先日お伝えしたとおり、BNK48メンバー8人を乗せた映画『タイバーン×BNK48』の宣伝カーが1月15日(水)夕方、バンコク中心部を走りました。

ツイッターに投稿された動画・写真でルートを追って見てみましょう。

MBKセンター7階のBNK48 Digital Live Studioを出発したBNK48メンバーらは、戦勝記念塔で宣伝カーに乗車。
メンバーはNamneung, Mobile, Tarwaan, Kaimook, Noey, Kaew, Pupe, Namsaiの8人です。

 

オフィシャルの告知では大型トラックを連想させる「パレード車」(รถแห่ ロット・ヘー)と記載されていたのですが、ふたを開けてみたら宣伝カーレベルの小型トラックの荷台に乗るということだったことに一部ファンの間では失望の声が上がったのは事実ですが、面白い試みには変わりません。




宣伝カーからは『タイバーン×BNK48』挿入歌の『ドートディドン』が流れています。
そしてメンバーらが着ているコスチュームは『ドートディドン』選抜コスチュームで今回初披露です。

センターのNamneungが中心にいますね。

 

 

なお「ドートディドン」の意味ですが、配給会社Sahamongkol Filmのこのツイート

によれば、日本の琵琶に似たタイ東北地方の弦楽器「ピン」を弾く音に由来していて、赤ん坊をあやす時に赤ん坊を抱いて「ドートディドン、ドートディドン」と言うのだそうです。




宣伝カーは戦勝記念塔を出発。

 

 

パヤタイ通りを南下。

ラーチャテーウィー交差点を左折して…、




ペッブリー通りに入り、パンティッププラザ前を通過。

 

バイクで追っていたファンも数人いたようです。

 

プラトゥーナム交差点を右折して、

 

セントラルワールド前へ。

良く見ると、BNK48が乗った車の後ろで麦わら帽子姿で踊っている人達がいます。オフィシャルが手配した人達との話もありますが、おそらくTarwaanかNamneungのファングループのような気がします(笑)。

 

その後は予定どおりなら本来左折してアソークへ向かうはずでしたが、筆者が目を通した限りスクンビット通り方面には行っていないように思います。予定を変更して右折し、サイアムへ向かったようです。




そしてサイアムに到着。

宣伝カーを降りたメンバーらは、

しばし撮影に応じてから、

MBKセンターへ徒歩で向かいました。

 

<追記>
のちにBNK48公式Facebookもこの日の模様の写真を投稿しました。

 

※アイキャッチ画像提供:MobileBNK48Home