CGM48に関する記者発表イベントが7月10日(水)19:00(タイ時間)からセントラル・ワールドプラザの SF World Cinema で開催されました。

このイベントにはメディア関係者の他、事前にCGM48公式facebookで申し込んだ400人のみが入場できました。

1期生オーディションの応募受付締め切りが7月15日とまだ先のことから、いったい何を発表するのかと憶測を呼んでいましたが、前日から噂が立ち始めていたとおり、BNK48からCGM48への移籍メンバー2名の発表がありました。

その2名は、伊豆田莉奈(23)とAom(23)です。
伊豆田莉奈はCGM48の支配人に、Aomはキャプテンになります。

イベントはBNK48 OFFICEジラットCEOのスピーチで進みました。順に話の内容をお伝えします。




チェンマイ県を選んだ理由

  1. ファンのトレンド
  2. BNK48と異なる文化
  3. 人口が北タイで1位、タイ全国で4位
  4. 自然が豊かでCGM48のロゴの由来となった。
  • CGM48ロゴの緑はミントの葉に由来。

 

  • 映画『Thi Baan』は年末にSF CINEMA系で公開。

 

CGM48オーディション応募者数は現時点で3,500人。外国人応募者もあり。

 

劇場、トレーニングセンター、Digital Live Studio、CGM48 Cafe、寮を設ける。

 

そして…、

1期生から伊豆田莉奈が支配人として、2期生からAomがキャプテンとしてCGM48へ移籍することが発表されました。

伊豆田莉奈は「最初は嬉しくてそれからとても驚きました。そしてこの話が一番心配でいました。でも私はこのような大きなチャンスはもうないと思ったので、この大事なチャンスを受けたいと思いました」「とても嬉しい。緊張するし、手が震えている」と感想を語りました。

チェンマイ出身のAomは「今この時にとても緊張しています。手以上に心が震えている。それから光栄に思います。とても光栄です」と答えました。

また伊豆田莉奈は支配人になる話を聞いた時の感想を「驚きました。アイドルを9年やってきたけど支配人になったことがないからです。でもJOBさんとTOMさん(ジラットCEO)は失敗してもいいと言いました(笑)。もし失敗したらファンに助けていただきたいです」とも語り、自らの座右の銘でもある「できないという言葉はない。やらなければいけない」を口にしました。

 

「伊豆田莉奈とAomはまだBNK48の活動に参加する」とも述べられたようです。この意味するところが今一つはっきりしません。また将来的にCGM48とBNK48は合同での活動も行うとのことです。

 

CGM48でのAomのキャプテン就任と伊豆田莉奈の支配人就任の発表の際の動画がこちらで見られます。

なお豆知識になりますが、国内48グループの支配人と言えば「劇場支配人」ですが、BNK48の支配人は「グループ支配人」です(某新聞が間違えていましたが)。したがって伊豆田莉奈が務める支配人もCGM48の「グループ支配人」になります。

 

イベント終了1時間後にオフィシャルが動画を公開するとのことです。

 

以上でイベントは終了でした。

 

(追記:2019年7月10日)

その後、予告どおりに動画が公開されました。

伊豆田莉奈とAomのCGM48移籍が発表されるところ(27:56)で頭出ししてあります。

 

なお、CGM48をはじめとしたBNK48 OFFICEの今後の戦略について、BrickinfoTV.comの記事『「BNK48」が1憶バーツ以上を投資し地方マーケットを攻め地盤を拡大。初のモデルとなる女性アイドルグループ「CGN48」を披露へ』で少し様子を窺い知ることができます。

上の内容と重複する点もありますが日本語に要約して箇条書きにすると次のとおりです。

  • 各中心都市で48グループを展開へ。例えば将来的にイサーン地方、南タイ、その他の県。
  • チェンマイを選んだ理由は、頻繁に訪れる機会があり、強固なファン層が存在し成長率が好調だったため。
  • BNK48と同じくメンバー寮、レッスン場、劇場、Digital Live Studio、Cafe、ショップを設置。
  • CGM48には最低1億バーツを投資。
  • CGM48ではBNK48と同じ曲を極力出さない。例外は48グループのグループ歌。(『BNK48』のCGM48版のことか?)
  • CGM48は当初20~30人でスタート。
  • BNK48の毎月の経費は4千万バーツ。
  • CGM48ではBNK48と似た運営をする。物販、アプリを通したライブ配信、スポンサー。
  • BNK48の現在の売上比率は、商品50%、オンライン25%、スポンサー25%。
  • 今後オンラインが伸び、今年の成長率は15%になる見込み。

 

イベント終了後CGM48の公式インスタグラムとツイッターに投稿がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CGM48 Captain & CGM48 Shihainin~ #CGM48

CGM48Officialさん(@cgm48official)がシェアした投稿 –

(伊豆田莉奈(右)とAom)

 

ツイッターの文面を訳すと

CGM48初の2人のメンバー初披露。
いずりな(メンバー + グループ支配人)と
Aom(メンバー + キャプテン)

ということで、2人ともメンバーでもあることが判明しました。

 

なんとなくBNK48もそうですが、CGM48ではとくにオンラインでの展開に力を入れていきそうな気がしますね。このような運営戦略の中で伊豆田莉奈とAomは経験を生かした即戦力と統率力で活躍してくれることでしょう。