BNK48のMobileがヒロイン役で出演したTHE PARKINSONの新曲『これだけで…十分』(แค่นี้…พอ, ケーニー…ポー)のMVが6月21日に公開されました。

(参考:BNK48モバイル出演、THE PARKINSON の新曲MV公開

そのMV出演の感想をMobile自身が語るインタビュー動画が6月25日にTHE PARKINSON公式Facebookページに投稿されました。

 

 

Mobileが語る内容を日本語に訳して紹介いたします。

 

 

こんにちは。名前はBNK48のMobileですよ。

MV撮影は今までもありましたが、自分達のグループのものだけでしたよね。
これは初めてで、MVのヒロインにもなれました。
イェーイ。ウワーオ(笑)。

あの時はチェンマイでのステージから戻ってきたばかりでした。
そして発表があって「The ParkinsonのMVに参加するメンバーがいて、それは…、Mobile」。嬉しく思いました。

個人的にもThe Parkinsonの曲を聴いていますが、自分が1曲でもMVに参加できるとは思ってもいませんでした。

機会を頂けたからには、ベストを尽くしたいです。

私はそれぞれのMVを見たのですが、ちょっとダークな路線とかって感じで、私は何を演じることができるんだろうと考えもした(笑)。

(ダークなタイプを演じるのが心配でしたか?)

私は好きです(笑)。
私は修羅場が好き。
私は修羅場を演じるのだろうと思っていたけど、そうではなかった。ファンを演じた。そう。

歌が少し難しくて、他の曲と違っている。他の曲はもっとダークに見えて、リズムがゆっくりで、もっとじわじわくる感じ。
これは君のことを考えるだけで嬉しいというような感じです。そう。

私達のファンが握手会の時にですね。どうしているのかというのが頭にあったという感じで、MVの中ではサインを貰うんですよね。私はファンはどんな感じでしていたかを思い出してそのとおりにしました。

ウワーオ。最初彼らは普通の歌手でしたよね。でも今回彼らはボーイバンドとしてやってきました(笑)。みなさんの恰好はイケてていい…(笑)。イケてます。

この曲のMVをよろしくお願いしますね。
初めてヒロイン役を頂きました。応援をよろしくお願いしますね。
MVの中で会いましょう。