~9月8日(日)のBNK48アプリでのライブ配信から一部を抜粋翻訳~

Wee 17歳




こんばんは、みなさん。

さっき遅れてきたのは、くしを探して来たからですよ。
と言うのは、最近前髪が傷んでいるから。

遅れてきたのはフィルターを探しているところだったから。
だって最近デキモノが多くて、大きいのが(左の頬に)一つあるからですよ。

うわあ、綺麗じゃないよ! どうしよう。
きっと寝るのが遅いからじゃないかな。昨晩(BNK48スポーツデーの後)私達は帰宅が夜遅かった。

(疲れは取れた?との質問に対して)

みなさん、私はきっとどこも痛くならないと思っていた(笑)。
起きたら、ああ、楽勝。そんなにひどくないだろうって。

それで起きると、その、背中がとても痛い。とっても痛いよ、お母さん。
痛いのは背中だけだと思った。それで足を上げたら、オーー

マイゴッド。
とっても痛い。しばらく運動をやっていない。もう1か月も。

もう、前髪がとても傷んでいるよ。放っておこう。

 

(9月7日のBNK48スポーツデーについて)

プレッシャーでした。だって私達水色チームは本命だとかって期待されていたから。
勝つに決まっているとかって。

あー、土嚢袋徒競走になったら、負けた。
(※土嚢の袋に両足を入れたままで走る競争)
唯一負けたチームだった。

それで思い詰めた。

あれ? Namneungさんが入ったかな? 4番目で。覚えてない。
で、あ~、大丈夫だよ。OrnさんとTarwaanさんが「大丈夫だよ、楽しもう、楽しもう。シリアスにならなくっていい。」「真剣じゃないといけないけどシリアスになる必要はない」って。Tarwaanさんがこう言った。

(その後、各競技の話をしました。)

(綱引きで)私は綱に腕が当たって綱に挟まったって感じ。ほら。見える?

それから下に、

これは剥けた傷。

それで私はJennisさんに私は皮膚が向けて傷ができたんだよって言ったら、「わあ、私はね。ロングスリーブの服を出してきて綱引きの間(肌を)保護していて良かった」って。

賢い人。

一方の私はって? 挟んでしまえ。腕を挟んでしまえ。力がないから腕で綱を挟んでこうやって引く、引く。

ボロボロになり尽くした。
昨日は全身創痍ですよ。マッサージにとても行きたい。背中をとてもマッサージしたいよ。もう無理だ。

そう、けがをしたメンバーがとても大勢。私達はこういうのをやるのが久しぶりだったからだって。かなり新しいこと、だよね!

 

(1等賞の賞品を貰えて嬉しいか?との質問に対して)

嬉しいですよ。プレッシャーが消えた。私達は一日中プレッシャーを感じていましたよ。

(賞品のゴールドはどうやって分けるんですか?との質問に対して)

分からないよ。まだ貰っていない。

 

おー、昨日Cakeさんはカッコ良かった。イケメンだった。呆然とするほどイケメン。
ことごとくイケメンだったよ。学校の代表選手になれるよ。

凄い。

 

(『Myujikkii』はどうだった?との質問に対して)

見てないんだって。私は見てないのよ。急いで衣装替えに行かなければいけなかったから。
まだ全然見れてないよ。

おーー!

本番の前日の話をしよう。私達は行くことになって、えーと、何て言うのかな。
あー、ブロッキング(の確認)に行った!

私達は各曲のブロッキングをやって、『Myujikkii』の番になったらね。Musicが1人で踊る曲だから、私達は座って見ているでしょ。
私達は一緒に座って見ていて、そのメンバー全員がメンバーが1人で踊るのを見る初めてのことだった。注視する義務のない状況で。

Musicはコントロール…、何て言うのかな。ファン、何て言えばいいんだろう。見ている人をコントロールできるだけじゃない。ファンだけをね。
メンバーをもコントロールできるのよ。

その、私はね。照れて目を逸らしたりしながら見ていたんじゃなくて、見たら目を離すことができないのよ。
その、目を向けたら、目を本当に離せなくなるのよ!

みんなはマスクをしていたんですよ。マスクをしていた。

でもただ目で見ただけで、近くて遠くはないのに、視線を向けただけで、はっ!…

正直なところ、下を向いてスマホをいじっている人は誰もいなかった。あの時にね。本当だよ。

ああ、ファンをコントロールできる。ホール全体の。
グループ全体のメンバーもコントロールできるんだよ。凄いよ!




(Weeの脚の筋肉、とのコメントに対して)

そう、私の脚の筋肉は大きい。私はみんなに言ってほしくない。ああ、言っちゃおう。正直なところ。
私はね。脚についてではなくてね。みなさんに私は身体の骨格が大きいということをわかってもらいたいの。

それから私の身体は太っているんじゃないからね!
例外は私のむくんだ顔で、夜遅くに食事をしたからだよ!

