NHK BSプレミアムで放送の『AKB48 SHOW!』が2019年3月24日放送分をもって最終回となることが2月21日、AKB48 SHOW! 公式ブログにて告知されました。

公式ブログによれば「音楽だけではなかなか視聴率を取ることが難しくなくなってきて」いて、「音楽は少なめにして、トークを多めに」しないと視聴率が取れない傾向になってきていることが放送終了の大きな理由のようです。

「視聴者が求めているもの、アイドルファンがテレビに求めているのは、トークやバラエティ要素であり、曲よりもアイドルの情報が求められる時代」と現状について語られていて、『AKB48 SHOW!』のようにトークやバラエティ要素も盛り込まれた番組であっても曲をメインに据えた番組の作りでは厳しい時代になったことが窺えるような気がします。

『AKB48 SHOW!』といえば、2017年12月16日の回以来、BNK48が何度も登場しました。最近では2月3日の回にMobileとJKT48 Stefiの『狼とプライド』をBNK48 6thシングル選抜総選挙でMobileが4位にランクインした際の様子も交えて放送してくれました。

BNK48の日本での知名度向上にこの上なく貢献していただけに、番組終了は非常に残念です。

残念に思っているのはファンだけではないようです。BNK48のKaimookが2月22日に自身のfacebookに次の投稿をしました。

日本語訳は次のとおりです。

AKB48 Showが放送を終了するという告知を見た…
とても悲しくて残念😢
この番組はいつか出演する機会が欲しいとずっと憧れていた番組だった。
と言うのは、好きな先輩が何人もこの番組に出演しているのを見て、一層感動したから。
それにメンバーが何人もこの番組に幾度となく出たのを見たからなおさら。一度も選ばれなかったことをちょっと悲しく思う。
だって必ず成長して上手になる、そうすればいつかこの番組に出演する機会をきっともらえると毎日自分自身に言い聞かせていたので。でも今となってはもう可能性がなくなった 

 

Kaimookが可哀想になりますが、今後もBNK48がNHKをはじめ日本のテレビ局の番組に出演するチャンスはまだまだ沢山あるでしょう。いつかKaimookが出演してパフォーマンスを披露できる日が来ることを願っています。