BNK48初の選抜総選挙となった「BNK48 6thシングル選抜総選挙」の開票イベントが1月26日(土)IMPACT ARENAムアントンタニーで開催されました。32~1位の顔ぶれは既にお知らせしましたが、発表時のメンバーのコメントで注目すべきものを抜粋翻訳してご紹介します。

 

32位 Jib

本当はこの前にも発表が2回あって、初回は何位だっけな? 覚えてない(笑)。
1回目が過ぎ、2回目が過ぎて今日に至って、実は誰が何位かと発表する本番の日に私は落ちても悲しまないと密かに考えていた。というのはみんなが全力だったから。それでまだランクインしているとは思いもしなかった。(号泣)
みなさんどうもありがとうございました。

 

26位 Fond

みなさん、どうもありがとうございました。
私は最初の速報を見た時、悲しかったことを認めます。と言うのは自分の順位はもっと高いのではないかとか考えたからです。
でも今一度考えてみると、この順位でもとても嬉しく感じます。
少なくとも私は32人の中に入ることができ、今回の選抜総選挙は自分にとって大事な教訓になりました。
それは意識や考え方など色々な面でです。最初は落ち込みましたけど、時間が経つ中でプラス思考になっていきました。
IGの中に書いたように、私はいつもプラス思考に努め、良いことをまず考えるということは本当でした。
今日結果を見て、私がずっと考えてきたことが私自身に今日のこの結果をもたらしたのだと思いました。
みなさん、ありがとうございました。今後一生懸命頑張ることを約束します。みなさんに私の能力をお見せして、頑張らない、違う(笑)、負けないように頑張ります! ありがとうございました。

 

24位 Jaa

みなさん、どうもありがとうございました。(号泣)
私は心からみなさんに感謝します。みなさんが私のために全力だったことを知っています。
温かさ、応援、それから全てにありがとうございました。
私がここに立っていることは、私一人だけだったらきっと可能性がなかったことを知っています。
私達BNK48チームの仲間のお陰です。それからファンのみなさん、両親、スタッフのみなさんがいてくれたお陰で私はここに立つことができました。
私が今日獲得した順位が最初に期待していた順位でなかったとしても、感謝するとともにとても嬉しく思います。
次回、私は選抜にランクインして倍の順位になることを約束します。みなさん、私を応援してくださいね!
私はギターを演奏してみなさんに聴かせることを約束しますね!
ありがとうございました。

 

21位 伊豆田莉奈

私を応援してくださったみなさん、ありがとうございました。ありがとうございました(最初から号泣)
本当は最初の発表でランクインしなかったので悲しかったし、本当は少し敗北感を感じていました。
でもみなさんが負けないでね、いつも応援している、一緒に頑張ろうねと言ってくれました。
だから私は負けませんでした。だから頑張ってきました。
みなさん、どうもありがとうございました。それからスタッフのみなさんもありがとうございました。
それからメンバーのみんなもありがとうございました。
ありがとうございました。それから言いたいことがあります。BNK48にずっと長くいていいですか?

 

20位 大久保美織

みなさんにどうもありがとうございましたと言いたいです!
本当は私は32人の中にいないと感じていました。握手会の時にもファンがあまりいない(笑)。
だから私は1位になりたいと言っていましたが、本当は、本当はね、私はきっと32人の中に入らないだろうと思っていた。
最初16位で選抜になれた時、そして2回目でも32人の中に入れて19位だった。
そして今、20位になれました。
本当は、センターが日本人、日本人とのハーフね。ハーフだけど日本人(※さっちゃんのこと)で、それから21位が莉奈さんで、莉奈さんの次が私でとても嬉しいです。
でも私は選抜にランクインしたいです。だからどんどん頑張っていきます。
それから頑張ってタイ語も勉強します。
みなさんどうもありがとうございました!

