BNK48を2018年10月末で卒業したMaysa(メイサー)が7月23日夜、ソロデビュー曲となる『努力が足りない??』(พยายามไม่พอ?? feat. Tomo パヤーヤーム・マイポー??)のMVをYouTubeで公開しました。




 

 

このソロ・デビュー曲には、タイトルからしてBNK48在籍時にファンや運営から言われ続けたであろう言葉への返答の意味合いが込められている気がします。

歌詞を出だしから少し訳してみると、

私は努力が足りないのか それとも私はあなたの愛に合ってないのか
もし私が努力を十分にしたら 私はあなたに願う come back to me
そしてずっと素敵に愛し合うことを

誰もが私を努力していないと見るかもしれない
それか何であれ 人は私がどれだけ傷ついているかを知らない
誰も間違っていない あなたがわかってくれている(それか わかってくれる)ことを願う
I hope you’ll be fine..
Tomorrow it’s gonna be alright..

となります。

最後の一節は

あなたの心の中には沢山の質問があるかもしれない
なぜ別れたのか なぜ私は行かなければならなかったのか
あなたは誰も責める必要が全然ない
だって私達がお互いに良く知っている なんてことはきっと無理だから

で終わっています。

 

Maysaの課題だった歌唱力は、聴けるレベルに仕上がっていますね。

 

BNK48メンバーには卒業後の一定期間は歌手活動ができない契約があるものと推測されます。既に卒業した6人のうち、4人が卒業後に曲を出しています。

元運営がプロデュースを手掛けているJan(Jan Chan)とBNK48 OFFICEに籍を置いたままのかたちでソロ活動をしているCan(Can Nayika)は別として、Cincinは2017年11月末卒業で8か月後の2018年7月にカバー曲のMVをリリースしています。

今回のMaysaは2018年10月末卒業で9か月後のソロ・デビュー曲リリース。

歌手活動禁止期間は6~8か月なのでしょうかね。それとも2人とも奇しくも同じ7月末にリリースしているのは何か関係があるのでしょうか。

 

いずれにしても、どのメンバーにも卒業後はぜひ伸び伸びと自分の望むかたちで活動をしてほしいものです。
Maysaもいよいよ本格的にソロ活動を開始するのかもしれません。今後を楽しみにしていましょう!