BNK48 6thシングル選抜総選挙を記録した書籍が発売予定で、その書籍の内容の一部が特設ウェブサイトに公開されたことは先日お伝えしました

その特設サイト https://book.bnk48.com/ に「Chapter 1」に続いて1月24日深夜、「Chapter 2」が公開されました。(※内容を閲覧するには選抜総選挙投票コードの入力が必要です。)

「Chapter 2」の内容は

  • Cherprangのポスター・デザイン案
  • Pandaのポスター・デザイン案
  • Ornのポスター・デザイン案
  • Myyuのポスター・デザイン案
  • 大久保美織のポスター・デザイン案
  • Junéのポスター・デザイン案
  • Punのポスター・デザイン案
  • 伊豆田莉奈のインタビュー
  • Cakeのインタビュー

となっています。

そのうちの伊豆田莉奈のインタビューを以下に日本語訳いたします。

 

伊豆田莉奈 メンバー全員が心を一つにして応援

速報で画面に「伊豆田莉奈」の名前が第22位で現れたとき、Bitecバンナーにはファンからもグループのメンバー全員からも歓声が響き渡った。そのことから彼女がファンからもメンバー全員からもどれほど愛されているかが良く分かる。

第1回速報で伊豆田莉奈が32人のうちの1人にランクインしなかったことは、多くの人に衝撃を与えた。しかし実際のところ伊豆田莉奈はその時の結果をどう感じていたのか知る人はいるだろうか。

今回の選抜総選挙に立候補した感想は?

伊豆田:AKBにはもっと多くの人がいますよね。約300~400人です。なのでランクインすることはとても難しいです。でもBNKはわずか51人でチャンスはもっとあると思うので、一層プレッシャーを感じます。BNKのメンバーが少ないことがよりプレッシャーになります。

結果への期待のほどは?

伊豆田:16人の中にランクインしたいです。でも1回目の速報が出た時、32人の中に私がランクインしなかったのは最初悲しかった。とても悲しかったです。敗北感を感じました。普段私は泣いている姿をファンにあまり見せたくないんです。いつも泣くなら一人で泣いています。

でも劇場から歩いて帰る時にファンのみなさんが見送りに来ていますよね。「莉奈がんばれ」とファンが叫ぶ声を聞いてその場で泣いてしまいました。

しかし第2回速報で莉奈は22位になった。

伊豆田:そうです。その時は嬉しかった。とっても嬉しかったです。というのは最初は多少負けを認めていたからです。でも順位を見て元気が出ました。最高です。あとちょっとで選抜になれます。

握手会で握手に来たファンが「おめでとう」「応援しているよ」と言ってくれてとっても嬉しかったです。それで私は自分自身に負けるなと言い聞かせました。なのでみんなと一緒に頑張っていきます。

今回の選抜総選挙はどんな感じか話を聞かせてほしい。

伊豆田:本当はファンといつも一緒に頑張っていきたいです。でも選抜総選挙はお金を沢山使わないといけないものだと感じています。なので申し訳ない気持ちがあります。

でもBNK48で初めてのことだと考えると、とても大事、一番大事だと思います。選抜にランクインしたいです。でもみんなには、もし無理なら大丈夫ですよと言いたいです。何位になってもみんなに私と一緒に喜んでもらったほうがいいです。