BNK48 4thシングル『君はメロディー』の握手会1日目が11月3日(土)、
Bitec Bangna Hall 98-99で開催されました。

筆者が会場に到着した12時頃にはホール入場の列はそれほど長くはありませんでした。

 

 

会場内にはやはり中高生を中心とした若者が多いのは最近の握手会と同じ傾向ですが、気のせいかもしれませんが30~50代の男性の姿も戻りつつあるように感じました。

参考までに握手会のタイムテーブルを貼っておきます。

 

 

筆者は1期生以外に2期生の2人とも試しに握手をしてみたのですが、会話スキルがまだまだで会話のキャッチボールができていない印象でした。列の長さが1期生と比べて可哀想なぐらいに短いメンバーが多い理由の一つは会話スキルの未熟さなのかもしれません。

とはいえ、Junéのレーンから帰ってくるファンはみな幸せそうな笑顔をしていたので、彼女の会話は楽しいものと思われます。さすがイベントでMCを任されることが多いだけのことはあります。

なお全員の握手の様子はBNK48公式facebookに写真が投稿されています。

ホールの外には各メンバーのファングループが作成した等身大パネルがずらっと並べられていて壮観でした。

 

パネルの前でファンらが一緒に記念撮影をする光景が一日中続いていました。

 

 

面白かったのはこのパネルです。

 

 

支配人JOBさんの顔どアップのパネル(笑)。
そこにファンらが要望を付箋に書き込んで貼っていっているんです。

掻い摘んで読んでみると、
「お金が無くなりました」「グッズを波状攻撃的に頻繁に出し過ぎ。時には休んでね、JOBさん」「Cherprangさんを愛しています」「Mobileをとても愛してる」「少しずつグッズをリリースしてもいいですよ。お金が尽きた(笑)まだ腎臓を売りたくない!!!」「グッズを早く出し過ぎ」「JOBさん、僕のCDをなんでキャンセル扱いにしたんだ。握手券が全然ないよ」「推しはJOBさん」「グッズを早く出し過ぎ。金策が間に合わない」「グッズを少なく出して。お金がなくなりました」「愛してるよ」「グッズを少なく出してください」「JOBさん可愛い。アッー」「金が無くなった!! 頻繁にグッズを出さないで」「JOBさん早く3期生をやってね。私は急いで応募するよ」「愛してますよ。ホールをもう少し大きくしてね」
…などといった内容でした。

オフィシャルがグッズをリリースしまくっている中、金が無くなって困窮しているファンが多い様子が窺え、身につまされる内容でした。

ちなみに上の写真は14:30頃に撮影したのですが、18:30過ぎに再度立ち寄ってみると、

 

 

顔も埋め尽くされていました(笑)。
ぜひこの要望がJOBさんに届くことを願っています。

握手レーン前では各メンバーのファングループが握手を終えて戻ってきた人にファングループ特製のメンバーグッズを無料配布している光景がどのレーンでも見られました。

レーン前に陣取れるファングループは1グループのみのようで、ファングループがいくつも存在する人気メンバーの場合は、その辺色々とあるようです。筆者はレーン前を陣取れていない方のMobileのファングループからグッズを頂きました。

 

 

左は缶バッジ。右は6thシングル選抜総選挙に向けた購入資金寄付プロジェクトの宣伝カードでした。ありがとうございました。

今までの握手会では、特別回終了後にメンバーが総出でファンの前で挨拶をするのがならわしのようになっていました。
しかしこの日の握手会では、特別回のないメンバーらが早々に帰っていました。

 


(出典:Nine BNK48 facebook

きっと2日目もあるためメンバーの疲労回復と健康維持を優先した措置なのでしょう。
ファンも21:30過ぎまで延々と待っているのは相当疲弊するので、お互いにとって良い改善策だと思います。