あの日だよ。コラートにRoad Showに行った日は、私の顔がとてもむくんでいたよ。
だって私は夜遅くに食事をしたからだって。私はみんなに太っていると言ってほしくない。私はただ骨格が大きい人なだけ。わかる!?

みんな私が走っている写真を見てみなよ。私の体が男性のようにとても大きいんだよ。
でも私は骨格を縮めることはできない。手術して骨を取り出さないと小柄になれませんよ。

身体が大きい人として見てよ。みんな、私をわかってよ!

もう言うのやめた。面倒くさい。これで十分。
太ってるって言いなさいよ。もう関心がないもん。

ちょっと待った。今に見ててね。どうしようかな。
これってコントロールできない! 骨格なんだって。痩せられない!

太るのはいいかな。きっと太ってるんじゃないかな!
他人と比べたら私はきっと太っているのよ。そうよ。

だから体が大きいの。体が大きいの。わかった?

あんた、私の体をFondみたいにする!? あんなふうな小柄に。え!?
人にはみんな違いがあるでしょ。え!?

不満を言ってる、不満を言ってるって、なんで私は太っているってコメントばかりなのよ!

泣いちゃったよ。

暑いじゃん。暑いね。エアコンが涼しくないよ。清掃したばかりじゃないの?
ちょっとエアコンの温度調整させて。(※と言ってフレームから外れました。)

太っていると言われるとね。自信が傷つく。
ステージ上にいる時にね。

わざわざからかいに来なくていいって。

太っているっていうことだけじゃないんだって。毎日ね。言われて泣いている。
毎日ね。


(涙声になったWee)

私はね…。

コメントを読まないことにする(笑)。そうしないと泣いちゃう。

私はね。毎日、デキモノにも悩んでいる。私はデキモノができやすい。だって若い時期だからね。
カメラを見るときに…。


(顔を隠すWee)

ファンが写真を撮る時にね。毎日私はマスクをしないといけない。だってデキモノができているから。
それに私はメイクをしたくない。(涙声)

自信がないのよ! カメラの前に出るのが。
なんで私はデキモノのことで悩んでいるんだろ(笑)。

本当はカメラの前に出る自信がない。だから私はマスクをして顔を隠している。
だって私も美人でいたいから。

だからメイクをしたくない。デキモノを治すために~。
それでもちっとも治らないから、きっと諦めないといけなかったりするんだと思う。
だって若い年頃だからね。ホルモンにある程度変化があって。だから私はマスクをし続けると思う(笑)。

そういうこと。ただ不満を言いたかっただけ。
最近私はデキモノのことでとても悩んでいる。

悩めば悩むほど、デキモノは出てくるでしょ、みんな!
だから私はあまり悩みたくはないんだよ。
太っているって言う人を見ると、おぉー、こうなったら思いを少しでも吐露しないと。
心がすっきりするって感じ。みんなも、顔が見たいのにいつもマスクをしているって言うけど、デキモノができている時期だから私はメイクをしたくないんだって知ることができる。

終わり。


(やっと顔を見せたWee)

私はね。感情が揺れやすい。女の子にはそういう時期があるんだよ。




(射的の銃は痛かった?との質問に対して)
(※BNK48スポーツデーでは午前中に寺祭りの縁日を模した出店が出て、Weeは射的ブースに立ちました。)

Bambooが私を撃った。昨日、その、私達は射的で遊んだでしょ。人形を撃って落とすとかって感じで。
Bambooが私の背中を撃った。私に謝ったけど「私は強くないと思った。これって人形を撃ってもちっとも落とせないから、試しにWeeさんを撃って試してみたの」って(笑)。

めっちゃ痛い!

 

私はみんなに身体や顔について言ってほしくないだけ。えーと、どう言えばいいかな。身体や顔であまりイジメをしてほしくないよ。
そのためにメンバーは自信をある程度なくすから。何人もいるよ。

 

おぉっ、メダルを見たいの? 見ていいよ!


(急いで取りに行くWee)

メダルを見せる。メダルを見せる。メダルを見せますよ~。
メダル、メダル。

金メダル~。

バンコク48。ほら、BNK48。
とても久しぶりだよ~。かけて見せることにしようね。

言っちゃうけど以前私はメダルをよく貰った。ちょっと自慢。
水泳と陸上の選手。

好き。

 

オーケー。私は行きますね~。

今日は見に来てくれてありがとうございました。
近日中にまた会いましょう。またライブ配信に来るね。

今の時期何をしている人も頑張ってくださいね。

バイバーイ。また会いましょう。
抱く、抱く。疲れた人は抱き合おう。

また会おうね。

メダルと自撮り。

行くね。


縁日射的あそびセット(景品100コ入)