 

17位 さっちゃん

何度も握手会で選抜とセンターのどっちがいいと尋ねてくる人ばかりだったのでほっとしました。
というのは速報で17位になって選抜とセンターのどっちがいいと尋ねてくる人がいた。
私はセンターになりたい。でも私は選抜に入りたいと言わなければならなかった。
だって(笑)、メディアに出たりとかするから私はそう言った(笑)。
みなさんどうもありがとうございました。それからファンのみなさん、それから小さな可愛いプロジェクト「IMPACTで笑顔を見たい」。
みなさんどうもありがとうございました。運営、スタッフの方々、それからどういうふうに感謝すればいいか分からないけど、みなさんどうもありがとうございました。
私は17位、センターの役割を全力で果たすことを約束します。
それからあと一つ、私はIGに1か月投稿します!
みなさんどうもありがとうございました。

 

15位 Kaimook

最初とても怖かった。とても怖くて私には無理と感じた。(号泣)
最初速報が発表された時、私は17位にいた。私はとても悲しかったです。
今まで私はずっとチャンスを頂いてきたように思うからです。
2年間シングルのメイン曲選抜メンバーから落ちたことがなかった。
でもこのシングルに至って、自分自身の中に自信を感じられませんでした。
ファンを悲しませることが怖かったです。
今まで私自身、歌もダンスも頑張ってきました。多くの曲のオーディションで選ばれるよう頑張ってきました。
ファンに私の歌をいつも聴いてほしかったからです。
それからファンのみなさんどうもありがとうございました。
今までの2年間、私は良いこと、それから心に衝撃を与えるともいうべき酷いことに遭ってきました。
でもみなさんはそれでもいつもそばにいてくれた。サポートしてくれて、そして私をこのポジションに押し上げてくれました。
それはみなさんにとっての賞でもありますよ。
みなさん、どうもありがとう。それからこれからも全てのシングルでランクインするよう頑張っていきますね。
一緒に頑張っていきましょうね!
ありがとうございました。

 

13位 Wee

なによりもまず、いつもサポートして私のそばにいてくれたみなさん、どうもありがとうございました。
私は、本当のところ、私は何の結果だっけ? 速報の結果だっけ? 1回目の速報結果が出てから、ん~、ランクインした順位に私は嬉しくはありませんでしたよ。私はとてもプレッシャーでした。というのは私はそこにいるのにまだ相応しくないと感じたからです。
だから今回手にしたもので悲しんでいませんよ。みんなシリアスに受け止めないでね。
普通の女の子に突然、いつもそばにいて応援してくれる人たちが現れたことがとても嬉しいです。
それから私がここに立っていられるなんて思いもしなかった。
んー。(泣くのを我慢)
BNKに入ってから良いことも悪いことも多くの出来事に遭ってきたことを認めます。
挫折感を味わった出来事もあった。そしてここにいるのは間違いなのではないかとか、ここは私の居場所ではないとも思った。
私自身が過ちを犯した出来事もあって、一部の人達が私をもう一つの方向で見た。
そういう人達は私のファンたちや、BNKメンバーまで同じように見た。
そういう人達の見方に…。(号泣)私は悲しく思い、もし私がしたことでみなさんが悪く見るなら再度謝ります。
うーい、バカ。(※筆者注:人前で泣くのが嫌いなのに泣いた自分に対しての発言です。)

でも乗り越えられました。私は強いウィーラヤー(※本名)に必ずなりますね。
それから最後に言いたいことは、みなさんがいなければ私はここにいない。それから私は全力で頑張ります。
みなさんが私にしてくださったことにお礼を言いたいです。ありがとうございました。
よろしくお願いしますね。

 

12位 Pupe

何よりもまず、ズームを遠くにしていただいていいですか?(笑)
みなさんにとても感謝しています。
んー、以前、最近インタビューがあった。質問されたのは、選抜のポジションは重要だと思うか?
私は、最初のうちは重要だったと答えた。と言うのは最近では私は選抜にずっと入っているけど…、多くの人が見るのはトップメンバーだけに興味を持って好きになる。それからアンダーガールズに同情する。でも中レベルにいる人(笑)。(※涙ぐむ)
それってたいていいつも忘れられがち(笑)。

それでも私はやっぱり欲しい。私にも欲しい理由が分からないけど、今朝のコンサートで選抜のポジションは私にステージ上により長く立たせるものなのだと知った。
私の愛することをすることができて、歌えて、踊れて、それからみんなの顔を見れて、みんなが投げかけてくれる笑顔を見れる。それってとっても幸せなこと。

