BNK48のJib(ジップ)と言えば、今年のタイフェスティバル(5月12-13日)のBNK48ステージで日本人の間で人気となったことが記憶に新しいですね。

 


(出典:BNK48 タイフェスティバル2019 出演1日目

7月4日が17歳の誕生日だったJibの生誕祭公演が7月14日(日)17:00からBNK48劇場でありました。
筆者は当選して観ることができましたのでレポートいたします。





(出典:BNK48公式Facebook

出演メンバーは、Jennis / Jib / Mobile / Music / Namsai / Satchan / Nink / Fifa / Maira / Minmin / Niky / Pakwan / Panda / Ratah / Stang / View の16人だったのですが、直前になり1人のメンバー交代が発表されました。

 


(出典:BNK48公式Facebook

健康上の問題によりNinkからPunに変更になりました。

 

16:00から入場が開始。

 

 

すると入場ゲート前にJibのファングループが集まり入場者に物を渡し始めました。

 

 

ファングループ特製の生誕祭記念生写真と祝福するためのグッズでした。

右上の紙には段取りが説明されています。

  1. 『青空のそばにいて』が終わったらアンコールを叫ぶ。
    ・「スッチャヤー」(※本名)と先導して叫ぶ人
    ・それに応えて「JIb Jib」とJIbが出てくるまで叫ぶ人
    ※水色のサイリウムはJibが出てきた後で折ってくださいね。
  2. 水色のサイリウムとJibバースデーの紙を『涙サプライズ』の間に掲げて、ケーキのロウソクの火を消すまで続ける。
    ・みなさんは「Happy 17 Jib’s Day」の紙を掲げてJibの方に向ける。

※紙とサイリウムを掲げるのは胸の高さで十分ですよー。後ろのみなさんの邪魔にならないためですよ。

みなさんどうもありがとうございます~。

 

公演の内容を筆者の記憶とSNSに投稿された観た人のレポートを総合して書きます。

 

公演開始前に流れる注意事項アナウンスの声の主は、もちろんこの公演の主役Jibでした。可愛い声でJibらしさが出ているなかなかいいアナウンスでした。

 

M001:Partyが始まるよ
Fifaが中央に立って始まったように記憶しています。

M002:Dear my teacher

M003:毒リンゴを食べさせて

MC
Jibから「今回は私の生誕祭公演です。みなさん、このステージを楽しんで幸せになってくださいね!」と挨拶がありました。

各メンバーの自己紹介ではJibの名(小鳥の「チュンチュン」という鳴き声の意味)にちなんで、「鳥の名は何? 鳥の名は何? 鳥の名は○○」と言ってから何かポーズを取ることにしようとPunが提案。みんなは従って恥ずかしがりながらポーズを取っていました。

最初に指名されたNikyは堂々とセクシーなポーズを取り、メンバーにあんたいったい何歳なの?とツッコまれていました。Nikyは最年少とは思えないほど自信と貫録を持っていてタダモノではないオーラを放っていますね。

一方Viewは恥ずかしがってポーズを取れず、Punが「今誰も見えなかったの? 凄いポーズを取ったんだよ」とフォローしていました。自信を持つようになるまでには暫く時間がかかりそうです。

M004:スカート、ひらり

M005:クラスメイト

M006:あなたとクリスマスイブ
JibとFifaのユニットでした。2人ともグループ屈指の歌唱力を誇るだけあって素晴らしい歌声を披露。筆者はこの回で最も感銘を受けました。

M007:キスはだめよ
ファンが「金の鎧」と呼ぶコスチューム姿で登場したのは、Jennis, Music, あと1人は記憶が不確かで申し訳ありませんがMinminだった気がします。

M008:星の温度
最初に1人で登場したPunが出だしの歌詞を忘れて沈黙が数秒続くというハプニング発生。後のMCでPunは観客が歌ってくれたので歌詞を思い出せたと語っていました(笑)。

MC
『ジャーバージャ』でどの部分の振り付けが好きかという話題に。Namsaiが中心にMCを進行し、Mobileが時折茶々を入れて盛り上がりました。そして動画応募キャンペーンの話になって、動画に必要な部分の振り付けを実演して観客に教えました。

そしてJibに感動した話に。MusicはJibの歌のエネルギーに言及。Mobileは目の力を「見つめたら鏡が割れる」ほどと形容して笑いを誘っていました。インナー(感情を込める度合い)も凄いとの話になってその例として『スカート、ひらり』のサビの部分を披露してよというリクエストにこたえてJibがあのターンをする振り付けの部分を披露しました。

また『星の温度』を少し歌って披露し、Namsaiから「素晴らしい。ソロコンサートをやったら?」との言葉が飛び出して、観客から「やって!」との大きな歓声が上がりました。

さらにMobileが、Jibが寮で毎日歌っているKam The Starの歌『大きな不幸』(มหันตภัย マハンタパイ)をPupeがこれ以上素敵な歌声はないと褒めているという秘密を明かしたことから、Jibがこの歌をアカペラで感情を込めてしみじみと歌い、Namsaiが涙していました。とても素晴らしかったです。

 

M009:桜の花びらたち

MC

M010:青空のそばにいて

ここで一旦終了。すぐにファングループ配布の紙のとおり、「スッチャヤー!」「Jib Jib!」のアンコールの掛け声が起こりました。そしてメンバー再登場。少し挨拶があってから…

