~5月16日(土)のiAM48アプリでのライブ配信からごく一部を抜粋して翻訳~

伊豆田莉奈 24歳

太字は日本語での発言です。




(番組『CGM48 SENPAI』第1回について)

実際には私はこれ以上にインタビューを受けたけど、全部を使えるわけではないですよね。
だから今日私はインタビューの裏側全部をみなさんに話します(笑)。

 

最初BNK48のRoad Showで妹グループのCGM48ができると発表がありましたよね。
あの時に実は私はCGMに行くことを既に知っていた(笑)。

あの時から私は知っていました。実はね。

あの日私はチェンマイのRoad Showに行かなかった。何の用事があったのか覚えてないけど、仕事があったとしたらBNK48劇場公演のはずだよね。

あの時、BNKのメンバーとAomさんもチェンマイでの『BEGGINER』のRoad Showに行きましたよね。
それで私はその日にCGM48の発表があることを知っていた。あの日から私はCGM48に行くことを知っていた。

でもあの時、支配人になることはまだ知らなかった。

CGM48に私が行くことだけを知っていた。そうです。

Road Showの後でJobさんと話した。覚えてないけど、え~っ、去年の5月? 6月? うん、だいたい去年の6月か5月ですよ。
それで話したらJobさんが莉奈は私達にチェンマイに妹グループのCGM48ができることを知っているかと言ってきた。

私は知っていますと答えた。オフィシャルも発表済みですよね。

私もJobさんが私にCGM48に行くかと尋ねるに違いないと分かった(笑)。
だって私は知っていたから。

でもその時私は支配人になることをまだ知らなかった。
Jobさんは私が支配人になると言った。

だから私は最初、

えっ、支配人!?

ビックリした。だって私は日本でも一人しか見たことがないから。指原さん。メンバーであり支配人でもありますよね。

最初考えたのは、私も指原さんがとても大好きで彼女は本当にとても仕事ができる。
AKBにいるときにね。指原さんと話していて、もし何か問題や自信がないことがあったら、彼女に相談していた。彼女の考えは本当に素晴らしい。

私は、えーっ、支配人? 私にできるのかなってあの時まだ自信がなかった。
だって当時はまだタイ語が上手く話せなかったから。でも今でも上手くないですよ(笑)。

それから実はあの時の私の考えは、私は日本人ですよね。でもチェンマイのグループでもタイのグループだよね?
もし支配人として運営…、一番トップの運営じゃないけどトップのようなものですよね。

トップに日本人がなれるのかなって。自信がなかったの。
ちょっと怖かった。

 

『CGM48 SENPAI』の中でも支配人について話すシーンがあったからみなさんももう知ってますよね。
でも実はもっとあるんだよ。それを私が話す(笑)。

最初Jobさんが言ったのは「莉奈はCGMの支配人になることに興味はある?」

興味はあるけど自信がないですよね。さっき言ったような理由で。

最初(の選択肢)は私がCGM48にCGM48の支配人として移籍する。
もう一つは、BNK48にいてCGM48も手伝う。日本語で言うなら「兼任」。

最初、私は支配人だけだとオーケーじゃないと思った。
『CGM48 SENPAI』でも私は前にいるのが好きだと言いましたよね。

支配人だけのチョイスは私、『CGM48 SENPAI』の中で言いましたよね。
だから2つ目のチョイスについて言いますね(笑)。

私がBNKにいてCGMを手伝うってことですよね。
もしこうなら、ファンもいぶかると思う。

BNKとCGMにいたら、私はどうやるのか分からない。あの時は分からなかった。今でも分からないよ(笑)。

もしBNKにいてCGMの方をBNKよりも多く手伝ったら。もしBNKにCGMより多くいたら。
兼任はきっと上手くできない。

え~っ、莉奈はなんでBNKとCGMにいるのにBNKの仕事の方が多いのか、それかCGMの仕事のほうがBNKより多いのかと他人が思ったら、私はやりたくない。

そういうのだったら。

BNKとCGMの2グループなら、私はきっとできない。そう。
だから最初から私は2つめのチョイスを考えていなかった。私は勿論選択しなかった。

1つめのチョイスも、あの時はまだ卒業したくなかった。

アイドルでもいたかった。

2つのチョイスでは私はアイドルのままでいられませんよね。
なのであの時はまだ決心がつかなかった。「時間を少し下さい」と考える時間を貰った。

中途半端になりたくなかった、とのコメントに対して)

そう! それです! それ。
それですよ。

私はこの2つのチョイスを選びたくなかった。
私にできるか分からなかったけど、指原さんみたいになりたかった。
彼女は本当に考えが素晴らしい。

指原さんは本当に最高。

最高にとっても素晴らしい。

私にそんなことができるか自信はなかったけど、やってみたかった。

それに私は本当に48グループが大好き。13-14歳からAKBにいますよね(笑)。
来月の19日で私は、

10周年だよ(笑)。

BNKに入った当初もAKBのファンが本当に沢山いた。タイにね。だから私は誇らしく思って嬉しかった。え~っ、なんで外国人がAKBを好きなの? なんでこんなにファンが多いの?ってビックリして嬉しかった。

私はBNKにいた時から、日本人じゃないけど日本から来たグループですよね。48グループをみなさんに紹介したいと思っていた。

私が指原さんみたいに支配人兼メンバーになれたら、私は日本の48グループというアイドルグループを紹介できますよね。Jobさんと話した日から頭の中で(笑)、

本当は指原さんと同じようになりたいんだよな~って考えていた。
でもあの日はまだ自信がなかった。それにタイミングもいいか分からなかった。
BNKにいてから卒業して、裏方で働くように変わるのはいいのかどうか。