それから私をいつも忘ずにいてくれるグループについて話したい。どのファングループにいるとしても(笑)。このイベントで力と心を合わせてくれたみなさん、ありがとうございました。
その、私のファンはあまり多くなくて、お金も沢山はないことを知っている。でもみんなはスイーツを我慢して、様々なものを我慢して、その分を私にくれた。決して少ない金額ではない。万や十万費やした人もいる。
今回選抜にランクインしたことより私が嬉しいのは、私が愛して私を愛する人みんなが団結する姿を見ることができたことです(笑)。
一つ一つは小さくても沢山集めて輝きを送ってくれてありがとございました。明るく眩しくて、スポットライトに引けを取りません。

それからあと一つで最後だよ。ずっと言いたくていつ言えばいいか考えてきたことは…、
私はみんなが最高に大好きです! ありがとうございましたーー!!

 

10位 Namneung

初日から今日までずっと私を応援してきてくださったみなさん、どうもありがとうございました。例え初日は私とともに歩んでくれた人が多くはなかったとしても、それはこれほどまでに一緒に歩いてくれている今とはと比べようがありません。
最初のシングルから私は選抜の後列にずっといました。水槽(※BNK48 Digital Live Studio)に行ってもイベントに出てもどこに行っても自信がなかった。でも今日はみなさんからの歓声をありがとうございます。お陰で私は自信を一層持つことができました。みなさん、どうもありがとうございます。とくに私の女性ファンのみなさんも(笑)。スレッドを立てられてウザイとか何とか罵られたとしても、あなた方の声に嫌な思いをしたことはまったくないですよ。
それに私はいつもカッコイイ姿というわけではなくて、姉貴の姿だったりもするけど、いつも一緒にいてくれてありがとうございます。
与えてくださった10位、ありがとうございます。私はそれを全力で果たします。それとこの先、私はこれ以上に上がって見せます。ありがとうございました。

 

9位 Pun

みなさん、どうもありがとうございました。みなさんがきっと大変だったことを私は知っています。
本当は…、私のファンの大勢がこのイベントに気を揉んでいるだろうということを私も分かっていました。
と言うのは、心が辛くなる言葉を投げられていたからです。私のfacebookを読むとみんなは私のために全力で頑張っていて、それからいつも私のそばにいてくれてありがとうございます。

今日…、本当は、以前総選挙で私はどこにいてもいいと言ったことがある。そうですよね。
本当は最初の速報発表日に私が7位になると、内心で私はそれでOKだった。でも多くの人が、いや、私にもっと上に行ってほしいって感じたと思う。

2回目で私は8位になって、多くの人が握手に来て様々な応援をしてくれた。最初握手の時私は泣いていなかったけど、みんな来て泣いていたものだから私は、ああ、トレーニングで泣いてみた。違うって。

どうして欲しいのかとかどう感じるのかを言ったほうがいいよと言う人もいた。だから私は、うん、本当に驚いた。自分の名前が7位で発表されるとは考えてもいなかったってその時書いた。

それから今日、私は9位を頂いて、みなさんにとても感謝したいです。悲しまないでね。
私はこれでも十分だと思っている。私のそばにいてくれているみなさん、本当にありがとうございました。
それから今後私は全力で頑張ります。
これは選抜総選挙の順位だけだもんね(笑)。そう、これからも様々なランク付けが私達にやって来る。

いずれにしてももっとも大事なのは、私達がこの順位を一緒に獲得したことで、私はそれを誇りに思う。そしてみなさんに対してこの賞を私に与えてくださったことに本当にお礼を言いたいです。ありがとうございます。

 

4位 Mobile

うぅ~わぁ~(号泣)
私は何を話せばいいか真剣に悩んでいるのよぉ。分かってもらえないのが心配。私が言い間違えるのが心配。
私が言い間違えるか正しく言えるか心配だけど、本当に考えてあること全てを話しますね。

立候補した時にね。自分が期待する順位に4位と書いておいた。そして4位を本当に獲得できた。
こうなると知っていたらもっと上の順位を書いておけば良かった(笑)。

この順位を得られて私はとても嬉しい。ずっと私を応援してくれたみなさん、それとこの順位にもありがとうございました。
この地点に来るまでとても遠かった。私がグループに入って以来。グループに入った最初、私は選抜に入れると自分に自信があった。でも期待したようにはならなかった。2ndシングルになって私は選抜になれて、『恋するフォーチュンクッキー』のセンターになれた。私は喜ぶ代わりに、色んな全てがあった。とても飛び込んでいった。とっても。

