BNK48 6thシングル『Beginner』握手会7月の回の2日目が7月7日(日)、Bitec Bangna Hall 106-107で開催されました。

この日はメンバー51人のうち37人が握手会に参加しました。

念のため7日のタイムテーブルを掲載しておきます。




怪我をしたOrnと体調不良のNewは前日に続き今回も不参加でした。また体調不良のKaewは途中の部からの参加となりました。

そのためもあってか前日以上に参加したファンの人数が少なく、何回も折り返す列は筆者が見た限りでは見当たりませんでした。

その代わりにメンバーに定型メッセージを話してもらって自分のスマホで動画撮影できる「1ショット動画撮影」が人気で、必要な握手券3枚を入手するためにトレーディングゾーンで買い求めるファンの姿が多く見られました。

しかし需要が高いと値段が吊り上がるもの。握手券の取引価格は420~550バーツと高騰していました。『BNK Festival』握手会では150バーツで売られているのも見かけたにもかかわらずにです。運営の新たな試みが大当たりしましたね。次回のシングルの売り上げ枚数にも影響するでしょう。

なお、1ショット撮影の定型フレーズは前日と全く同じものでした。

 

では当日気になったメンバーをBNK48公式Facebookが投稿したメンバーのこの日の出で立ちの写真と共に紹介していきます。

 

Oom

Oomと書いてウムと読みます。2期生の彼女は最近になってようやく人気が出てきました。1期生で例えればOrnやNamneungぐらいの人気の位置まで上がっています。ライブ配信で見せる意外とツンデレなキャラや可愛い仕草がアイドルの素質を感じさせます。5日にICONSIAMであった『ジャーバージャ』初披露イベントでは一部のコーナーで司会を務め見事なトークで新たな魅力を見せていました。

筆者が握手をした際にはタイ語をゆっくり話してくれた上に日本語もカタコトで話す気配りもしてくれました。彼女はまだまだ伸びると思います。

 

大久保美織

このルックスに驚いたファンは少なくなかったようです。今までほとんどこのようなガーリーな服装をしたことがなかったからです。タイ人ファンは基本的に女性らしい服装を好むので今回のイメチェンは大成功だったと思います。背中も大きく開いていてビックリしました。

握手のテーブル脇には七夕にちなんで短冊の付いた竹が飾られていたところも日本人らしさを出していて良かったです。

チャレンジしていていいですね。ファンや周囲の人から色々とアドバイスがあるかと思いますが、他の人気メンバーがなぜ人気なのかを研究して自分流に応用するのが一番だと思います。タイ人がアイドルに求めるのは男女ともに「憧れの女性像」です。頼れる存在で頭が良くリーダーシップがあり何でもできる…。そのためには自信を持っている姿がまず不可欠。ぜひ自信を持ってほしいものです ^^

 

伊豆田莉奈

センターを務める『Reborn』の初披露があったばかりだったことから、「おめでとう」とお祝いの言葉をかけに来るファンが多かったようです。時間をかけてファン1人1人と笑顔で話をする姿が好印象でした。彼女の満面の笑みに接すると幸福感と安心感を得られるから不思議です。ぜひ一度握手に行ってみてください。

最近の2期生の人気の底上げは、伊豆田莉奈のお陰という側面がかなりあるように感じています。

 

View

 

意外と美人な彼女は、長身なことも相まって会場で目立っていました。トークがやや苦手なようですが、人気はじわじわ上がってきています。今後自信が出てくれば大化けするかもしれません。楽しみな一人です。

 

Cherprang

前日に続き1ショット撮影で大人気だったCherprang。やっぱり親しみやすくなりましたよね。肩の力が抜けていい感じです。特別回の後の挨拶の際には大勢のファンがCherprangが来るのを待っていました。

 

Jaa

着物?姿で握手会に登場したJaaは、レーンに日本人の姿がちらほら見られました。握手を終えて帰ってきたところでファングループが特製グッズをテーブル上に広げて配布しているのですが、Jaaのテーブルには、ファングループの一員として日本人の姿もありました。さっちゃんの日タイハーフ姉妹を除けば、おそらくBN48史上初だと思います。

 

Mind

Mindについては何といってもこの「幼稚園」Tシャツがいい味を出していました(笑)。彼女のライブ配信は最近面白くなりましたね。わりと「我が道を行く」タイプの彼女ですが、経験を積むに従い段々良い方向へ向かっているようです。

 

Mobile

7月9日が17歳の誕生日ということで、彼女のレーンは彼女のバースデーTシャツのピンク色で溢れていました。ここ最近急にトークが上手になった彼女、握手でも彼女の方から話を振ってくれることが多くなりました。背も伸びましたし、すっかり成長しましたね。

特別回の後のメンバー総出での挨拶の際には、ファングループがサプライズでMobileの17歳の誕生日を祝いました。その様子は支配人JOBさんのインスタグラムに動画で投稿されています。

この投稿の3つ目がその動画です。「>」を2回クリックしてご覧ください。

 

その特別回の後のメンバー総出での挨拶の時に筆者は会場に既にいなかったのですが、どうやらサプライズ発表はなかったようです。珍しいですね。

 

握手会は一時に比べてかなり空いて握手が楽になりました。ホールEH106-107で開催の回の場合には、事前に握手券を入手できていなくても、ホール106(入場に握手券チェックなし)のファン同士がグッズを売買するトレーディングゾーンで握手券を購入すれば、ホール107での握手会に参加が可能です。タイへの観光旅行がBNK48の握手会日程に重なりましたら、ぜひBNK48握手会を体験しに行ってみてください。