~3月5日(火)のBNK48アプリでのライブ配信から一部を抜粋~

太字部分は日本語での発言です。

Mobile 16歳

時計をちょっと着けさせてね。

こんにちはー。

 

今日はメディア露出に行きますよ。でも髪のセットがまだ終わってない。
今日のルックスはBeginner!!

今日の前髪はどう?

 

今日はMVについても話そう。

その、みんなはアクションを学ばなければならなかった。
みんなに見せるMVのために。

以前私はテコンドーを学んだことがあるんだよ。
教室に通うかたちで。でも真剣ではなかったよ。

人を蹴ったことがある。人を蹴ったらその人に青アザができた。青いのがね。
と言うのは私は強く飛び蹴りしすぎた。それでその人を傷付けた。
性格悪いよ(笑)。

その人は教室に来なくなった。私も怖くて行かなくなった(笑)。

 

(化粧ばっちりだねとのコメントに対して)

そう。だってBeginnerだから少しばっちりにしないと。

 

ああそうだ。それで格闘シーンの撮影で私が声も出しているって噂している人がいるじゃん?
そう、「ウオァアア!」っていう声(笑)。そんな感じのだよ。

あれって感情移入なのよ、みんな。こう叩かれたら、

悲鳴があるもの。「アーー!」って(笑)
叩かれて、叩かれて。それで悲鳴なんだって。

それは実話ですよ、みなさん。

それにヌンチャクの扱い方も習った。
最初に格闘するグループが選ばれたんですよ。
武器なしで格闘するって感じ。

そこでね。私は武器を使うグループになった。
みんなには自分の武器があるの。
私は一人でいて何を選べばいいか分からなかった。
スタッフが何を渡すか分からないって感じでね。

そしたら何を使いたいって聞かれた。
ヌンチャクを使う人は少なく見えたじゃん。
だから私はヌンチャクにしよう。ヌンチャクにしたいとかって。

オーケーということでスタッフが手配してくれた。

最初は全くできませんでしたよ。
自分の頭に当たって、目を打って、ポッポッポッポッって感じ。
でもあまり痛くない。プラスチックだから。
でもやっぱりちょっとばかり痛かった。

歩いて行って扉のところで待っているでしょ。
私は、


(右手でチェーンを振り回す仕草)

何て言うの。振り回す。そう。
そしてこう、ヒュンヒュンってしてたら、自分に当たったんだぜ。
Punさんが後ろにいて私を可笑しがっていた。

自分に当たって笑えるとかって感じ。
カッコ良さが台無しだよ。

ヌンチャクを使ったのは3人じゃないかな。
Natherineさん、Peさん(※Pupe)、それから私。

(歯に当たったかとの質問に対して)

もし当たっていたら歯が残ってないって(笑)。

 

この曲はね、みんな聞いても意味が分からないでしょ?
私も意味が分からなかった一人。
レコーディングが終わった後に「これって何を歌ってるんだ!?」って感じだったのよ。

でもみんな、よく歌詞を見てみると、

その、歌詞がとてもカッコイイ。みなさん。

それから振り付け。
振り付けと歌詞がシンクロしている。

「マン コン トゥン ウェーラー」(時間が来たようだ)もこういうポーズをする。

腕時計を指差す。
でも腕時計はしてないよ。(私が腕時計を)するのは右腕(笑)。

わー! なんでみんな私の車が可笑しいの?
カッコ良く見えるって(笑)。

私が小柄だからかもしれない。
Janeさんの車は大きな車でしょ?
でも私の車はトラクター。ちっちゃいのよ。

それにちょっと古いし。でも馬力はあるよ(笑)。
本当に運転した。スタッフはJaneさんと私の2人に実際に運転させた。
私も一緒に森を突き抜けた。

私が(アクセル)強くねじったから、スタッフが弱くねじるようにと言った。
回して同時にブレーキも握っておくようにって。
そうしないとブーン! ってなる。

私にブレーキも握っておくようにさせた。
そうじゃないと命が危険ですよ(笑)。

急がない急がない。ウイリーしちゃう。ブオォーン!(笑)

とても可笑しい。

難しかったのはギアを変えるところなのよ。
ギアを下げてギアを上げて。
というのは運転したことが全然ない。

でも簡単だった。みんな、簡単だった、よ。かな?

