~9月8日(日)のBNK48アプリでのライブ配信から一部を抜粋翻訳~

Jaa 16歳




こんばんは。

こんばんは、みなさん。イェイ。

(髪を洗ったの?との質問に対して)

そう。

洗ってきたばかりです。

 

今日は休み。休みの日ようこそです。

今日は私に休みがずっとなかった後で初めての休みの日だよ。
はぁーっ、ドキドキするよ!

ウソだよ。

今日私はベッドから起き上がりたくなかったよ、みなさん。

風邪を引いたでしょ、昨日、先日。
風邪薬を飲んで寝た。でもあまり熟睡できなかった。鼻が詰まるからだよ、みなさん。
それで次に起きたら今日のお昼でしたよ。12時半(笑)。

 

今日はせっかくの休みだから、スポーツデーの話をします!

今日メイクをしなくてよくて私はとても嬉しい。何日も連続でメイクをした後なんだよ。
その、メイクとするのがとっても面倒くさい。メイクをするパッションが尽きてしまいました。

(※スポーツデーで競った競技の話をしました。)

ああ! それから昨日はmimigumoのパフォーマンスもありましたよね。
ユニットmimigumoの曲をもう一度披露できてとても良かったですよ。と言うのは、初披露の後、その、その前に私達はmnimigumoを結成して練習を全力で一生懸命しましたよね。でも日本博での初披露の日の1日だけのためのような感じだったんですよ、みなさん。

あの時、私達には今後の活動が全くなかったんだよね。あの仕事1つだけのような感じだった、みなさん。と言うのは、今後の仕事がまたあるのかわからなかった。

それで今回のスポーツデーになって、せっかくだからとmimigumoにもパフォーマンスをさせてくれた。
だからとても嬉しかったです。

だってユニットの初披露の後で初の仕事だったからです。

全力で普通どおりに踊った。

それで多くの人がなんで眼帯をしなかったの?って言ってきた。中には眼帯をしてほしいとかっていう人もいたでしょ。

初披露の日からね、みなさん。私はアレをみなさんにとても見せたいよ。
眼帯を私は自分で作った(笑)。

そのうち写真を撮って見せることにするね。どこにしまったかわからない。この部屋にはないね。

その、あの日はものもらいになったでしょ。その、膿が流れてたのよ。
今でもまだ大して治ってない。

二重が両目で揃っていない。と言うのは片目(※右目)は(ものもらいに)なってなくて、もう片方(※左目)はなっていて、二重がよりはっきりと見える。まだ少し腫れているから。

行く前日にものもらいになってデキモノが膨れてきた。膿がそのデキモノから流れ出てきたんだよ。
それで私は、おぉう、チクショウ(笑)。

明日はmimigumoの初披露の日で、いつまた披露できるかわからない最重要の日。
みんなも初披露の日には一番綺麗でいたいでしょ。わかる? でも私は逆にものもらいになてしまった。

内心私はどうしようと思った。
翌朝起きてもまだ治ってなくて腫れがこんなふうに下がってきていた。

どうしよう、どうしよう。私は写真を撮ってスタッフに送って見せた。
それからグループの先輩達に送って見せて、ほら、私はものもらいになった。どうしようって。

スタッフさんに相談したら、スタッフさんは「眼帯をする?」って言ってきた。
私は「うん、じゃあ眼帯を買ってくる」。眼帯を検索してどんな種類があるのかを見た。私がしたのだよね。私はスタッフさんにこんなのでいい? コスチュームに合っているように見せたいからとかって尋ねた。

スタッフさんは「うん、いいね」って言ったから、薬局へ探しに行くことにした。でも探しに行っても売ってないのよ、みなさん!

探すのがとても難しい!

買いに行ったところのは、ものもらいの傷専用ので、布があって、バンドが両側にあるのよ。
でも私がしてたのは、コスプレ・ショップからの物なんですよ、みなさん(笑)。

あれはアニメを真似たコスプレです。だからコスプレにちょっとばかり見えた。だってコスプレ・ショップで買ってきたからです。スタッフさんが買ってきてくれたんですよ。とっても感謝しています。

その、私も薬局に探しに行ってて、コスプレ・ショップは思いつかなかった。薬局へ探しに行ってもないと言われた。あったのは絆創膏タイプなんですよ、みなさん。大きな絆創膏でブツブツ穴が開いているの。それを貼るのは私は良くないと思ったのよ。

(僕はJaaが眼帯をしている姿を見て(いい意味で)強烈にダメージを受けた、とのコメントに対して)

そういうこと! だからあの日私はどうしよう、どうしようと思って、だから決心した。あぁ、曲に合わせられるように私が自分で眼帯を作るのはいいかな? 『ハート型ウイルス』でしょ? だからハートのかたちにしたかった。
だから私は大きな生地を買ってきて、それからバンドも買ってきて、それで自分で発明したんですよ。ハート型の眼帯。私はバンドを縫い付けたよね。それから人形のシールを探してきて横に貼ったりとかして。

作り終えたんだよ。でもオーケーじゃなかったのよ、みなさん。ハートが歪んでるし、(バンドが後ろに)届かなかった(笑)。

つまりみっともなくて使えない。

私はスタッフさんのところに持っていって「これ、私がせっかく作った眼帯なんですけど、使えないんですよ」って言ったら、スタッフさんは「大丈夫。私が眼帯を探してきてあげたから」って言った。

それで、

ホォーーーー!

