(出典:kapook.com

 

TV番組・映画制作、コンサート・イベント企画などを行う娯楽メディア企業の
Workpoint Entertainment社が6月11日、同社とBNK48 Office社が設立した新会社に
共同出資した旨の届出(PDF)をタイ証券取引所に提出しました。

新会社名はBNK48 Production社

資本金4百万バーツで、Workpoint Entertainment社50%、BNK48 Office社49.99%、
BNK48 Office社CEOジラット氏0.01%の出資割合で6月11日に登記されました。

届出に記載の会社の目的は、
①テレビおよびOnlineで放送するテレビ番組制作関係事業
②EventおよびConcert催行事業
です。

BNK48をWorkpoint Channel (Ch23)に出演させることを主な目的として
設立された会社と見られています。

このニュースを報じるInvesterst.coPosttoday(PDF)のニュース記事を総合すると、
Workpoint Entertainment社は、製作したTV番組が最近は期待されたほど人気を得ていないため、
今年第1四半期の売上が昨年同期に比べて9%減少。株価も年初の最高値から49%下落している状況を
BNK48との長期提携で挽回したい思惑があるようです。

またBNK48 Office社としてもBNK48が番組単発で出演するよりもWorkpoint Entertainment社に
バックアップしてもらい、継続的かつ長期的にTV番組出演の機会を得て露出を増やしたほうが
BNK48のさらなる人気拡大を狙えると踏んだようだとのこと。

BNK48 Office社はWorkpoint Entertainment社の船に乗って運命を託した感じです。

近日中にWorkpoint channelでBNK48出演のバラエティー番組が始まるとのこと。
また、コンサートも今後はWorkpoint Entertainment社のプロデュースになるものと思われます。