(出典:新聞『Thairath』)

 

2月6日、BNK48のCherprang、Mobile、Noeyの3人が所属事務所BNK48 Officeの運営の一人と顧問弁護士と共にテクノロジー犯罪鎮圧局(Technology Crime Suppression Division – TCSD)を訪れ、自身のコラ画像を掲載したtwitterアカウントを告発しました。

 

報道内容に沿って正確に言うと、Cherprangに関しては既に昨年12月6日にコラ動画を掲載したfacebookページを告発し、テクノロジー犯罪鎮圧局がデジタル経済社会省に通告したことでそのfacebookページは閉鎖されましたが、同一人物によるものと思われるtwitterアカウントが新たに作られ、3人の猥褻なコラ画像を投稿したことから告発に踏み切りました。

そのtwitterアカウントがどのような画像を投稿しているのかは、こちらの動画に紹介されています。

 

 

そのtwitterアカウントはこの3人以外のメンバーのコラ動画も多数投稿していることから、残るメンバーについても順次告発を行うと運営は語っています。

Cherprangは分かりませんが、MobileとNoeyが自ら告発しようと動いたとは考えにくく、運営と顧問弁護士が主導して告発したと考えてよいでしょう。

なお当のtwitterアカウント主は、従来BNK48批判を展開するのに使用していたfacebookページは当局に閉鎖されたわけではなく、Namsaiの騒動の際にナチ関係の投稿をしたことからfacebookから閉鎖措置を取られたとツイートしています。

いずれにしても当局の捜査が進んでいる様子が全く見られません。一刻も早い摘発を願っています。