音楽賞「The Guitar Mag Awards 2020」の授賞式が3月9日、バンコクのSHOW DCで開催され、BNK48もステージに立ちました。

「The Guitar Mag Awards」は1969年創刊の音楽雑誌『The Guitar Mag』主催で今年で18回目。毎年最前線で活躍しているタイの人気アーティストが招待されステージに立つ一大音楽賞授賞式です。

BNK48は3年目の参加ですが、今回各賞へのノミネートはなくステージでの曲の披露のみで、『ハイテンション』『恋するフォーチュンクッキー』『ジャークジャイ・プーサーウ・コンニー』『ドートディドン』の4曲を披露しました。

こちらのThe Guitar Mag公式Facebookでのライブ動画でご覧いただけます。右下のスケールで-1:35:14あたりからです。

 


(出典:The Guitar Mag公式Facebookでのライブ動画からキャプチャ)




 

リップシンクに若干生の歌声をかぶせたパフォーマンスばかりの中、一曲だけ生で歌った曲がありました。Mobileのソロ曲『ジャークジャイ・プーサーウ・コンニー』です。

 


(写真提供:MobileBNK48Home

上の動画では-1:24:24あたりからです。

 


(出典:The Guitar Mag公式Facebookでのライブ動画からキャプチャ)

 

なんとKaewのピアノ演奏での披露でした。





(出典:The Guitar Mag公式Facebookでのライブ動画からキャプチャ)

 

大物アーティストからアイドル歌手まで大勢の芸能人を前にしてとても落ち着いて歌い上げていました。今までの『ジャークジャイ・プーサーウ・コンニー』の披露の中で一番上手に歌えたと感じます。

 


(写真提供:MobileBNK48Home

無事に歌い終えてほっとしたのでしょう。Kaewとステージ上で抱き合っていました。

ファンからは「落ち着いていた」「音程がバッチリで素晴らしかった」「ワンステップ成長した」とMobileの今回の披露を褒める声がSNS上に溢れています。しかし称賛したのはファンだけではありません。

女性歌手のZom Marieさんはインスタグラム・ストーリーに投稿してくれています。

またMobileを『ケーニー…ポー』のMVヒロインとして出演させたThe ParkinsonのKarnさんも、わざわざMobileのインスタグラム投稿に次のコメントを寄せてくれています。

最高です。この曲はとっても良いフィーリングでした。とても素晴らしく歌っていました。
Kaewちゃんのピアノ演奏もとっても素晴らしかったです。




 

Mobile自身はiAM48アプリにステージの感想を次のように綴っています。

今夜は終了しましたよ。全部が上手くいって嬉しい。褒めてくれたアーティストの方がいてとーっても嬉しいです。
でも私の歌声がまだパーフェクトじゃないかもということは分かっている。
私は今までよりももっと良くするように頑張る。
もっと沢山運動して私の歌声が力強くなるようにしますね。何かアドバイスがある人は教えてくれていいですよ☁🌦
緊張したかと聞かれれば、緊張しました。でも意識をしっかり持って集中していたと思う。それでとってもリラックスして自分にプレッシャーをかけなかった。私らしい良さ。

 

今回のステージを経て一層自信を持てたことが窺えますね。

 

無事に大舞台を終えた後は、観客席に戻り、

BNK48の仲間と大騒ぎしたのでした。

Namneungにしてもそうですが、メンバーが成長していくのを実感できるのはBNK48ファンとして嬉しいものです。