BNK TYOの2019年11月月間アクセス数上位5位の記事をお知らせします。




1位 BNK48初組閣、チームNVと新公演発表 11/16投稿

2位 CGM48 1期生全メンバー紹介 10/27投稿

3位 BNK48 2期生Mairaが卒業を発表  11/5投稿

4位 BNK48 2期生コンサート「Blooming Season」 11/3投稿

5位 BNK48チャープランのファンミーティング「Me and My Cats」レポート 11/18投稿

 

11月は注目を集めた話題が見事にバラけました。

1位

 

2月25日に開催されたFounderメンバー向けのトークイベント「BNK48 We Talk To You」で支配人Jobさんから「今年、チームNVのステージがあることは確実」と初めて計画が明かされた「チームNV」について、11月16日の劇場公演の最中に結成がサプライズ発表されたことを伝えた記事が今月もっとも注目を集めました。

新チームBⅢとチームNVのいずれもメンバー20人ずつ。1公演16人でのステージなので、余るメンバーは各4名ずつだけ。それに研究生が6人います。
チームを跨いでの出演はないとPupeがライブ配信で言っていたなので、今まであまり出演してこなかったメンバーの出演頻度が増えそうですね。

なお、12月15日から新公演開始までのつなぎに行われる「Waiting公演」の期間はPupeがライブ配信で語ったところによると「長くても2~3か月」とのこと。12月中の新公演開始はほぼ無理だと思われることから、Jobさんが2月に発表した「今年、チームNVのステージがあることは確実」は実現しないことになりそうです。

 

2位

 

10月26日のCGM48初披露イベント翌日にCGM48メンバー全員のプロフィール写真を紹介したこの記事も注目を集めました。しかしこれ、11月ではなく10月の記事なのです。月間トップ5に当月以外の記事がランクインしたのはトップ5の発表を始めて以来初めてのことです。それだけCGM48に関心が持たれているということなんでしょうね。

CGM48の動静については、グループ支配人の伊豆田莉奈が11月26日のライブ配信で「みなさん、もうちょっと待っていてくださいね」と語っていました。正式デビューイベントは来年1~2月でしょうかね。待ち遠しいです。




3位

 

2期生のMairaが11月5日、支配人Jobさんと2人でのライブ配信でBNK48からの卒業を涙ながらに発表した記事でした。

日タイ・ハーフのMairaは、年初からアンチBNK48のFacebookページ(その後閉鎖してツイッターへ移行)によって異性関係の疑惑で攻撃されてきました。このアンチSNSアカウントは今までも多くのメンバーを攻撃していて、Cakeもその犠牲者の1人です。しかしMairaへの攻撃はもっとも激しいものでした。

MairaはおそらくアンチSNSアカウントの攻撃に便乗した心無いファンによってだと思われますが、家の前で待ち伏せをされたり、物を投げられたりしているとのこと。家族にまで危害が及びかねない中、耐えられずに卒業を決心したのかもしれません。

1期生オーディション不合格で諦めず、ようやく2期生として入ることのできたBNK48をこのようなかたちで卒業することになったMairaの心中を考えるといたたまれません。

11月29日に卒業公演を終え、MairaのBNK48としての活動は12月7日の握手会を残すのみとなりました。

 

4位

 

11月2日に開催されたBNK48 2期生初のコンサート「Blooming Season」の記事が4位でした。

会場の中ほどには空席がやや目立ち、ファンからはなぜもっと積極的にプロモーションをしなかったのかと運営への批判が起こる事態となりましたが、コンサート自体は素晴らしいもので評判はかなり良かったです。2期生それぞれの得意な才能が披露できるように工夫されていてファンが楽しめた上に、多くのメンバーもこのステージを乗り切ったことで自信が付いたようです。

 

5位

 

11月17日に開催されたCherprangのファンミーティング「Me and My Cats」のレポート記事です。ファンミーティングと銘打ったのは、歌・パフォーマンスの披露だけでなく、ファンとのゲーム・抽選を絡めた交流のウェイトも大きかったからだと思われます。

多くのゲストが登場した中で、最初に現れたのはCGM48に移籍した伊豆田莉奈だったことが印象的でした。

Cherprangは以前、今年もしAKB48グループ世界選抜総選挙があったら自分は辞退する代わりにいずちゃんに投票してとファンにお願いしたり、台湾にいずちゃんと行きたいとライブ配信で語ったことがあることなどから、伊豆田莉奈を慕っているように筆者は感じています。キャプテンとしてメンバーと適度な距離を置いているCherprangには珍しいことではないでしょうか。

そんな2人がBNK48とCGM48の代表として、日本で何らかのステージにまた一緒に立てる日が来るといいですね。




番外では6位にCAT EXPO 6が入っています。ただしMimigumoのステージ記事ではなく、BNK48以外のアイドル・アイドルグループ紹介をした記事の方です。

もう一つ大きな話題となる可能性があったものに、BNK48 OfficeがIndependent Artist Management(iAM)に社名変更し、男性アイドルグループも手掛けるとの発表もありました。しかしこちらの関連記事は全て7位以下に留まっています。タイでも意外なほどにあまり話題になりませんでした。社会の関心はBNK48にあり、Jirath氏のビジネスにあるわけではないということを示しているのかもしれません。

 

12月は握手会、Mimigumoファンミーティングがあります。CGM48もチェンマイ観光案内番組『Girls Guide パイ・トーイ・ガン』がCGM48公式YouTubeチャンネルで12月1日19:00(タイ時間)に第1回が公開。大晦日恒例のセントラルワールドでのカウントダウンイベントに今年もBNK48が出演するかどうかにも関心が集まりそうです。まだまだサプライズなニュースを提供してファンを楽しませてほしいですね!