そういうこと。
実際に運転した。Janeさんと。
運転したのは深夜だったよ。あの時午前1時ぐらいだった。2時にもなった。

 

そういうこと。歌う歌詞がカッコ良くていい。みんな、

 

私はSicさん(※Music)が倒れるシーンが好きだよ。

Sicさんは倒れてこういう顔をする。

(笑)。カッコイイよ。カッコイイよ。

 

ああ、私達はKaewさんのMVの話をしよう。

BamBam(※DoubleBam)さんに釣られた。とても可愛い。

Kaewさんが言うには、MVの中でKaewさんは性格が悪い人の役にならなければならなかったんだって。
みんなも理解できてないかもしれないね。ストーリーがどうなのかって。

Kaewさんが語って聞かせてくれたのは、BamさんとKaewさんは昔付き合っていた恋人同士。
そしてカメラマンの男性がKaewさんの今のカレシ。
よく分からない人もいるでしょ? だって私もよく分からなかったから(笑)。

でもKaewさんがあれこれ教えてくれた。
それで、あー、オーケー。そういうことねって。

 

まるでヒゲがあるみたいだよ。

 

MVに使われなかったシーンがある。
ヌンチャクを頭の上で振り回して、下で振り回して、掴んでから振り下ろして叩く。

ぐるぐる回して腕に巻きつける。そして引っ張って、相手が私を叩いたような。
こうなったら(※叩かれた勢いで後ろを向く)、肘打ちをくらわせる。

ここでもう一回。黒服の人にぐるぐる巻きにして、引っ張って、それから(ヌンチャクの)鎖を掴んで首に巻く。
そして下で蹴って、何て言うんだっけ。膝で。相手は倒れ込む。跪くようにしてから寝そべる。
だって私が膝蹴りしたでしょ。それから手でこうする。

パッ!(※両手を合わせて頭の上から振り下ろして叩く仕草)
首の後ろ側に。とても過激。

これは(MVに)出ていない。
でもとてもカッコ良かった。だって過激だったから。
本当は私は首に巻き付けて、首の付け根を叩く。
死ぬことができるでしょ(笑)。

とても可笑しいよ。

 

MV撮影の前に武器を選んだ時にね。みんなはね。武器を手にして、アクションの手順の練習をした。
私の場合、先生が個人指導をした。エキストラさんとペアでじゃない感じで。
本番の日になると、とまどった。え~、どうしたらいいんだ。叩く人がいないしとかって。

スタッフがその場でこうするんだよ、こうするんだよと教えてくれた。
ワーオ。わかりました。やりますとかって感じ。

 

(誰のダンスが一番綺麗かとの質問に対して)

ジョーノーさん(※Jennis)だと思うよ。
と言うのは、ジョーノーさんはね。ウェーブが多くある曲が合ってるから(笑)。
(と言ってフラダンスのように腰をくねらす。)

それにラインが女性に見えるんだよ。ダンスのラインがね。
女性に見える。元々こういうのが得意。

ウェーブがあるダンスで、綺麗な女性、ちょっとセクシーっていう感じのは、ジョーノーさんは得意。

 

車が13時に迎えに来る。迎えに来たらライブ配信はそこまで。
そういうことです。視聴者のみなさま。

最近、朝早起きするのがふつう。
だからライブ配信を一緒にしようと決心した。
だって、みんなが寂しそうだったから。
それに私も寂しかった。あはは(笑)。

 

叩かれるシーンはね。

音(声?)もあるんだよ。
アー! 振り向いて、

んーー!

ヤツを殺せー!

あはは(笑)。

 

私が見える?

私が見える~?

