TeamTPにも会えた。
AKB48 TeamTPのみんなとは私は仲良し。だってマリアちゃんがAKB48 TeamTPにいるでしょ。
だからとても楽しく感じました。

 

アンコールの4曲では、AKB48 TeamTPはバックにいたのよ。と言うのはAKBのコンサートだから。
フロントにAKBがいて、バックにTemTPがいたのよ。

でも私もアンコールに出演した。ブロッキングで私がどこに立つのか分からなかった。
え、私も出ていいんですか。それにコスチュームも同じじゃない。AKBは16人で同じコスチュームでしょ。TeamTPも研究生とチームにいるメンバーでコスチュームが同じじゃないけどバックにいる。

でも私のは特別な衣装でしょ。特別みたいなもの。綺麗な普通の服。だから最初は私がAKBと踊っていいのかなと思った。そしたらコンサートのプロデューサーが「莉奈はAKBのブロッキングに入ってね」と言った。

えっ、この服でいいの? それに私がAKBのブロッキングに入っていいの?ってビックリした。

元々16人のブロッキングがあったんだけど、私もそのブロッキングに入らないといけない。
それであちらが新しいブロッキングをしてくれた。私の分だけね。「莉奈はここに入ってね」「莉奈はここに入ってね」って。

でも真ん中にずっといる感じなの(笑)。

だから、ええっ、なんで私がずっと真ん中にいるの?って思って。後ろのセンターみたいだった。そう。
だから、え、私がセンター…、えっ、なんで私がセンターにいるのって思った。
でもフロントのセンターじゃないよ。もしフロントのセンターに私がいたら、めっちゃビックリするよ。みんなもビックリするに違いない。

でも私はコンサート出演メンバーじゃないよ(笑)。
私はサプライズ役。そう。

アンコールでは『AKBフェスティバル』『少女たちよ』、それに『365(日の紙飛行機)」、そしてMCがあったのよ。

『フェスティバル』はフリースタイルでどこに行ってもいい。2曲目の『少女たちよ』もどこに行ってもいいのね。
でも『少女たちよ』はソロパートでみんなが一人ずつ中央に出ないといけない。これでも中央に出た。それにブロッキングがちょっとあった。

あと『365』も。『365』は2人ずつで歌ったり、3人ずつで歌たりするよね。私はなかった。でも「あ、いずりなもここを歌ってね」って言われた。それで、

「OKです」(笑)。

歌った。リハーサルだってたった1回だけだよ(笑)。
だって最初は私がアンコールにも出るとは知らなかったでしょ。だからあの日リハーサルは初めて、ブロッキングも初めてだよね。でも難しいことではないから覚えることができた。

それでラストの曲が『恋するフォーチュンクッキー』だったのよ。
その時は一列になるだけでブロッキングなし。
でもなぁちゃん、岡田奈々ちゃん。なぁちゃんがセンター。そして横山さんがいてみーおんがいた。
でもコンサートのプロデューサーが「莉奈、ここに入って」って言った。

えっ!? 私がここに入る!?
なぁちゃんがセンターでしょ。それで(なぁちゃんの右に)横山さん、(なぁちゃんの左に)私。
なんで私がフロントメンバーみたいなの? だからビックリしたよ。そうとてもビックリ。

それで私は遠慮する気持ちがあった。え、私がこのブロッキングにいていいのかな…。
とても遠慮する気持ちがあった(笑)。

でもスタッフさんが言うには「うん、莉奈はここにいたほうがいい。面白いから」だって。
なんでまた面白いになるの(笑)。

でも楽しかったよ。

 

18日にリハーサルがあったよね。終わってホテルに帰った。
それで19日にコンサート本番があった。

私はコンサートの最後で出演したけど、リハーサルが朝からももう1回あった。




篠田さん結婚したもんね。赤ちゃんもいる。おめでとうございます。
あの時は本当にお世話になりました。

いつもご飯連れてってくれたり。かまってくれたりして嬉しかったです。

 

19日にコンサート本番があって、私はマリアちゃんとずっと一緒にいた。
楽屋にいるときも、最初スタッフさんが「莉奈はAKBの部屋にいてもいいよ」と言ったんだけど、私はマリアちゃんと一緒にいたかったから、AKB48 TeamTPの部屋にいた。

なのでAKB48 TeamTPのみんなと一緒にいてお喋りをした。話ができる。と言うのはAKB48 TeamTPのメンバーはみんな日本語が話せる!

