BNK48の所属事務所Independent Artists Management社(iAM社)が売り出す男性アイドルグループTHE BROTHERSの番組撮影にBNK48劇場を使用させたことで現在大炎上中であることは既にお伝えしたとおりです。
(参照:BNK48劇場を男性アイドルグループに使用させた事務所が大炎上中

この件について、2月17日15:30(タイ時間)から支配人JobさんがFacebookで釈明のライブ配信を行いました。
その主だった内容を箇条書きでお伝えします。

 




  • iAMの経営陣はBNK48劇場のスペースをTHE BROTHERSの番組撮影に使用して生じたことに遺憾に思い謝罪します。
  • THE BROTHERSが番組撮影でスペースを使用したのは1日だけ。2-3週間前のこと。
  • 使用したスペースは下の部分とオフィス部分のみでステージとメンバーのプライベートなスペース(楽屋、トイレ)は使用禁止にしている。
  • THE BROTHERSにはワークショップの1日以外、劇場スペースの使用を許可していない。
  • チームNⅤとLAユニットがそのために他の場所でのレッスンを強いられたというのは事実ではない。LAユニットはレッスンに別の場所を用意してある。
  • THE BROTHERSとBNK48は現在も今後も同一の場所を使用しない。ワークショップの1日のみだった。
  • Digital Live Studioにはオフィス部分もあるが、THE BROTHERSとBNK48が同時に使うことのないように努力している。
  • BNK48劇場のステージは神聖な場所であることを心得ている。メンバー以外をステージ上に上がらせない。
  • 講師は同じかという問題は、THE BROTHERSにはその講師がいて、BNK48とは無関係。はっきりと分けている。ただし一部の講師陣だけは指導の面倒を共通で見ているが、男性には男性向け、女性には女性向けの教え方をしている。
  • THE BROTHERSとBNK48は一緒にレッスンを受けていない。
  • THE BROTHERSにファンの気持ちに思いが至らずに劇場のスペースを使用させたことをiAMのスタッフ、経営陣は謝罪する。
  • THE BROTHERSのワークショップを自分は見ていたが、詳細までは承知していなかった。
  • レッスンも活動も2つのグループは永久に分け、関係しない。
  • THE BROTHERSにDigital Studioも劇場も今後使わせないことを約束する。
  • 詳細は再度まとめてFacebookに投稿する。

 

とのことでした。

しかし、この釈明を受けて早速次の点が指摘され、炎上は収まる気配がありません。




右下の写真ではTHE BROTHERS候補者がBNK48劇場のステージに座っている様子が映っているのです。
Jobさんの説明と食い違っています。

そんなファンの動向を察したのか、ようやくCEOのJirath氏も出てきて釈明を行うことになりました。

 

THE STANDARD POP公式FacebookとYouTubeチャンネルで2月17日18:00から釈明のライブ配信を行います。