あの時、センターになる発表があった時、私はとても嬉しかったと言いたい。深く考えずにただ私の役割を全力で果たすんだと思った。でもいざなってみると、色々な物事がやって来ることになるとは思いもしなかった。やって来る物事と私は必ず戦わなければならなかった。

正直に言うと私は毎晩泣いていた。私は普通の人が話すようになんで話せないのかと自分に頭にきた。なんで言葉の順序を間違えるのか知らないけど。私は上手になろうとずっと頑張ってきた。MCの練習を毎日した。以前Peさん(※Pupe)と一緒に寮にいたからPeさんに聞いてもいいよ。毎日練習していたんだよ、トイレで。

毎日良くなっても、毎日良くなって、期待したほどまでには良くならなくて間違ったり正しかったり。結局私はこんな感じなんだから、こんな感じでいこうって思った(笑)。

でもいつか私は内容が分かるように多くの言語で話せるようになりますよ~。

みなさん、どうもありがとうございました。それから私達の『恋するフォーチュンクッキー』の話をしよう。正直に言うとこの曲に時々うんざりした。でも、違う、違う! それは以前のこと、以前のこと。でもとても感謝したい。もしこの曲がなければね、私はこのポジションに上がれなかったかもしれないから。
今では私はこの曲が大好き。そしてこの曲を最大パワーで見せたい(笑)。
私はこの曲が好きで、私はみなさんに歌って聴かせたいフレーズがある。私はこのフレーズが大好き。

彼がどんな方法で決めているのか分からない。
誰もが見ているのは可愛さでしょ?
私はただ彼に心の中も見てほしいだけ
もし私を想ってくれたらいいだろうな
だってどうしたってツキ次第 愛してる愛してないもツキ次第
Come on Come on Come on Come on baby
クッキーに占ってもらおう
(※タイ語版『恋するフォーチュンクッキー』の歌詞の一部です。)

私はこれだけで立ち止まらない。私は立派なセンターにまた必ずなります!!!

 

3位 Music

みなさん、どうもありがとうございました。

どう言えばいいかな…。以前私は自分に少しも自信がありませんでした。ファンに対して自分に自信を持ってね、頑張ってねとずっと言ってきたにもかかわらずにです。でも逆に私自身が自分に自信がなかった。
でも生きていく中で私にも混乱したり、信じなかったりしたこともあった。でもいつも握手会にいると、ファンのみなさんが私の自信になっていたと言いたいですよ。私自身もみなさんの自信になりたい。

みなさんがとても全力で頑張ったのを知っている。ねぇ、魚を全部売ってお金が残ってないよと言ってきたファンがいる。彼がどれだけ頑張ったのかを物語っている。お陰で私はここにいることができている。言葉で言い表せないぐらい感謝しています。

私は自分のファングループだけに感謝したくない。だってBNK48のファンみなさんは背中を押してくれる大事なパワーで、お陰で今日の私達の華やかなコンサートを行うことができて、お陰で私達のグループがこれからも前に進むことができる。みなさん、どうもありがとうございました。

本当は話したいことが多くあったんだけど、本番になると考えが思い浮かびません。言いたいことは、ありがとう、ありがとう、ありがとうだけ。みなさんは疲れているにも関わらず、私に疲れたと言ったことが全然ない。やって来て、一緒に頑張ろうね、一緒に笑顔で行こうねって言うだけだった。

今回の選抜総選挙ではきっと無理だよと言ったことがある。でも逆にMusicに自信を持ってもらいたい、そして一緒に歩いて行こうと言われた。今日、私達は目的地点に到達した。私達はもしかしたら、わあ、とても高い順位を欲しいと期待していたかもしれない。でも知ってる? みなさんはね、私をとても嬉しくさせてくれたのを。それは全く無条件の愛。どうもありがとうございました。

