BNK48 2期生のWeeが映画『MOTHER GAMER』に出演することが3月20日(水)、公式に発表されました。
20日朝には映画撮影の無事を祈願する式典が開かれ、Weeも参列しています。

 

 

『MOTHER GAMER』は同じBNK48 2期生のMewnichが主演し4月4日に公開される映画『SisterS サイアムのグラスー』と同じサハモンコン・フィルムの製作です。
また監督はOrnが出演した映画『App War』と同じYanyong Kuruaungkoul氏。

e-Sportsをテーマにした若者向けのアクションありドタバタありの映画とのことです。

メインの出演者は次の3人のようです。

 

中央がWee。
左は大ヒットした学園ドラマ『HORMONES』にも出演したTonhon。
右は男性アイドルクループ「NINE BY NINE』メンバーのThirdです。

 

Weeはマプラーンという名の女の子を演じます。
この動画でのWeeの話によると、両親からゲームをすることを応援されている女の子の役柄だそうです。

オンラインゲーム好きのWeeにピッタリの役柄ですね。
でもWeeは実際には自分の両親は真逆(ゲームをすることを良く思っていない)だと語っています。

公開時期はサハモンコン・フィルムのツイートでは「年末」となっていますが、

 

こちらのMajor Groupのツイートでは「8月8日公開」とされていて、どちらが正しいのか不明です。

2月25日のFounder Member向けトークイベントでBNK48 OFFICEのCEOジラット氏が今年は映画・ドラマに力を入れると言っていたとおり、BNK48メンバーが出演する映画とドラマが本当に目白押しですね。