ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が11月20~23日にタイを訪問するのに際して、タイ・カトリック司教会が法王歓迎歌を製作し、その歌唱にBNK48 2期生のFondが参加することが明らかになりました。

 


(出典:Pope Francis visit to Thailand サイト

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(バチカン市国元首)のタイ訪問は9月13日に正式に発表されました。それを受けてタイ・カトリック司教会では法王歓迎歌を製作し、ローマ・カトリック信者であるタイの著名アーティーストらがレコーディングに参加しました。

参加したアーティストにはビリー・オーガン、クリスティナー・アキラー、ニコル・テリオといった大物歌手らが顔をそろえる中、BNK48のFondもカトリック信者であることから参加を果たしました。上の写真の左から3人目がFondです。



(出典:Pope Francis visit to Thailand サイト

曲名は『愛を与えて架け橋に』(ให้รักเป็นสะพาน)で、法王訪タイ期間中に使用する歌として捧げられます。製作にはGMM Musicが関わっているようです。

Fondも参加したこの法王歓迎歌はMVも制作されたそうで、いずれも法王訪タイ前には公開されます。

 

なおフランシスコ法王は11月20~23日にタイを訪問した後、11月23~26日に来日し、東京・広島・長崎を訪れます。

 


“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させるローマ法王フランシスコの知られざる激動の半生とは
―心優しき青年は神に仕える道へと歩み始めた― 彼が愛し、彼を支えた人々の姿を描く感動作