ニュースサイト「Mango Zero」がBNK48伊豆田莉奈へのインタビュー動画を8月22日に公式YouTubeチャンネルに投稿しました。

内容は伊豆田莉奈がCGM48グループ支配人を務めることになった経緯や抱負などについてで、8月10日のBNK48握手会会場で撮影されたもののようです。




動画のインタビュー内容を日本語訳いたします。

 

CGM48への移籍を知った時の感想は?

とっても驚きました。CGM48ができることは知っていて実は興味はあったんですが、私が移籍することはまずないと思っていました。と言うのはAKB48から移籍してきたばかりですよね。だから移籍のチャンスは無いに違いないと思っていました。でもCGM48には関心を持っていましたが、当初はそれだけしか考えていませんでした。

でもJobさんと話したら「莉奈、チェンマイに移籍する?」と言われて、えっ!? 私がチェンマイに行けるの?って驚きました。それにチェンマイは興味深いと思いました。と言うのはチェンマイに行ったことがなくて、仕事でしか行ったことがなかったからです。チェンマイへ旅行に行ったことがなくて、私はずっとバンコクにいました。だからチェンマイへ行くことに興味がありました。

なので驚きましたが、行きたいと思いました。こんな大きなチャンスを頂きたいと思いました。

シハイニン(グループ支配人)となることへの感想は?

え~(笑)。ビックリして、とても不安です。実際、支配人に関する仕事をしたことがないからです。支配人とは何なのかは知っていますが、日本でもまだ…、指原さんがメンバー兼支配人になっただけです。でも他の人ではまだあまりいません。なので、えっ、指原さんと同じことが私にできるかなって思いました(笑)。それでプレッシャーを感じています。

それから支配人になれたからには支配人を頑張りたいですが、最高に不安に思っています。

新支配人としてどんな準備をしていますか?

お~(笑)、実は支配人の仕事はどんなことをするのかまだあまり分かっていません。でも現在、オーディションに行って、オーディションを見てもいるところです。

でもJobさんとは同じではないと思うんです。と言うのはJobさんは支配人だけですよね。でも私はメンバー兼支配人。だからメンバーのそばにいられる。実は支配人とは話しづらいんです。大人と子供(の立場の違い)だからですよね。支配人とあまり話せていないと思うんです。でも私はメンバーでもあるので、メンバー達は私と話しやすいはずです。一緒にずっといられてそばにいられます。

CGM48メンバー選抜基準にはどんなものがありますか?

アイドルが好きなスタイルの人が欲しいです。それから笑顔が好きで、それから忍耐強く努力をできる人、それに一生懸命な人。

と言うのは、今考えているのは、CGM48はダンスレッスンと歌のレッスンがBNK48よりハードになるはずです(笑)。なので努力をできる人が欲しいです。

莉奈の考えでのCGM48のコンセプトは?

CGM48のコンセプトは、パフォーマンスが素晴らしいチームです。と言うのは、BNK48はバラエティーのチームのように思うんですが、実際にはアイドルにはパフォーマンスが一番大事です。なのでCGM48にパフォーマンスを素晴らしくさせたいです。アイドルのスタイルだけどパフォーマンスが力強くて幸せを表現できる。そしてみなさんに私達を見ることで幸せになって楽しんでもらって、CGM48を応援したい気持ちになってもらいたいです。

北タイ方言を話せますか?

方言はまだあまり話せません(笑)。でも「こんにちは」「私は莉奈です。よろしくお願いします」(※いずれも北タイ方言で)だけは(話せます)。

それからタイのTVドラマを最近見ています。『グリン・ガーサローン』は北タイ方言を使っていて、実はあまり理解できないんですが(笑)、見て北タイ方言を練習しています。なので最近はドラマをよく見ています。

最後に何か言いたいことはありますか?

今オーディションが行われているところです。私にとってはチェンマイにもBNK48を応援している人がとても沢山いると思っています。なのでCGM48という新しいアイドル・チームがチェンマイにできる機会を得られて嬉しく思います。みなさんにCGM48に興味を持っていただきたいです。デビューがいつかまだ分かりませんが(笑)、それに曲が何かも分かりませんが、私自身も楽しみに待っています。なのでみなさん、CGM48の応援をよろしくお願いしますね。ありがとうございました。