CGM48全25人のメンバーが7月26日(日)、バンコクで全員揃ってでは初めてのパフォーマンスをBNK48のイベント「BNK48 Wonderland」で披露しました。

CGM48としてのパフォーマンスだけでなく、ネクストガールズやアンダーガールズとしても含めて、このイベントでCGM48メンバーが登場したシーンをまとめてお伝えします。




CGM48パフォーマンス

イベント開始後、BNK48が2曲を披露した後で登場したCGM48はまず16人でした。


(出典:BNK48公式FacebookでのLIVE動画よりキャプチャ。以降同様)

『Chiang Mai 106』を披露。もちろんこの曲の選抜メンバー16人でです。

 

センターはSitaです。

 

ピッタリ息の合ったキレのあるパフォーマンスに、SNSではダンスのクオリティはBNK48より間違いなく上だとの声が多く見られました。

 

前列左からFortune, Aom, Sita, Meen, Parima,
中列左からAngel, Punch, Nenie, 右に飛んで、伊豆田莉奈, Milk, Kaiwan,
後列左からNena, Ping, Kaning, Pepo, Marmink
です。




続けて残りの9人も登場して25人全員で『誰かのために』を披露しました。

 

CGM48は2月23日にもバンコクでパフォーマンスを披露していますが、その時は6人だけでした。
25人全員揃ってのバンコクでのパフォーマンスは今回が初です。

 

『誰かのために』はチェンマイの山火事消火活動従事者と新型コロナウイルス対策に取り組む医療関係者や当局、市民のみなさんへの応援ソングとして歌われ、伊豆田莉奈さんとAomのダブルセンターです。
伊豆田さんは前列一番左、Aomは前列一番右です。

 

背後にはタイの国土をハートが囲んだ絵が映し出されています。

 

歌い終えたところで伊豆田莉奈さん、Sita、Aomの3人が残り、司会者でFMラジオ番組DJのDJ Boyさんとのトークに。

DJ Boyさんから伊豆田さんは口癖の「エ~?」でイジられたうえに「私をもう怖くなくなりましたよね?」と尋ねられ、「はい(笑)」と答えていました。以前ラジオ番組に出演した時にDJ Boyさんを怖がっていたんですかね?(笑)

 

伊豆田さんは、中には今回初めてバンコクへ来たメンバーもいると語っていました。2月23日の際もKaningとParimaが初バンコクでしたが、今回は誰が初めてだったのか知りたいですね。

Aomは、初のBNK48メンバーと一緒のステージなので緊張していて、沢山練習したと語りました。

 

DJ Boyさんから「いつになったら『HITZ Karaoke chan 23』に出てくれるの?」と自らがDJを務めるFM局HITZ 955の番組への出演のお誘いがありました。3人も「行きたいです」、観客席も「行かせたい!」と答えると「ではそのうちに会おうね」との返事が。これは楽しみですね!




選抜総選挙トロフィー授与式

CGM48でランクインしたメンバー8人のコメントから1フレーズを抜粋して紹介します。

46位 Kaiwan

Kaewさん、私は今日Kaewさんと同じステージに立つことができましたよ。

 

42位 Marmink

こんにちは。ご慈悲がありますように。
(※Marminkのトレードマーク的な決まり文句です。)

 

40位 Kaning

言いたいのは、声と同じように強くなります。

自分の男っぽい低い声のように強い自分になりたいという気持ちを語りました。

 

39位 Sita

それから、感動的なことを話します。
「サオムーンライを知ってる?」(笑)(※北タイ方言で)

「サオムーンライ」とはタイの女性インディーズ系ミュージシャン「Sao Moonlight Gypsy」のこと。最近なぜかSitaの中ではマイブームのようでCGM48内の仲の良いメンバーにも少し広まっています。なぜその名をこのステージで口にしたのかはナゾです。

 

37位 Fortune

これからどうなっていくか見ていてくださいね。ありがとうございました。

 

30位 伊豆田莉奈

一緒に頑張っていきましょうね。(※北タイ方言で)
みなさんありがとうございました。(※日本語で)

 

25位 Aom

25という数字はとっても運の良い数字だと思います。
と言うのはあとほんの数か月で25歳になるからです(笑)。

 

22位 Pim

いい子になることとみなさんをがっかりさせないことを約束しますね。

 

ウインクは3回(ネクストガールズ)


(出典:BNK48公式Facebook

ネクストガールズの『ウインクは3回』にはCGM48からFortune, Sita, Kaning, Marmink, Kaiwanの5人が参加しています。

ツイッターから各メンバーの写真を紹介しておきます。

Fortune

 

Sita

 

Kaning

 

Marmink

 

Kaiwan

 

歌い終えた後に司会者のDJ BoyさんからBNK48の先輩方と一緒のステージに立った感想を聞かれたKaningは、

先輩方と一緒に仕事をしたのは初めてでした。
先輩方はとても可愛いです。

と返答。

さらに練習は疲れたかとの質問には、

ウインクを皆さんに届けるために全力でやりました。

と答えたところ、Namsaiからウインクを見せてとツッコまれ、DJ Boyさんもそれに応じて結局CGM48の5人でウインクをすることになりました。

 

左からkaning, Fortune, Kaiwan, Marmink。

 

左端にいるSitaがフレームに入り切らなかったのが残念です。

さらに「寒い仕草をして」とのリクエストに、

 

Kaning, Fortune, Kaiwan, Marminkが応えていました(笑)。




走れ!ペンギン(アンダーガールズ)


(出典:BNK48公式Facebook

アンダーガールズの『走れ!ペンギン』にはCGM48からPim, Aom, 伊豆田莉奈さんの3人が参加しています。

ツイッターから各メンバーの写真を紹介しておきます。

Pim

 

Aom

 

伊豆田莉奈

(伊豆田莉奈さんはご本人のインスタ写真を紹介します。)

 

歌い終えた後、DJ BoyさんからBNK48の先輩方と一緒のステージに立った感想を尋ねられたPimは、

BNK48の先輩方と一緒にできてとても名誉に感じます。
それから私達25人が初めて25人一緒にバンコクに来ました。とても沢山の経験を得られました。

と堂々とした受け答えをしていました。

 

エンディング


(出典:BNK48公式Facebook

エンディングで選抜、アンダーガールズ、ネクストガールズが揃った際にも、CGM48メンバーのうちそれらに参加しているメンバーはステージに再び登場していました。

 

…といった感じでCGM48メンバーが登場するシーンはかなり多かった印象です。

高クオリティのダンス・パフォーマンスは評判になりましたし、バンコクでの知名度がさらに上がったのは間違いありません。日本からもライブ放送を通じて観ていた方も多かったようです。今回のイベント参加がCGM48のさらなる飛躍につながるといいですね!