~2月21日(木)のBNK48アプリでのライブ配信から抜粋~

Kaew 24歳

 

こんばんは。もう(ライブ配信のスタートが)できたかな?
こんばんは。ふふふ。寮に帰ってきたばかり。

 

本当は握手会の後からライブ配信をしたかったんだけど、でもなんでしなかったのか覚えてないけど、今日寮に帰ってきてあまり夜遅くなかったから、私に握手に来てくれた人にお礼を言いたいと思いました。

オーケー。2日間、私と握手しに来てくださったみなさんにお礼を言いたいです。
今回人がとっても多かった! こんなに多いとは思わなかった。

新しいファンにも来たことのあるみんな、古いと言うのも変だから(笑)、にも会えて嬉しかったですよ。

来た人にはまた会えることを願っていますよ。
と言うのは、応援をし合うことだから。みんなも私を応援して、私も逆にみんなを応援する。
会えてとても嬉しいですよ。

これからもどこにも行かないことを願ってますよ。

次回も会いましょう、ですよ。どうもありがとうございました。
とても嬉しいですよ~。

それから特別回なんだけど、その、切られたの、とても残念だよ。
(※握手券を複数枚使用して長時間握手ができる特別回ですが、制限時間の21:45に達してそれ以降は1枚のみの使用に制限されました。)

みんなが切られてとても申し訳なく思うよ。

握手券を何枚で来たんですかと私が尋ねた人もいる。
実際にはもし握手券を制限されなかったら、分からないけど、(持っていた)握手券が多いほど私は申し訳なく思う。
みんな何枚で握手したかったのか知りたい。

そういうこと。申し訳ない気持ちでどう言えばいいか分からないけど、握手券を制限されたみなさん、すみませんでした。

次回以降は早めに来てね~。

 

4月(の握手会)もまた会いましょうね。
今後握手会はとっても沢山あるよ。毎月あるって感じで。

私達は職業をアイドルからですね、プロの握手人に変える。
冗談(笑)。

だって握手会がとっても沢山なんだもん。
毎月あるよ。

 

(いつ新しいMVが公開されるのかという質問に対して)

言わなーい。

もう見たくなったんでしょー。

 

握手会の時に50%ぐらいの人が、古い歌を歌った直近のライブ配信が大好きだと言ってきた。
え、私のファンはそんなに歳がいってるのって不思議に思った(笑)。
父の世代が好きな曲。

それで父と同じ世代なんですか?って尋ねたり。

なんで私のファンは古い曲が好きなのかと不思議に思った。
とても沢山いた。だから今日は2-3曲をみんなにお聴かせしたいと思った。
それで父に可愛くて古い、当時人気だった曲のお勧めを尋ねましたよ。

みなさんに弾いてお聴かせしますね。

子供の時に聞いたんだって! そうなの?(笑)

最初の曲は! わあ恥ずかしい。この曲って可笑しいの。歌うのが難しい。
曲名は『ラック・クランレーク』(初恋)ですよ。

スタート!


(『ラック・クランレーク』をピアノを弾きながら歌うKaew。その後あと2曲歌いました。)

 

今日のライブ放送(※BNK48 Digital Live Stuidioからのfacebook LIVE)についてちょっと話しますね。

最初はね。Chara LINE全員が揃うと思っていたんですよ。
(※Chara LINE:年長組。メンバーはKaew, Orn, Tarwaan, Namneung, Noeyの5人)
でも突然で、事前に約束していなかったんです。
スタッフが昨日私に時間があるかと尋ねてきたばかり。

実は私は午後、昼頃に打ち合わせの用事があった。
スタッフは夕方ライブ放送に来られる?って昨日聞いてきたばかり。
だから私は「行けなくていいですか?」って答えた(笑)。

でも一緒に行った人が揃っているようだったから、あ、行ってもいいって。
だから今日はメンバーが4人しかいなかった。

最初話が続くのかなって思った。だって4人だけだからです。
でも結局うまく切り抜けられて、無言の時間はそんなになかったよね。
きっとだいたい大丈夫でしたよね?

今日のライブ放送はそんなにつまらなくはなかった。ですか?

