日本のAKB48に短期留学中のBNK48のMobileは、AKB48劇場公演にまず9月18日に挨拶でステージに上った後、9月26日の「サムネイル」公演でJKT48のStefiとともに「前座ガールズ」として前座で初出演しています。

8回目の前座出演となる10月5日(金)18:30からの「アイドル修行中」公演に筆者は当選して観ることができましたので、レポートさせていただきます。

 


(公演前に、壁のMobileの写真の前で前日10月4日公演の集合写真を撮影)

公演が始まると前座として最初に登場したのがMobileとStefiでした。

この日は前日の公演から歌い始めた『狼とプライド』を披露。黄色が基調の耳と尻尾のあるコスチュームで可愛くパフォーマンスをしていました。


(出典:Mobile公式facebook

Mobileは同じパフォーマンスにしてもちょっとした仕草や表情がとても可愛いのが目を引きました。上手く表現できないのですが、80~90年代女性アイドルのような仕草とでも言えば良いのでしょうか。今の日本のアイドルがやったらあざとく見えてしまうかもしれない仕草をMobileは自然に条件反射的にやっていて、全くあざとさを感じないばかりか観客の注目を集めていたようです。

SNSで反応を追っても、Mobileの可愛さとダンスの上手さに驚いたという感想を見かけます。あの可愛らしさの表現はMobileの才能といって良いでしょう。

終盤の集合写真撮影で再びステージに出てきた2人は、今回も中央に座りました。「狼のポーズで」との指示に満面の笑みでポーズを取ったMobileが印象に残りました。

写真撮影が終わってはける際に筆者が「Mobile!」と叫んだところ、両手を挙げて輪を作りおどけたポーズを取ってくれました。これまた条件反射的に可愛らしさを表現できる彼女に感心するばかりです。

この日、会場では筆者以外に2人の日本人からも「Mobile!」との掛け声が飛んでいました。
DMM LIVE!! ON DEMANDサイトに終演後にUPされたこの日のMobileの手書きメッセージからは、

観客が名前を呼んでくれたことが嬉しかった様子が窺えます。

アンコールの最後で出演メンバー全員が手を繋いで挨拶をする際にMobileとStefiが出てくるのを待たずにやり始めようとしたため、それに気付いたメンバーが指摘してやり直しになるハプニングも(笑)。

そしてそのまま「お見送り」タイムです。

メンバーが一列に並んだ前を観客が順番に通り劇場から出て行くのですが、Mobileはステージに向かって一番右端に立っていました。

筆者が「とても素晴らしかった。あと10日頑張ってね」(เก่งมาก อีก 10 วันสู้ๆ นะ)と声をかけたところ、「わかった」(ได้ๆ)と笑顔で答えてくれました。

Mobileの左隣に立っているStefiにも「とても良かった」(Sangat bagus)とインドネシア語で話しかけると「あー!」と喜んでくれたので良かったです。Stefiはステージ上でMobileのパフォーマンスの可愛さに押され気味のためかやや笑顔が少なく感じたので、少しでも励ましになれていれば嬉しいです。

 

 

こんな感じのMobileにとって8回目の劇場公演出演でした。

まだ公式発表はありませんが、10月8日からの週にも出演がありそうです。帰国前のどこかのタイミングでさらなるサプライズがありそうですね。Mobileの活躍を楽しみにしていましょう。

 


(出典:佐藤七海公式Instagramストーリー)