9月29日(金)のBNK48劇場公演で1期生Maysaの卒業が発表されました。


(出典:BNK48公式twitter

この日はMaysaにとって初めての劇場公演出演でした。

公演終盤の『桜の花びらたち』の最後の方で伊豆田莉奈が突然Maysaをステージ中央に引っ張っていきMaysaに歌わせたことから、観客はMaysaが卒業発表をすることを悟ったそうです。

この日Maysaは初ステージでしかも練習不足なことから歌詞を覚えていない部分があったり、立ち位置を間違えたりしてお世辞にも素晴らしいパフォーマンスだとは言えませんでした。

しかし他のメンバー、特に伊豆田莉奈のサポートが絶えずあったお陰もあり、公演はスムーズに進行。

Maysaは、大学での学業が大変でとても疲れることを卒業の理由として説明しました。本来なら自分のステージ初日である上に歌もダンスも練習不十分なタイミングで卒業発表はしたくなかったのですが、一生懸命パフォーマンスをしたと語りました。

ファンに申し訳ないという気持ちも吐露したとのことです。

Maysaは今までネットで何度叩かれてもへこたれない強さの持ち主でしたが、この日ばかりはBNK48メンバーになって恐らく初めて観衆の目の前で号泣する姿を見せました。

Maysaがネットで叩かれてきたのは常に付きまとった交際男性の噂のためです。それはBNK48が初披露された2017年2月12日の直後から始まりました。2月15日には某男性のfacebookのステータスがMaysaと交際中の表示になっていることがSNSで暴かれて炎上。

MaysaはBNK48に入る前にコスプレイヤーをしていて、コスプレイベントで写真撮影に集まった人たちと揉めたりとデビュー前から敵がいたことが災いしたようです。

当初自らの公式のInstagramやfacebookに寄せられるコメントに攻撃的なリプライをしたことから、キャプテンのCherprangにたしなめられたこともありました。

2017年12月には暴露系のfacebookページがMaysaと男性が同じ車に乗っているとする写真を公開し、また炎上。

間髪置かず2018年1月にはMaysa自身がInstagramのストーリーにマッサージ店と思われる場所に男性と一緒にいる様子の動画を投稿

すぐに削除されましたが過去最大規模で炎上し、ファンがMaysaの生写真を燃やした画像が拡散するなど大事になったため、BNK48 OFFICEは1月15日、Maysaに1か月の停職処分を下しました。

これらの炎上クイーンな面の他にも、BNK48の活動で忙殺されるはずにも関わらず入学したタマサート大学で多忙な役職である生徒会役員を引き受けたり、1期生メンバー中で唯一どの曲の選抜・歌唱メンバーにも選ばれたことがないなど、BNK48メンバーの中で特異な扱いを受けている様子が目立ちました。

卒業発表後、MaysaはInstagramを更新。


(出典:Maysa公式Instagram

この中で次のように語っています。

「君が変わることなくまだ愛してくれてありがとう。私がどんなに良くても悪くても。そして私のような人でも君をずっと愛させて。君が信頼してくれたことに見合うように。私に君がいる今日のお返しに。」
劇場からの帰り道の間に付けたラジオから流れてきた歌です。聴いて泣いた。でも私はまだどこへも行かない。last stageと最後のDigital Studio、そして新しいIGがある。だから楽しみにしていてくださいね。私がどこかへ行くとはまだ考えないでね。今日はとても楽しかった。みんな、そして今までありがとう。誰が花を買ってきてくれたのか知らないけど、最高にだーい好き。買ってくれた人も好き。私はこの花が大好きです。最近どこへでも持って行ってる(笑)。アイラブ。

Maysaは実際に話すと気さくで明るく笑顔の可愛い子です。

10月23日のPupeプロデュース・コンサートにも出演するようなので、劇場での卒業公演は10月末かもしれません。できることなら11月3-4日の握手会にも参加してほしいものです。

いずれにしても、残りの期間を本人もファンもいい思い出にしていきたいですね。