私を成長させてくれた『会いたかった』、ありがとう。私に多くの知識を与えて、経験をさせてくれた。
Noeyさんがいつも隣にいてくれた『初日』、ありがとう。お陰で私は乗り越えることができた。
私をもうひと回り成長させてくれたコンデートさん(※Kongdej Jaturanrasamee。Music出演映画『Where We Belong』の監督 )、ありがとう。
応援してくれたメンバーのみんな、ありがとう。友達でいてくれてありがとう。
ファンのみなさん、ありがとう。運営のみなさん、ありがとう。マミー、パパ、ありがとう。
全てにありがとうございました。

「ありがとうございました!」(※日本語で)

 

2位 Jennis

他のメンバーと座っていて話していたのは、各順位で仲間の名前が発表されていって、仲間それぞれに喜んでいいのか悲しんでいいのか分からなかった。とくに順位が近い人、あー、速報から順位が入れ替わった人がおよそ3-4人いた。今日になって、先に発表された名前は、私より高い順位にいるべき仲間だという印象を受けた。嬉しいかと言えば最高にでもないし、悲しいかと言えばそうででもないフィーリング。どう感じればいいのか分からない。今、メンバーみんなに申し訳ない気持ちになっている。

みんな夢があって自分の目標があるのを知っている。でも私にもこの順位を欲しいという欲があることを謝りたい。

つい最近、占いに行って来たばかり。本当は占いに行ったのではなくて、占いをできる人が300バーツ支払うことで診てくれた(笑)。
本当は占いを信じるのは好きじゃない。何か良くないことを信じると結構落ち込むから。でもこれがあって、わあ、もし結果が、可能性はないって。でも気を確かに持ってから、その人がカードを開くと出た結果は、徳と業次第。え? どういう意味だよ。だから、え、それじゃ私はどうすればいいの? 期待すべきか期待しないべきか。でも可能性はない。みんな期待している。3回言ったけど、宝くじを買った人は誰でも一等賞を期待する。この状況での私も同じ。それでその人が言うには、電話番号も見させてと。言うには占い師と私の番号はね、私はその人が以前から知っていたのか分からないけど、「365」だった。

それって本当かもしれないしウソかもしれない。でもいずれにしても私はこの番号のお陰でみんなが私を知ってくれて、今この場にいさせてくれていると信じる。この曲のお陰だからです。

本当は話すことを何も準備してこなかった。と言うのは、いずれにしたって忘れると分かっていたから。さっきやっぱり準備した。少しだけ。

メンバーに申し訳ない気持ちの他に、ファンにも申し訳なく思っている。と言うのは2回ともの速報で順位が6位でしたよね。それ以降、ファングループはレシートを絶え間なく投げ続けていた。(※ファングループが投票資金募金活動に寄付した送金を証明するレシートを活動を主催するツイッターアカウント宛に画像で投げるとプレゼントに抽選で当選するキャンペーンを行って寄付を募っていました。)

私のファン人口が少ないことは気付いていた。ずっと言ってきたことは、例えば1万5千票なら1万5千人から欲しい。百人や千人からの合計で1万5千票ではなく。今回は以前よりもみなさんに一層出費させて申し訳ない気持ちになった。

私はね。同じくアイドルファン。でもこんなにお金を払ったことは全然ないよ。あ、したいけどできない。だから、え、立場が私と同じぐらいで食事を我慢したり、それか残業をして、アルバイトをして。そういうのは私は何もお願いしたくない。2回とも同じく6位と知った時にどうすれば順位が上がるか分からなかった。6位という順位が何もいやなわけではなくて満足だったけど、順位を上げたい勇気があった。

私は5分を超過すると思うけど大丈夫だって。話し続けよう。

何を話そうとしたんだっけ。忘れた。おー、本当に忘れた。
みんなが私の順位を上げるためにやったプロジェクトが私に奇蹟を起こしてくれた。
それから順位発表を10位、9位から座って聞いていて、私は毎回バカ!バカ! って感じたよ。それって実話なのって感じで。次の順位は私の名前でないことを期待していたけど、それって実話なのって感じていた。

私は話すのが好きではないけど、長く話したね。
自分が何がいくら欲しいかを話すのが好きじゃない。でも私は、メンバー各人もできるだけ高い順位に行きたいと思っていることをみんなも感じていると思う。