最終的に! どうもありがとうございました。
「どうやって探すことができたんですか? ありがとうございます」と聞いたら、「ああ、コスプレ・ショップで探してきた」とかって答えた。おーっ! 考えつかなかったよ。

内心私は、もし私が眼帯をしたらみなさんはオーケーかな?と思っていた。

でも目を見せるよりはいいの、みなさん。
メイクをしていない。そっち側の目にはメイクをしていないから。

(ファンの)反応がプラスの方に出てきて、私は嬉しかったですよ。
私を可愛がってくれて、ありがとうございます。

でも眼帯をしていないスタイルの私の応援もよろしくお願いしますね、みなさん。

あれって踊るのがとても難しいんだよ。目をふさいでいるのは、人はふつう180度見える、だよね?
でもあの日、私は眼帯をして左目をすべて隠したのよ。お陰で私は何も見えなかったの、みなさん。

私が見えたのは右側が少しだけ。

本当に少しだけで、見えない。

 

(眼帯を)私がずっとするのは、たぶんできませんよ(笑)。

つまり、うーん、伝説の初披露ということにしようね、みなさん。
目をずっと隠すのはできませんよ。ステージ上で転ぶかもしれない。




(スポーツデーでフットサルをしていた時の話)

プレー中に、私がボールをカットして向こうにドリブルしていったショットがありましたよね。
それで体をひねって振り返ったタイミングでですね、突然古くからのつる症状がピキーンと来たんですよ(笑)。

それでどこがつったか。どこがつったか知ってますか? まず当ててもらおう。
10秒計る。みなさん、どこがつったか当ててみて。

わあ! 当てた人がいる!

オーケー。正解を発表しよう。
お尻です。お尻の右側。恥ずかしいね(笑)。

その、私はきっとつるに違いないと思っていた。と言うのは、元々よくつるんです。どうしてなのかはわからないけど、レッスンで立っている時や踊っている時につることもあります。時には寝ている時にもです。眠っていてちょっと体をひねると足のすねがつって、泣きそうになる。目が覚めて、あー、痛い! 痛い! ゆっくり揉んでほぐすんですよ、みなさん。

わあ、笑っている人ばかり。なんでこうなのよ。

 

(Piamが気絶したように見えたよ、とのコメントに対して)

ああ、Piamですよね。

その、今後はみなさん、お世話を手伝っていただいて、Piamに注意を払ってほしいです。
と言うのは、Piamはこういうことに今までもなったことが一度あるんです。
みんながもっと世話をしなければなりません。気を配らないとです。

と言うのは、もうこんな出来事が起きてほしくないからです。
Piamはきっと過呼吸になったんだと思います、みなさん。私はその時いませんでしたよ。

以前私達は1期生で旅行に行ったことがあった。それで内輪でゲームをふつうにやったの。楽しくエンジョイしてっていう感じでね。

その、水泳で競ったんです。Piamはどんなことにも真剣になるんです。些細なことでもPiamは真剣になる。わかるよ。それはいいこと。真剣になることがね、みなさん。

それで水泳で競って、Paimは真剣になって水泳で必ず勝つんだってなったら、過呼吸になったみたい。

緊張でかプレッシャーでか何でかはその時々ですが、Piamは過呼吸になって病院に運ばれたことが1回ありました。
それで今回もまた発作が起きたんだと思います。

きっと競って真剣になったから過呼吸になったんですよ、みなさん。
みなさん、目と耳になってPaimの世話をしてくださいね。今ではみんなも真剣になっているよ。


(ゴン!という頭がiPadにぶつかる音が)

あぁっ!(笑)

うぅ~! 私、2脚の椅子に座っていたら倒れたのよ!(笑)
うわー、痛い(笑)。オーマイゴッド。痛くていいね。




(mimigumoはMVがある?との質問に対して)
(※『キャンディー』MVのティーザーが発表になる直前でした。)

ん~ん?

あってほしいかな、みなさん?

 

同時に2つのことをやるのは良くないって。私はアイドルも学業も同時にやっているでしょ?
2つを同時にするのは何もいいことがない。でも私がその場にいるとですね。学業もしなければいけないことも、アイドルになりたいことも、どちらも全力で良い結果にしたいですよ。

私を理解してくれる人があまりいません。学業で、私はなんでまた一生懸命に勉強しなければいけないのかって、あまり理解してくれません。成績について理解してくれる人があまりいない。

でも私は喜んでこの場にいるよ。どちらも良い結果にしたい。だってどちらかを捨てたくないから。2つとも大事。アイドルも私が好きなこと。学業も私が好きなこと。それを捨てたくない。

だって大事だからです。

(※その後もやや人生論的な話をいくつか話しました。)

 

(JaaとOomは多くのことで考え方が似ているね、とのコメントに対して)

ふふふ。私もわからないけど、Oomさんと話していると安心するよ。
何も不快に感じることがない。

(Jaaは60歳なの?というコメントに対して)

いひひひひ(笑)。

それはわからないけど、私がこういう話をするのが好きな人もいれば、私がこういう話をするのが好きじゃない人もいる。でも私はこうなのよ、みなさん(笑)。

誰かが好きになったり、誰かが嫌いになったりっていうのは、強制できないですよ、みなさん。

 

実は昨日、サプライズがいくつもあった。

でも言わないって。どんなことがあったのか。
みなさんに自分で待ってもらう。

 

明日私はテストがある!
もう行ったほうがいい。私はテスト向けに教科書を読むね。

月曜日はタイ語、物理、英語、それから歴史のテストがある。

 

バイバーイ。

どういうことか私が行こうとするといつも(視聴する)人が増えるんだね。
本当にわからない。

行くね!

プレゼントにハートに応援のコメントありがとうございました~。
バイバーイ。キス、キス。