(出典:kapook.com

BNK48 Office社がTV番組・映画制作、コンサート・イベント企画などを行う娯楽メディア企業の
Workpoint Entertainment社と共同で2018年6月に設立したBNK Production社が、その後解散していたことが判明しました。

BNK Production社は資本金4百万バーツで、Workpoint Entertainment社50%、BNK48 Office社49.99%、
BNK48 Office社CEOジラット氏0.01%の出資割合で2018年6月11日に登記され、その後資本金を1千4百万バーツに増資していました。

届出に記載された会社の目的は、
①テレビおよびOnlineで放送するテレビ番組制作関係事業
②EventおよびConcert催行事業
です。

(参照:BNK48 Office社、Workpoint社と新会社設立し番組制作を強化

 

BNK48をバラエティー番組の制作ノウハウを持つWorkpoint TV(CH23)で番組出演させることで、BNK48 Office側はBNK48の人気・知名度UPを、Workpoint Entertainment社側は視聴率UPを狙った提携だったと思われます。

BNK Production社設立後、次の2番組がWorkpoint TVで放送されました。

  1. 『VICTORY BNK48』 2018年7月3日~
  2. 『BNK48 Senpai : 2nd Generation』 2018年9月8日~

 

しかし商務省商業開発局の公式アプリ「DBD e – Service Application」で同社の情報を9月19日に確認したところ、次のような表示になっています。




法人番号:0135561012630
ビーエヌケー・プロダクション株式会社

2019年9月19日時点の情報

法人の種類 株式会社
設立登記日 2018年6月11日
資本金(バーツ) 14,000,000
状態    解散
住所    ——
電話    ——
FAX    ——


 

既に解散しているのです。

いつ解散したかまでは記載がないのですが、『VICTORY BNK48』は同年12月25日が最終回でしたので、それ以降であることは間違いなさそうです。

解散理由も不明ですが、期待したほどBNK48出演番組の視聴率が伸びず、BNK48の人気UPにも貢献できなかったのかもしれません。あるいはBNK48の他局番組への出演に制約があったのかもしれません。

 

したがって今後CGM48の1期生やBNK48の3期生で『BNK48 Senpai』のようなメンバー紹介番組を制作するとしたら、Wokrpoint TV以外の媒体で放送される可能性が高そうです。