最初はこう考えたこともあったよ。
でも思ったのは、きっと楽しくない(笑)。

そう。それから私はAKBにいた最初の頃からなんで48グループのファン、私を応援してくれるファンは、私が歌を歌って踊るだけでみんなは幸せになるんだろうとよく考えていた。

私にとってはただ歌を歌うのが好きで踊るのが好きで笑顔を見せるのが好きでパフォーマンスが好き。ただそれだけ。だから私はしてきましたよね。私はしなければならないからしたのではなくて。したいからしただけ。

日本にいた時から不思議に思っていた。今でも私はなぜか分からない。え~っ、なんでみんなは好きなんだろうって(笑)。

後日私はJobさんと再度話して。私は指原さんと同じようにメンバーにも支配人にもなりたいと言った。

でもそれだと疲れるよ(と言われた)。
疲れるのは分かるよ。でも疲れるからしないというのではない。疲れるよりもしたい気持ちのほうが上です(笑)

だから私は、大丈夫です。私はやります、と言った。
Jobさんは、ありがとう。一緒に頑張っていこうと言ってくれた。

それで私は支配人兼メンバーになることを決心しました。




(CGM48オーディションの話の中で)

これは本当にそうなのか分からないけど、私が自信を持っているのは…。
ごめんなさい。もし私が自信過剰だったら、先に謝っておききます。ごめんなさい(笑)。

13-14歳からアイドルとして大人と仕事をしてきて、大勢の人と会ってきた。
メンバーにしても性格は同じじゃないですよね。

例えば性格の悪い人(笑)も性格の良い人も、

全部の人に会ったことがある(笑)。
子供から後輩、先輩、上層部、他のスタッフ。大勢の人に会ったことがある。

だから私は、

顔を見ただけで、それか話す時。話すだけじゃなくて話す時の感情がどうかを顔を通してみるだけで、タイ語が理解できなくても感情から理解できている自信がある(笑)。その時にね。

だからたいして質問をしなくても、あ、この人はどうでこの人はどうだっていう自信がある。
私には理解できる(笑)。

私がこのことに自信を持っていいのか分からないけど。私が思っているだけですよ。

(人を見抜ける、とのコメントに対して)

そうそう! その単語!
人を見抜ける。そうです。

 

たとえば私が「なぜCGMに応募したんですか?」と質問したら、中には「BNKが好きだからです」と答える人がいる。
それで私は、

えっ、でもこれってCGMのオーディションだよ(笑)。
こんな感じ(笑)。こんな風に感じる。

でも中には、チェンマイ在住じゃないけど私の夢は本当のアイドルになることと答える人もいる。
私は子供の時から夢はアイドルになることで、BNKを見てAKBを見て他のアイドルグループも見てきた。
それで私はここにいたい。CGMについてこう言う人もいる。

へ~、この人はしっかり考えているね。動機もいい。
だから私は、ああ、この人はCGMについてこう話した、この人はCGM48について何も言わなかった(笑)って、各人の用紙にメモを書く。

それから私が一番知りたいのは推し。

推しが誰か。

他の人はこの質問はあまり重要じゃないと思うかもしれない。ですよね。
でも私にとってこの質問はとても重要。

それから私はなんで推しがその人なのかを知りたい。なぜ好きなのか。どこが好きなのか。
好きな理由は何なのか。

これってとっても大事だよ。
だって例えば「Kaimookさんが好きです」と言った人がいたとしますよね。Kaimookが好きな人ならもちろんKaimookみたいなスタイルになりたがっているはず。服装もピンクで可愛いスタイル。
だからああ、この人はKaimookが本当に好きなんだとはっきり分かる。Kaiwanみたいな感じでね。うん。

あの時覚えているのは、Kaiwanが部屋に入って来たでしょ。部屋に入って来ただけで、Kaiwanが誰推しなのかまだ知らなくても、私があの時Kaiwanに質問したか分からないけど、KaiwanはKaewさんと言って、ああ、Kaewさんに間違いない。
だって服装もスタイルもKaewさんと同じだったから。

だからはっきり見て取れた。それに、ああ、この人は本当に好きなんだと分かる。

だから私はオーディション時にみんなの服装を見る。
それと顔が可愛かったり美しかったりそれだけじゃなくて、審査員と話すときの表情がどうか。感情はどうか。




48グループでは魅力がある人は本当にいい。
というのはみんなスタイルが違う。

48グループは他のアイドルと一味違う、とのコメントに対して)

そうですね。全然違う。
だってコンセプトっていうかキャラクターも一人ずつみんな違うもん。本当に。
そうじゃないとね。キャラクターがないとマジで生きていけませんよ。

AKBでは(笑)。

だからオーディション時に私は歌とダンスも見るけど、各人の特技もとっても大事だよ。
だって特技は自分自身の本当の特技でしょ。うん。

オーディションでは他の人と同じじゃないというのは、私は興味を惹かれる。

例えばFortuneも(笑)。
Fortuneは『しんちゃん』を歌ったでしょ。

Milkも体がちっちゃいのにギターを弾くのがとても上手。
部屋に入ってきた時、本当に体が小さかったんだよ! 部屋の中で一番小さかった。それなのにギターがとても大きい(笑)。それだけで興味を持った(笑)。

これだけでファーストインプレッションがお~ってなってビックリする。
それで興味を惹かれる。これってオーディションではとっても大事なんだよ。