あら! 私、私だよ!(笑)

 

あーう、わたし~
あー!(笑)

その、私は写真もあるよ。歩いて来た時の。
あとでIGにUPしますね。忘れずに私のIGを見てね。

(ここから『Beginner』を歌いながら踊りました。)

 

Weeについて話そう。
昨日日本からのお土産を持ってきてくれた。
何だっけ? 撮ったら捨てることのできるフィルムカメラ。27枚撮りでしょ?
それからチョコレートをくれて、タコ、タコの缶バッジをくれた。
とても可愛い。Weeさんありがとうございます~。

 

バンが来た音が聞こえた。

 

(『Beginner』初披露の日の結んだ髪型がカッコイイとのコメントに対して)

そう~。最初髪を垂らしたままにしようか悩んだ。
でも考え直してみるとね。自分はダンスが軽くはないのよ。
だって、ね(笑)。『RIVER』で三つ編みにしたのも私はダンスが激しいから、髪を結ぶところが欲しいとかって感じだった。

このシングルでは三つ編み、じゃなかった、ポニーテール。

ポニーテールだけど、代わりにここで結わえている。

 

探しやすいヘアスタイルだと褒めてくれた人がいる。ヘアバンドもしていて他のメンバーと違ってていいって。
脚の腿のバンドもある。

撮影の日に頭のアクセサリーを選んで、じゃなくてスタッフが選んでくれたってことだね。
前もってスタッフにヘアバンドが欲しいって話してあったので、最初は、

ここに挟むタイプを考えたんだけど、前髪があって難しそうだから、

こういうタイプのにした。うん。

それで腿のは、私って脚が細いでしょ?
自分を褒めてるし(笑)。
スタッフがまた尋ねに来た。誰か欲しい人はいる?って。
だからこの人は欲しくて手を挙げた。欲しいです! とかって。

頭のアクセサリーは、それぞれのシングルで私のって大きいじゃん。
スタイリストさん、ディウさんが、うん、彼女が言うには「Mobileの(頭の)アクセサリーは大きくないとダメ」だって。
何でもいいから大きくないとって。と言うのは、何て言うのかな、(私は)頭が小さい。

頭が小さい人。
だから何か大きな物が頭の上にあったほうがいい。
だから全部貰っている。
また自分を褒めてる(笑)。

そういうことだよ、みんな。
それでいつもいつも大きな物を付けているんですよ。

 

(「In your position」を言ってほしいとのリクエストに対して)

In your position

Set!!

 

あー! みんな、Jennisさんを茶化そう(笑)。
カメラが円陣の周囲を回るシーンがあるでしょ。
それでカメラがそれぞれのメンバーの

来やがれ、来やがれっていうポーズを映すよね。カメラが動いて行く。
Jennisさんはね。

「ワーッ!!」って言う人(笑)。私達が闘うために。
その、Jennisさんは体調が良くなかったのか分からないけどね。
あの時Kaewさん、Peさん、Tarwaanさんの横にいたんだけど、可笑しいの。

その、私達の円陣があるよね。みんな怖い顔をしている。闘うぞ、闘うぞとかってね。
そしたらJennisさんが口に出したのは「んが~~」(笑)。

声が細いの。可笑しい。「ひゃ~」って感じの声で。
Kaewさんは、わぁ、「お母さ~ん」って走っていくみたいだって(笑)。
とても可笑しかったよ。

声が枯れてた。「みんなー!」
その、みんなが臨戦態勢だった。闘争心で、来なさい、用意はできている。いくぞ。
と言う時にだよ。「来い~」(笑)。みんな。
「お母さ~ん!」(笑)。そんな気分だよ。可笑しかったの~。

 

(叩かれたシーンの撮影は1回でOKだったかとの質問に対して)

私は知らないよ。でも1回目でスタッフはオーケーと言った。オーケーだった。
でもカメラがね。カメラの向きがまだダメなようだった。だから何テイクも撮った。

 

みんな、車が来たよ。運転手さんが待っている。
バンの人がね。
行かないと仕事に遅れるよ。行くね。

バイバーイ!

チュッチュッ。

バイバイ。