EN01:BNK48

EN02:スカート、ひらり

MC
Pandaが2曲の曲名紹介をしてから少しMCをして、JIbが次の曲スタートの掛け声をしました。

EN03ジャーバージャ
バックのスクリーンに映し出された動画は7月5日の初披露イベントで映し出されたものと同じでした。7月13日のウドンタニーでのTOYOTAイベントでも同じ動画が流れたので、今後『ジャーバージャ』披露の際には基本的に必ず映し出されるものと思われます。

この曲は各メンバーの「インナー」の度合いがパフォーマンスに如実に表れる曲ですね。さっちゃんや2期生の数人はもっと本気になったら良くなると思います。

 

ケーキ登場
『涙サプライズ』が流れる中でバースデーケーキが登場。観客も一緒に歌い、例の「Happy 17 Jib’s Day」の紙を掲げました、そしてJibがロウソクの火を吹き消しました。

NamsaiがNamneungからの手紙を代読。「人生は植物と同じ。出来事の中には自分を強くする肥しになるものもある」とのフレーズにみんなが感心していました。

そしてステージ上でJibにスピーチをするメンバーはNamsaiとMusicが希望してジャンケンをしたもののあいこに何度もなったために2人ですることになったということで、まずはNmsaiがスピーチ。

Namsaiは、当初選抜に選ばれなかったメンバーだけを集めたクラスに一緒にいて、Jibは歌が素晴らしいのに前に出て歌う機会がないのは恥ずかしがり屋で自信がないからかなとも思ったが、歌が素晴らしいので、歌を歌った動画をインスタグラムに投稿するようにとアドバイス。またJibとKornがステージで初めて『あなたとクリスマスイブ』を歌った際に、KornはJibが立派にステージをこなしたことに感銘を受けてステージ裏で大泣きしていたという秘話も披露しました。

続いてMusicが語りました。Jibは考えすぎる人だけど、弱くなくて自分が思っているより芯が強い人だ。大丈夫とは言っても本当は心の中ではそうではないのを知っている。もっと口に出してほしい。私達には言うこともあるけど、ファンには言わない。ファンも心配しているんだから。最近学業のためなのかあまり寝ていないみたいだけど、乗り越えられるから頑張って。さっきの『大きな不幸』のように今では成長して、何を言っても運営に聞いてもらえないなんてことはなくなった。選抜メンバーにもなりえる。一緒に頑張っていこうね。

Musicは正直に言ってインタビューなどでの受け答えが微妙に的外れだったり勢いでケムに巻いたりしてトークがイマイチな印象だったのですが、このスピーチは素晴らしかったです。このステージで誰よりも心に響き感動しました。SNS上でも同じように思った観客の感想を多く見かけます。

 

Nansaiからファンに対して一言と促されたJibは、あまり話すことはないし話し下手だから「目を見れば心がわかる」ってことで、と前置きして応援に感謝の言葉を述べました。

そしてメンバーに対しては「今日は私の生誕祭公演だから言いたいことを言える」と恐ろしいことを言ってから、まずは2期生に対してということで「話し下手な私をお喋りに誘ってくれてありがとう。もし不愉快な思いをさせる対応をしていたらごめんなさい」と話したところで泣き出してしまいました。

2期生に対してだけではなく、今まで心に溜めていた様々な思いが一気にあふれ出して感情を抑えられなくなってしまったのでしょう。

すかさず同じ寮に住むRatahが「Jibも洗剤を貸してくれてありがとう」と応えて、笑いに包まれました。

Jibが泣いたのは、2017年のKitCat卒業発表と今年の選抜総選挙ランクインのコメントの際の2回しか今までになかったのだそうです。今回で3回目ですね。

Jibは大声で歌っていてごめんなさい。でも最近は自信がないからあまり大きな声で歌っていない、と語って壁が薄い寮で他のメンバーの迷惑になることを気にかけている様子も見せていました。

そこでJennisは防音の発泡スチロール?を部屋の壁に貼るといい、ファンがプレゼントしてあげたら一番いい誕生日プレゼントになるというようなことを言っていました。

 

EN04:桜の花びらたち

MC
最後にJibから「ここに入ることのできた運のいいみなさん、今日はありがとうございました」と感謝の言葉を言って、メンバーが1列になって手をつなぎ一旦後ろに下がってから前に出ておじぎをするAKB48と同じ挨拶をして終演となりました。

 

メンバーらが帰る際には大勢のファンが出待ちをしていたのですが、Jibのファングループが集まってJibを祝福していました。

 

 

筆者のいた位置からあまり見えなかったのですが、バースデーケーキを用意して祝ったようですね。

 

 

ファングループの前から離れて歩いていくと…

 

 

その先ではこの日13:00の公演が同じく生誕祭公演だったJennisのファングループがJennisにお祝いをしていました。ちょうどロウソクに火が灯ったケーキが登場したところ。Jibは気を使ってしばし立ち止まって待っていました。

 

 

そしてJennisの後ろから顔を出して…

 

 

帰っていきました。

 

筆者は生誕祭公演を初めて観たのですが、普段の公演よりもメンバーの人柄が良く分かっていいものですね。時間も通常の公演が2時間前後のところを2時間20分と若干長めでした。