BNK48のメンバーそれぞれにはファングループがあり、握手会でのグッズ配布やパネル展示、バースデー・プロジェクト、イベントの動画を撮影しプロモーション、選抜総選挙に向けた資金集め等々で趣向を凝らした活動をしています。

そんなファン・グループの中でMobileのファン・グループ「MobileBNK48Home」はいつも他のファン・グループがやらない真新しいことを真っ先にやってトレンドをリードしてきました。

誕生日の際の凝ったバースデーケーキやThe Mall Bangkapi 4階のエレベーターホール全面のラッピングによるバースデー広告、チャオプラヤー川のボートへの横断幕掲示など毎回楽しく驚かせてくれます。

その「MobileBNK48Home」が11月12日、また新たなことをどのファン・グループにも先駆けて始めるとFacebookページで告知しました。

 


(出典:MobileBNK48Home Facebook

 

握手会での1ショット撮影代行サービスです!

ファン・グループのマスコットキャラクター「ブアバーン」が解説しているので日本語訳いたします。




今回の握手会はどの回よりも素敵

ブアバーン自身がMobileさんを連れてあなたのもとへ会いに行く!!!

遠くにいたり、来場に都合がつかなかったり、仕事が入っていたり、用事があったりして握手会に参加できない老若男女そしてみなさまのためのスペシャル・プロジェクトです。

私共はMobileちゃんとの1ショット撮影サービスをあなたのお名前にて、あなたの選択したフレーズで喜んで承ります。

あなただけのためのスペシャルな動画になります…。

 

「私の腕前を信じていいよ!!!」

 

今回の1ショットはブアに撮影させてね…。

この77の素敵な街のどこにいても、あなたはMobileとの握手会に参加できますよ。ブアちゃんがMobileさんの可愛さを連れてあなたにお届けします。

動画1本あたりのサービス代金はたったの1,000バーツ

情報のお問い合わせと詳しい内容はこちらへ。
www.mobilebnk48home.com/1shot  (11月12日時点ではまだアクセスできないようです。)

経費を差し引いた収入は全額ファン・グループによるMobileちゃんの今後の応援に使用します。




…とのことです。

『77の素敵な街へ』握手会は12月7・8日の回にしても2月15・16日の回にしても、CD・Music cardともに送料抜きで1枚350バーツです。1ショット撮影には握手券3枚が必要なので、普通に自分でCDかMusic Cardを購入すると1,050バーツかかります。

そうなんです。自分で買うより安く済むんです。いいサービスですよね!

 

1ショット撮影を良く知らない方のために解説すると、BNK48握手会では握手券1枚使用の通常の握手の他にもいくつかアクティビティがあり、握手券を3枚使用する「1ショット動画撮影」も選択できます。

事前に用意された定型文に自分とメンバーの名前を当てはめてメンバーが話してくれている様子を自分のスマホで動画撮影できるというものです。撮影だけで握手はできません。

9月21・22日に行われた『BEGINNER』握手会の際の定型文5文を例として紹介しておきます。定型文は握手会の度に変わります。

 

1ショット動画のサンプルをMobileBNK48HomeのFacebookページから参考までに貼っておきます。

 

 

このMobileBNK48Homeの1ショット動画撮影サービス利用の予約登録システムは、11月15日にスタートするそうです。追っての情報はMobileBNK48HomeのFacebookページで告知するとのこと。

MobileBNK48Homeには英語のわかるメンバーがいると思いますので、英語での問い合わせはできるはずです。1,000バーツの送金方法がネックですが、それさえクリアできれば日本にいながらにしてMobileが自分の名前を呼んでくれている1ショット動画を手にすることができることになります。なんと素晴らしい!

 

今後、他のファン・グループも追随していきそうですね。