 

実は私、物を先にあげるのが好きではないんですよ。
その、私はそこまでプレゼントを贈るのが好きではないの。

結局私が何も得られないのなら、私はあげていない。

正直に言って(笑)、私は尽くす人っていう感じの性格がいい人ではない。

メンバーの子達に物をあげているのはね、いくらって値踏みしてはいない。
払えないとかってほど高くはないけど、実は私が先に貰っているからにほかならない。だから私はあげている。

私は人付き合いが上手な人ではないですよね。
だから先に私に対して心を開いてくれた人にはね。
私は元々先に心を開かない(笑)。フレンドリーだとかっていうのではない。

だから先に私に対して心を開いてくれるような人は、私が、ああ、貰ったって感じるようなことを先に与えてくれる。
愛や心遣いを本当に貰ったような。たとえばMobileは、私がプレゼントをあげた最初の人ですよね。私には自分の性格が全然良くないなと感じる時期があった。私が悪い、私が悪いとかって自分を責める時期があった。

それで私は泣いた。ほら、話すと泣きそう(笑)。
Mobileは私のところに来て泣きながら、Kaewさんごめんなさいって私に言った。
私は、私ってそんなふうに悪いの? 私はこんなふうに悪いの? 私はそんなにひどいの?とかって質問をしていた。

でもそこで姉妹のようなあの子が私のところにやって来て泣きながら、Kaewさんごめんなさい。私はどう慰めればいいか分からないけど、私はKaewさんと一緒に泣くことはできるよとかって。

Mobileは私と一緒に泣いてくれた。
誰が悪いわけでもないの。私が悪いわけでもない。

私も私が本当に悪いの?って泣いて、Mobileも私のどこが悪いのか分からなくて(笑)、
でも私と一緒に泣いてくれて、こういう人達って、本当に私に何かをくれた人だって感じる。

私は本当に貰っている。その人が食事を私に驕ってくれたことがなくても物を買ってくれたことがなくても気にしない。
でもその人が私に心をくれて、私が感じたのはこれが…。私も心をあげるよ。物だけをあげているわけではなくて。

その、年に一度私があげることができるとことだと感じたからあげた。
値段のことはそんなに考えなかったって。私は元々こんな感じの物を見るのが好きだから、ああ、あの子に使ってほしいって思って、彼女に似合う物を探しただけ。

私がそれぞれの人にあげるプレゼントって、リサーチをするの。

例えばMobileだったら、あれが欲しいと言ったから買うことにしようって。

Punには、あの子に似合う物を探そうと思って、ブランドも商品の形状ももしPunが身に付けたら似合う物を買ってきた。

Pupeは彼女の財布が古くてとても腐っているように見えたから、よし、似た感じで私が支払える値段のブランドの物を探して買ってあげた。

OrnもOrnがこれが欲しいと言ったから。

Tarwaanはね。何を買ってあげようかずっと考えてた。靴を買うのも、Tarwaanは運動、スポーツ用の靴しか履いていないように見える。だから何を買ってあげようか思いつかなかった。それでTarwaanのIGを覗いてみた。彼女がどんな服装をしているのか探そうと思って。そこで少し大きめのサイズの服を探した。Tarwaanが大きめの服が好きで小さめのピッタリした服は好きじゃないから。でも私は好きだけど、小さいのが(笑)。

Tarwaanは大きめの服が好きだったから、着てみて彼女らしさを残せるようなブランドとサイズを探した。

それぞれの人に似合う物を探そうと思っている。
あ、Namneungも。Namneungはファンから貰ったリストバンドをするのが好きなように見えて、Namneung自身も身に付けるのが好きみたい。それで彼女に似合いそうな物を探してあげた。

だからって私は金使いがそんなに激しいとは思っていない。ただ私は、私にくれた人に本当にあげたいと思っている。お互いにお礼を渡し合っているだけ。来年はもうないかもしれない(笑)。だって貧乏だから、です。

それだけ。
あ、話したら長くなった。

 

私は拗ねたらとても無口になるよ。
一方、グループの多くの人達はですね。拗ねるとよく泣く。

私は泣かない。怒るととても怒る。怒鳴る。
ん!

 

(怒ったポーズをしてとのリクエストに対して)

最近あまり怒りませんよ(笑)。

こら!

 

ほら、クイーンちゃん。愛する友達。

 

(Kaewのようにピアノを弾けるようになりたいとの質問に対して)

そのうちに私のところに習いに来ていいですよ。おチビちゃん(笑)。

冗談(笑)。

教室を開いたら習いに来られる。募集する。

 

(後ろにいるのは誰?との質問に対して)

コーギー! 4本足で立っている。挨拶しなさいよ。ハロー(笑)。

 

明日仕事や学校、テスト、色んなことがある人はですね。わあ、ピアノが滑る。
幸運を祈ってますよ。私が応援しています。みんなを応援していると言うのは、本当にそう思っていますよ。
大変なことを一緒に乗り越えたいですよ。

それから私を思い出して元気を貰える人は、何度も思い出せますように~。
というのは私がみんなを思い出すと、私も元気を貰っている。
みなさんに末永く元気を与えていきたいですよ。

健康も大事にしてくださいね。体を丈夫に。私以上に(笑)。

オーケー。お休みを言いに集合。早く!

(可愛いとのコメントに対して)

可愛いなら沢山愛してくださいね~。

バイバーイ。切るよ。
お休みなさい。