BNK48の1期生Kaew(ゲーウ)が8月20日から1か月間、謹慎処分を受けることになったと8月19日、BNK48公式Facebookで告知がありました。




全文を訳します。

評決委員会からの重要告知

2019年8月19日

BNK48 Kaewに対する決定の件

今現在マスコミおよびSNS上で言及されているKaewの出来事により、委員会はKaewと青少年および社会への模範として不適切な点を話した上で、BNK48の全ての仕事及び活動をSNSを含めて停職させる決定を下した。期間は1か月であり、2019年8月20日から効力が生じ、2019年9月20日までである。このことにつき9月7日の「BNK48スポーツデー」イベントへの不参加も含み、ピンク・チームのリーダーをPunに委ねることとする。また告知済みの8月25日の劇場公演に出演せず、後日改めてお知らせする代わりに出演するメンバーの変更告知をお待ちいただくようお願いする。

よって告知する。
BNK48評決委員会

 

「マスコミおよびSNS上で言及されているKaewの出来事」とは、ツイッター上で8月18日で日付指定した上で「#KaewBNK48」で検索していただければ分かりますが、Kaewが身に着けている服、靴、カバン、腕時計といった高級ブランド品がニセモノ、つまり商標権侵害のコピー商品ではないかという疑惑と批判が起きた件だと思われます。

今回処分が下されたということは、SNS上で批判されていたことは本当だったということなのでしょう。

Kaewはいつの頃からか「金持ち」のイメージが定着したために、本人はそのイメージを守ろうと無茶をしてしまったのかもしれません。BNK48全メンバーの中で最年長とはいえまだ25歳。まだ意識の上で子供な面があったのかもしれません。

しかしファンの間からはKaewの魅力は見識の高さとピアノの腕前など違うところにあって、金持ちだからファンになったなんて言う人はいないはずという声が多く聞かれます。Kaewも今回騒動になったお陰で金持ちのフリを止めることができるのでもしかしたら内心安堵している面もあるかもしれませんね。

今後はぜひ背伸びし過ぎずに本来の魅力を発揮することで活躍していってほしいものです。

Kaewは処分の告知を受けて、Facebookとインスタグラムに投稿をしました。

文面を訳します。

この2-3日SNSで騒がれている出来事について、私はこの機会に運営、先生、メンバーのみんな、家族、ファンからいつも私を愛して私を応援してくださるみなさんまでをがっかりさせ、気分を害させ、悲しませたことをみなさんに謝罪します。今回のお手本としてよくない行いを、私は認め、このようなことが起きたことを非常に残念に思います。私は騒ぎが起きてから1秒たりとも幸せを感じていません。

この謹慎の期間中、私は今回の過ちを教訓にして振る舞いを改めることを約束します。そして今回の出来事はあらゆることにもっと慎重になるよういつも留意するようにという私への警告となると思います。私は悲しく思い、私自身を証明するチャンスを私に頂きたく思います。自信は消え失せてしまったかもしれません。私はこれらのことをもう一度築きます。

私に送っていただいた全ての応援に感謝します。私は承知し、みなさんに心から感謝します。そして私は考えも精神面も成長して強い私になります。一生懸命に仕事をして、能力を伸ばし、同時に前進していきます。私を愛するみなさんが私のそばにこんなふうにいつもこれからもずっと一緒にいながらです。

私の心からの感謝と謝罪を込めて
Kaew BNK48

 

と言うことです。1ヶ月後、元気に強くなって復帰するKaewを楽しみに待っていましょう!