BNK48のJennisが主演、Musicが準主演級の役で出演した映画『Where We Belong』が第16回コムチャットルック・アワード(Kom Chad Luek Award)に7部門でノミネートしました。

 


(出典:コムチャットルック・サイト




 

コムチャットルック・アワードは新聞『コムチャットルック』の芸能ニュース部門が毎年主催しているテレビドラマ、映画、音楽、ルークトゥン(タイ演歌)を対象にした賞で、2004年から続いています。

『Where We Belong』は映画を対象にした7部門のうち6部門にノミネートしました。

  • タイ映画部門
  • タイ映画脚本部門
  • 映画監督部門:Kongdej Jaturanrasamee監督
  • 主演女優部門:Jennis Oprasert(Jennis)
  • 助演女優部門:Praewa Suthamphong(Music)
  • 助演男優部門:Kajornsak Rattananissai(Jennisの演じたスーの父親役)

 


(出典:Where We Belong公式ツイッター

写真は

左上:Jennis
右上:Music
左下:Kajornsak Rattananissai
右下:Kongdej Jaturanrasamee監督

です。

一応『Where We Belong』のトレイラーも紹介しておきます。




 

『Where We Belong』がノミネートした7部門のうち、主演女優部門にノミネートしているJennis以外の4人を見てみましょう。

 

『セーン・グラスー』(英題:Inhuman Kiss)

 

『ナーハーン』(英題:Nha Harn)

 

『ラック2ピー・インディー・クーングン』(英題:Love Battle)




『ハウトゥー・ティン』(英題:How to Ting)

 

…の各映画の主演女優となっています。

この中で『ハウトゥー・ティン』(「捨てるハウツー」の意味)はヒットした上に主演女優はあの『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』でも主演したChutimon Chuengcharoensukyingさんなので、Jennisにとって一番の強敵と言えそうです。

第16回コムチャットルック・アワードの授賞式は3月3日にタイ文化センターで開催されます。
各賞の受賞を期待していましょう。