BNK48のユニットでKaimook, Music, Jaaの3人からなる「Mimigumo」が11月24日(日)、大規模な音楽フェス「CAT EXPO 6」に出演しました。

会場内の大小6つのステージのうち、Mimigumoは最大のSTAGE 1に20:10からの予定で立ちパフォーマンスを披露しました。ステージは前後の出演アーティストのファンもいるため1万人近いと思われる物凄い観客数。そんな熱気に満ちたステージの様子をお伝えします。

 

Overture

Mimigumo初披露の際と同じアニメの動画がスクリーンに映し出されました。




キャンディー

 

Overtureに続いてステージ上手から登場したKaimook, Music, Jaaがまず歌ったのはこの曲でした。

 

『キャンディー』センターのKaimookは終始彼女らしさのとても出た笑顔でしなやかに堂々と披露。

 

MC

 

自己紹介の後、Kaimookから「今日は3つの雲がCAT EXPOに来ました~!」と挨拶がありました。さらに「Mimigumo」の意味の説明があったところで、Musicが準備のために去ります。

 

 

KaimookとJaaでMCを続行。Mimigumoが耳のある雲であることにちなんで耳のある生き物になるなら何がいいかという話をしました。

さらに12月21-22日に開催されるMimigumoファンミーティングの話に。特別なショーと特別なアクティビティがあるとKaimook。

 

 

3人の好きなことが何らかのかたちで披露されるとJaaから少し明かされました。

 

 

それを受けてKaimookは「私の作ったキャンディーの味見できるかな~?」とさらに踏み込んでネタバレ(笑)。Jaaが「MVに出てくるキャンディーに違いない!」とツッコむと「違~う。手直ししたバージョンだよ」とKaimookは応じていました。

「”Mimigumo”と言ったらみなさんは”Myujikkii!”と叫んでくださいね」
「Mimigumo!」

の掛け声に会場が「Myujikkii!」の声援で答えると、次の曲が始まりました。




Myujikkii

 

会場は一番の盛り上がりに!

 

 

Musicの人を惹きつけるパフォーマンス力は凄いですね。一つ一つの仕草から表情までファンでなくとも魅了されること間違いなしです。BNK48にいると映画やライブ配信など何でもやらなければなりませんが、Musicはステージでこそ最も輝くまさに純粋なアイドルだと感じました。

 

 

クライマックスのぺちゃんと座るポーズでは、ライトなどのステージ機材が邪魔になって良く見えなかった観客が多かったように思います。仕方がないとはいえ、12月のファンミーティングではしっかり考えてほしいところですね。

Myujikkiiの途中でサプライズがありました。

 

 

Kaimookがウクレレ、Jaaがフルートの生演奏で加わりました!

そういえばKaimookは愛用してきたウクレレ「ヌアンチットさん」では小さすぎるので新しく買うというようなことをライブ配信で言っていました。Jaaも最近のインスタグラム投稿でフルートの練習云々と書いていましたが、このことだったんですね。

12月のファンミーティングのネタバレになりやしないかと心配する声もあるようですが、この程度のネタバレではさして影響がないほどの見どころがファンミーティングにはてんこ盛りなんだという自信の表れのように筆者は感じました。




MC

 

『Myujikkii』を歌い終えたばかりのMusicからはこの曲は日本博バンコクで初披露されたという話がありました。

 

 

Kaimookからは新しい大きなウクレレの名前は「ナイヤナーさん」であることが明かされました。この名前、華僑でタイ名のない祖母にKaimookの母が名付けたタイ名なのだそうです。

一方のJaaのフルートの名は「サークー」。サークーとはタピオカの衣の中に豚肉と白菜を混ぜた具が入った、小腹が空いた時に食べる軽食メニューのこと(参考までにタイ語のサイト)。この名を付けた理由も語っていたのですが、聴き取れませんでした。すみません。

 

ハート型ウイルス

 

インスタグラム投稿で実はステージに立つまで熱があったと明かしたこの曲センターのJaa。そんなことおくびにも感じさせず、笑顔で全力でパフォーマンスをしていてとても好印象を抱きました。ステージ終了後、なんと熱が下がっていたそうです。

 

 

この曲のパフォーマンスも華があっていいですね。

 

MC

 

Musicの「今の曲は何ですか、Jaa?」とのフリに対して、

 

 

Jaaから『ハート型ウイルス』の歌詞の説明がありました。

 

 

続いて次の曲のために「君はメロディー♪」のフレーズのところでみんなで招き猫のようなポーズをしてくださいというお願いが。

 

君はメロディー

 

3人でも全く違和感なく素敵なパフォーマンスです! 『君はメロディー』のタイ風コスチューム「サイアム・ロリータ」をどことなく彷彿とさせるMimigumoの衣装のお陰もあるのかもしれませんね。

 

 

MC

次の曲のセンターがここにいる、とのフリから…




スカート、ひらり

 

Mimigumoのイメージに合っていていい選曲ですよね!

 

MC

Musicから次が最後の曲との説明が。

 

77の素敵な街へ

 

「言いたいことがあるんだよ!」のガチ恋口上のミックスで会場が大盛り上がりの中、これまた3人でという冒険的試みで7thシングルメイン曲を披露しました。こちらも全く違和感なしです!

 

 

県名の掛け声のところでは

北部地方(Kaimook)、イサーン地方(Music)、南部地方(Jaa)、中部地方(Kaimook)、東部地方(Music)、西部地方(Jaa)、う~Mimigumo!(3人)

と叫んでいました。

 

 

最後の挨拶

記念撮影の後、お礼と挨拶があって終了となりました。

 

心配された観客数は、実際にMimigumo目当てで来ていた人数は分かりませんが、盛り上がりから推測すると杞憂に終わったように思います。ステージはクオリティの高いパフォーマンスに引き込まれて思う存分に楽しめるものでした。大成功だったと言っていいでしょうね。

 

余談ですが、実は会場にはBNK48メンバーも大勢プライベートで見に来ていました。

さっちゃんのインスタグラム・ストーリーをJaaのファングループがツイートしたものです。
このさっちゃん, Kateのグループの他に、Mobile, Pun, Kaew, Janeのグループ、Juné, Wee, Myyu, Faiiのグループが来て、一部はグループの間を行き来していました(笑)。あとCherprangも単独で訪れたようです。

そのうちさっちゃん, KateのグループとJuné, Wee, Myyu, Faiiのグループは、なんとBNK48卒業生Jan Chanのブースを訪れていたとの確かな目撃情報が入っています。