~3月11日(水)のiAM48アプリでのライブ配信からごく一部を抜粋翻訳~

Mobile 17歳

太字部分は日本語での発言です。




(Mobileちゃんはハッシュタグもう覗いた?との質問に対して)

毎秒覗いてますよ。

激しい時には(画面を)ずっとスクロールさせてる。1分2分ぐらいでリフレッシュしてる。
普段みんなは返答が早いけど、これは長いですね。だから私はしばらくしてからもう一度見て、うわー、凄いですよみんな。

お腹いっぱいだと信じた(笑)。

(※Mobileはこの日iAM48アプリに、ファンが選抜総選挙投票に頑張っているのを見ているけど色々と我慢しないで沢山食べてほしい、と投稿していました。それを見たファングループが食事の写真をMobileのハッシュタグを付けてツイッターに投稿して安心させようというプロジェクトをやりました。)

信じた信じた。

最初心配してたのは、食べるのを我慢するのではないかと思ったから。
でも今は食べるのを我慢するのは心配しなくなった。でも今は、何を心配するのがいいかな。
でも太りすぎるのが心配ですよ。食べ過ぎて太ることです(笑)。

 

(MobileがJibのソロ曲『It’s Me』のMVを見てJibを抱きしめたいと騒いでいた、とのコメントに対して)

あー、Jib。これこそが夢に見たMV(笑)。
その、私(がやりたかったMV)はだいたいこんな感じなのよ。

振り返って私の曲はどうかな。明るい?
コップンナ~♪とかって(笑)
アート的で感動的なのが好きですよ。

それでJibの曲はかなり素晴らしいよ。
歌声がいいですね。




(Mobileは今回の選抜総選挙でナンバーワンになると信じている、とのコメントに対して)

わお。それは…、クッキーに占ってもらおう(※『恋するフォーチュンクッキー』の歌詞です)
ハートのフォーチュンクッキー

 

(投票したよ、とのコメントに対して)

どうもありがとうございます。
みんなも無理しないでね。本当に(笑)。

その、どう言えばいいかな?
あー…、期待が50/50というのは、本当はいくつでもいい。1位もいいんだけど、どう言えばいいのかな。
うーん。

分からないよ。

でもどの順位もいいんだよ。

でももし1位がダメだと、ことあるごとに攻撃してくる連中が出てくるかも。
私は彼らが私のファンを批判するのを見たくないんだよね。

うん。だから、おう、戦うぜ。見てろよとかって感じ(笑)。

正直、2位でもいいよね。
きっと落ちてくる。パラパラパラってですよ。前回の総選挙みたいに。
2位から3位に落ちてきて、

それから4位。今回は落ちないことを願いたいね(笑)。
上がろうね(笑)。

批判した人はみんなつねっちゃいますよ。

 

今回早く終わってほしいね。総選挙(笑)。
そうすればフレッシュになれる。

 

(さっきKaimookもライブ配信で泣いた、とのコメントに対して)

そう。Mookさんがとっても可哀そう。
私でも…うん。

 

(1位でも批判される、とのコメントに対して)

そうです、みんな。それって無意味。
何やっても批判されるんだって。

私達の人生。

考えたことがあるんだけど、まさか自分にアンチができるなんて思いもしなかった。でも何をしたからできたのって。なんでできたのとかってね。

彼らの問題であって、私の問題じゃないのかも。




(そういうグリッターが好き、とのコメントに対して)

じゃあ、グリッター付けてあげる。

イェーイ(笑)。

 

(今では話が上手になった、とのコメントに対して)

本当はもともと話が上手なんだよ~(笑)。

でも話の内容が分かるか分からないかは、別の話というだけ。

(誰が『ドートディドン』の時にケーブルに足を引っかけたの?との質問に対して)
(※2月23日の『ハイテンション』初披露イベントで『ドートディドン』披露の途中で音楽が中断し、アカペラで歌って切り抜けました。)

ははは。それは知り得ないことですよ。

これ、


(思い出したという表情で)

あぁ、報告があったのは、誰かがケーブルに足を引っかけたということとは全然関係ないですよ。
あれは…、

(※怪談を語る口調で)
何か見えない存在が曲を止めた。
技術的なミスで復旧が不可能だった。自然に勝手に生じた~。

ふふふふ(笑)。

 

バイバイ。