全部話せるというわけではないんだけど、少し話せるからお喋りができる。だからみんなが来て「あー、莉奈さん、莉奈さん」「写真撮りたいです」「写真撮らせてください」って。

お菓子を勧めたり(※この部分自信なし)、ただお喋りをしたりでとても楽しかったよ。

その時、みんなが私のところに来てくれて嬉しかった。「莉奈さん、写真を撮らせてください」っていう列がもう長蛇の列!

でした。

私は大人気でした(笑)。
みんなは私が大好きでした(笑)。

2ショット撮影会みたいだった。
実は19日に私は2ショット撮影会があった。AKB48 TeamTPのみんなとのです。

そして20日にはみんなとの2ショットがあったでしょ?
(※10月20日にはバンコクでBNK48の2ショット撮影会に参加しました。)

とても楽しかった。

 

あの日、私はマリアちゃんのマネージャーみたいだったよ。と言うのは、マリアちゃんと全部の衣装で写真を撮りたかったから。最初の衣装、綺麗な衣装、ドレス、ユニットのコスチューム。だから私はマリアちゃんと一緒にいた。

マリアちゃんがステージに立つときには一緒に写真を撮って、衣装替えをしたら私が写真を撮ってから一緒に写真を撮った(笑)。

あの日、マリアちゃんのマネージャーみたいでした(笑)。

スタッフさんも「莉奈はマネージャーなの?」って冷やかした。

 

AKB48 TeamTPのみんなは日本語で歌えてた。とてもビックリした。
歌えてるの。そう。とても凄い。ビックリ。

あのコンサートはAKBのもののようなものでしょ。
だから中国語での曲がなかった。でもみんなは日本語で全て歌ったんだよ。

とてもビックリした。
えっ、みんな日本語で歌えるの!? とても凄いです。
私はとても感銘を受けたよ。

本当に凄い。




あの日のコンサートは私にとってとっても幸せでした。

数多くの曲があった。例えば1曲目は『重力シンパシー』。2曲目が『会いたかった』。それから『言い訳Maybe』。それに『大声ダイヤモンド』

これって本当のAKB48。

そう。大好き。

私は『言い訳Maybe』が好きなのよ。
それでAKB48って、赤いチェック柄のコスチュームでしょ。これも同じなの。

だから、

おー、これこそが本当のAKB48。

感銘を受けたし、こんなコンサートがしたい、こんなコンサートのステージにまた立ちたいと思った。
うん。

 

(莉奈さんが『夢の河』を歌うのを聴きたい。この曲が大好き、とのコメントに対して)

お~『夢の河』。大好き~。
この曲は前田さんの卒業ソング。歌詞がとてもいいのよ。

もし私が卒業したら(笑)、48グループをね。この曲がいい。
でも他の曲もある。

私は卒業ソングが好き。
と言うのは、卒業ソングは秋元先生が各メンバーに書いてくれているのよ。

だから全曲が同じじゃない。
でもどの曲も卒業するメンバーにピッタリにできている。

だから曲を聴けば秋元先生がこの人のことはこう考えている、この人のことはこう考えているということも分かる。
とても素晴らしい。好き。

でもメロディーは悲しくても、歌詞は卒業する人に関することでしょ。
最高に素晴らしいです。そう、とても最高。

とっても感動します。

 

あの日、AKBの曲が大好きだと感じた。
AKBの曲って、内容が良くて、歌詞もとてもいい。大好き。

だからあの日、48グループが一層に好きになったと感じました。

今、沢山の幸せを貰った気がしている。
だから一生懸命やりたいし、素晴らしくしたい。

今、とってもポジティブな気持ちでいます。

あのコンサートに出たことで、一層成長したし、精神的にも良くなった。

とても楽しかったです。

 

北タイ方言はとても難しいよ。まだできない。頑張らないと。
(※と言いつつ少し披露していました。)

 

それでは26日に会いましょうね。OKですか?
26日以降にもライブ配信があと1日あるよ。BNK48公式アプリでね。でもいつなのかはまだ分からない。うん。

また会いましょうね。

キャッチフレーズを一緒にしよう。
私が1,2と言ったらみんなは「でーん」と言って、じゃなくて書いてね。OKですか? OKね。

いずりな推しはどこ? どこ? どこ? 1、2、

でーん。

バイバーイ。今日はありがとうございました。
26日に会いましょうね。忘れずにね~。

バイバーイ。
また会いましょう。