みんな知ってる? 私の奇蹟は他でもなくみなさんだということを。

考えてみると親類でもないし、友達でもない。誰だかも知らないけど、握手に来て、気付くと一つの家族になっていた。業界の先輩が、ほら、このグループをしっかり離さないようにしておいてね。長く経つと自分の一番の仲良しになるからって言っていた。え、でも私は、将来である必要はなくて、今でも一つの家族だと思う。

私は、今喜ぶべきだと思う。だって泣いてないから。

んー…。もう思い浮かばなくなった。もし思いついたらタイプすることにしよう。もし時間があったら。

最後に、初日に契約書に署名をする決心をして提出して、家に持ち帰ることをしなかったお母さん、ありがとう。
今までの全ての出来事は、良いものも悪いものも問わず、私を今の私に鍛えてくれた。だから私がしてしまったどんなことにも悲しまない。お陰で教訓となって今日の私がいる。

それからメンバー、家族、ファンのみなさん、誰のファンであっても、誰の推しであっても、ありがとう。と言うのは、みんなのお陰でBNK全体がここまで来ることができた。本当にありがとうございます。ありがとうございました。

 

1位 Cherprang

どうもありがとうございました。

みんなが自分の気持ちを全て話してしまった。何位であっても。
本当は私もかなり色々な気持ちが混ざり合っている。私は言ったことがあるでしょ。Jennisはかなり私に似ているって。
さっき私が自分の仲間やメンバーの名前が呼ばれていくのを見ていた時、こんなに高い順位だとは思わなかった。
私は申し訳なく思う。私にずっと起きてきたことに。メンバー全員に対して。

なんで人は私を好きなのか。私の能力は(※この後は泣いていて聴き取れず。)

私に、なんで私なのか。私は…にも関わらずと感じさせた。だからメンバーみんなは今後、私はみんなを全力で頑張らせたいと思う。ファンにとってどんどん全力で。何に関しても。

自分にいつも問いかけてきた問いは、私はここにどうやって来られたのか。48グループをずっと遠くから見てきた一人の子の夢が恐ろしい。世界選抜の機会を得て39位を頂いた。今回1年に満たず私は…。

私のファンの猫のみんな(※Cherprangファンを猫に例えています)、最高に素晴らしいですよ。

この機会を私に与えてくださってどうもありがとうございます。

私は他の諸々のことを越えて行く。これからも全力で頑張っていく。

グループのキャプテンとして、ずっと(歌を)聴いてくれて、そばにいてくれたみなさんに感謝します。
BNK48のファンのみなさんが私達に与えてくれたものの一つは、チャンス。どこの子供のチャンスか本当に分からない。一緒にいて、様々な声援を頂いた。それは一人の子供が考えうる以上のもの。

どこに属していようとずっと私達を応援してくれてありがとう。私を応援してくれてありがとう。

みんなは私を越えたい壁として見ているかもしれない。でも私は自分の夢をかなえることができた。ここに私を送ってくれて本当にありがとう。今後私はしばらくの間は、壁でいる(笑)。誰のためか分からないよ。でも私は誰かが越えたい壁にはなりたくない。世話をしてそばにいる壁にむしろなりたい。

このイベントを主催してくださった運営の方々、私達メンバー全員をいつも応援してくださるBNK48のファンのみなさん、ありがとうございました。

みなさんが毎回与えてくださるチャンス、そしてどんなことであっても応援は私達のグループに本当にとても大事。
こんなに早くIMPACTに立たせてくれてありがとう。ASEANの顔のアイドルになれた。ASIA FESTIVALを初めて開催できる。私は、タイの子供達がこんなに認められたことは、私達タイ人の誇るべきことだと思いますよ。

これからは、私は私の役割を全力で果たしていく。みんなを、BNK48をよろしく。
みなさん、本当にありがとございました。

 

メンバーのみんな~。

ずっと考えてきたことは、私は分からないよ。
この機会に言うことにしよう。

私が1位で喜んでくれる人はいるかな。

(メンバーからは「何?」「聞こえない」との声が)

んげ。

みんな私を喜んでくれる?


(さっちゃんが真っ先に駆け寄り抱きしめました。)

 


(続々と駆け寄るメンバーら。Cherprangは号泣。)

 


(椅子の前に立つCherprang)

 


(椅子に腰かけたCherprang)