CGM48の『Chiang Mai 106』スペシャルビデオが9月14日、CGM48公式YouTubeチャンネルに投稿されました。




 

『Chiang Mai 106』選抜メンバー16人だけではなく、

 

選抜メンバーではないKyla(左)、Pim(右)、

 

Mei(左から2人目)、

 

Jayda(中央)、

 

Fahsai、Jjae、Champoo、

 

Nicha(中央)、Latin(右)も含めた25人全員が登場。

それだけでなく、ファンの踊ってみた動画も途中で挿入されたものとなっています。




動画のカバー画像には

i miss you too
#WEMISSYOUTOO
200914

と記されています。

「too」、つまり「私達も」となっていることにはちょっとした経緯があるのです。
ことの発端はBNK48オフィシャルが9月7日にした次の告知でした。

 

BNK48 9thシングル選抜総選挙のアンダーガールズの曲『走れ!ペンギン』とネクストガールズの曲『ウインクは3回』をメディアを訪問してプロモーションする活動の告知でした。蓋を開けてみればこの活動に参加したのはBNK48メンバーだけで、アンダーガールズとネクストガールズにランクインしたCGM48メンバーは誰一人として参加しなかったのです。

そのためにCGM48ファンの間で波紋が広がりました。同じように選抜総選挙でファンがお金を出したことでランクインしたCGM48メンバーがなぜBNK48メンバーと同等の扱いを受けないのか。せっかくの知名度を上げる機会なのに、といった不満が起きたのです。上のツイートについたコメントも大半がCGM48の不参加に関するものとなっています。

しかし中には次回総選挙での投票は再考せざるを得ないという声もあったものの、大半は参加しない事情がきっとあるに違いないし、CGM48はスタッフもメンバーも頑張っているから2ndシングルを買って応援しようという意見でした。

 

これはファンがCGM48を2ndシングルを沢山買うことで応援した方がいい理由を、某掲示板での議論の「26番目の意見」が素晴らしく代弁しているとして紹介したツイートです。多くのCGM48ファンの考えを表しているこの「26番目の意見」の一部を訳してみます。

BNK48のシングルなのだからCGM48が機会を逃したのではない。逃しているとしたらちょうどのタイミングで来た新型コロナだ。

CGM48の収入源はイベント出演ではなく物販と将来の劇場公演にある。最初は僕も心配したよ。でも僕はスタッフとメンバーが色んなものをどんどん生み出しているのを見てきた。たとえそれがたいして収入を生み出さなくても、CGM48の運営方針は現在のBNK48よりしっかりしている。

人気が出る前のBNK48を応援していた人なら、あの雰囲気を今のCGM48で味わえる。もうすぐ出る2ndシングルについてAomは、スタッフ全員が全力で頑張っていると言っていた。このことは将来のCGM48がどう歩み続けていくかを意味している。

みんなにCGM48メンバー達に対して心を開いてほしい。そうすればタイ国内48グループのファンでいることがもっと楽しくなることは間違いない。




こうした意識が広がるにつれてCGM48ファンのモチベーションと団結心が高まっていきました。その結果として、CGM48各メンバーのファングループ合同での次のキャンペーンが生まれたのです。

これはKaningのファングループのツイートですが、9月10日20:00にみんなでCGM48メンバーを応援するツイートをハッシュタグ #WeMissCGM48 を付けてしようと呼びかけた内容です。

同様のツイートを各メンバーのファングループが一斉にしました。その一部を紹介します。

見づらくてすみませんが、Sita、Marmink、Kaiwan、Aom、Meen、伊豆田莉奈さん、Nenie、Nicha、Champooのファングループです。

このキャンペーンに乗って#WeMissCGM48 のついたツイートが9月10日から翌日午前中までだけでも数多く投稿されたのでした。

 

その日のうちにCGM48メンバーから反応がありました。主なものを挙げると、

みなさんからの応援を見てとってもパワーが出ました🌞
みなさんも頑張ってくださいね。愛してる。全ての応援をありがとうございます。

 

みなさんへの恋しい気持ちが×100になったよ🥺💚
常に応援してきてくれてありがとうございます。
ずっと一緒にいてね ❀(*´◡`*)❀

 

 

伊豆田さんの投稿は日本語部分が隠れているので抜き出します。

さっきのLIVEありがとうございました💕
そして私達CGM48の応援をして下さってる皆さんありがとうございます😭💓🙏
皆さんが私達に送って下さっている応援全て届いてます🥺🙏💓
私達と一緒に頑張りましょうね🥺💚💚

 

そして14日に『Chiang Mai 106』スペシャルビデオが投稿されたのでした。

文面を訳してみます。

「いつも応援してくださってありがとうございます。」

私達CGM48メンバー25人全員は一生懸命練習をしてみなさんのためにハードに頑張り、みなさんの信頼に応えられるようにします。一緒に頑張っていきましょうね。

「君と私は 一緒に歩んで行く 行こうね 一緒に行こう」

最後の一文は『Chiang Mai 106』の歌詞の一節です。

 

この動画を観たファンの反応もいくつか紹介しておきます。




私、#CGM48 スタッフのみんなが大好きだよ。わーー。とても可愛いの~。#WemissCGM48 はファンが心から始めたもので見返りは何も求めていなかった。でもCGM48が動画でお返しをくれて、おまけに動画の一部にはファンのカバーダンス動画まであるし、アンダーの子達もいる。みんなが見えているよ、ファンがどんな感じか見えているって伝えているように感じる。とてもいい。えーん。

(女性ファン)

 

CGM48のスタッフとメンバー全員を褒めたい。観ながら泣いた。メンバー達とスタッフからの思いやりの心を本当に感じた。声を大にして言いたいのは、CGM48が大好き。私達は一緒に歩んで成長していこうね😊💚

(男性ファン)

 

タイ国内48グループのファンをしてきて3年あまり。こんなにとても温かい気持ちになったのは今回が初めて。スタッフとメンバーのみなさんありがとう。

(女性ファン)

 

毎日のようにグループを好きになる人が増えているのは不思議じゃない。だってこんなふうにファンをいつも気遣ってくれているから。イベントも押したことがないし、スタッフもみんなファンに対して優しく接してくれる。ハードに仕事をしてくれてありがとうございます。メンバーもスタッフもキャプテンも支配人も。

(男性ファン)

 

ファンの信頼にメンバーとスタッフのみなさんが真摯で温かい対応で応えたことで、CGM48とファンの団結心が一層増した出来事となりました。
今回のことは後から思い返せばCGM48の人気が出る大きな転換点になっているかもしれません。