タイ証券取引所が5月23日付けでBNK48 OFFICE社に出資する同意覚書に
同社とPLAN B MEDIA社が署名したと告知しました。

PLAN B MEDIA社は広告代理店で、bloombergサイトの企業情報によれば、
「住宅、バス車体、バス車内、ゴルフ練習場、大型形式表示、デジタル広告板、街路備品、
店舗内プラットフォームなどの屋外メディア広告に特化」とあります。

またPLAN B MEDIA社サイトの基本情報ページの業種欄には、
「公共交通機関広告メディア、屋外静止画広告メディア、屋外デジタル広告メディア、
航空機内広告メディア、ショッピングセンター内広告メディア、
オンライン広告メディアで構成される屋外広告メディアのサービス提供および製造請負」
とあります。

これで疑問が解けました。サッカー・タイ代表公式サポーター決定時の巨大看板広告から始まって、
今現在のBNK48劇場公演の路線バスのラッピング広告に至るまで、このPLAN B MEDIA社と
組んだことからなされた広告に違いありません。

上記タイ証券取引所サイトに貼られたリンク先のPDF文書は件名が
「BNK48 OFFICE株式会社への出資当初同意覚書 (Term Sheet)における署名の報告」
です。

出資目的は、「当社の主要事業の協力および促進によりBNK48の事業ならびに商品の多様性および人気度から
利益拡大の機会を設け、芸能またはその他の事業に対して継続的に重要な価値がある新規事業の成長における能力を
増進させるため」とあります。

PLAN B MEDIA社の出資は、BNK48 OFFICE社発行済み株式の35%を182,250,000バーツ以下の価額にて
買い取ることで行われます。

BNK48 OFFICE社としては広告面で強力な後ろ盾を得るとともに、
事業拡大資金も手にすることになるのでしょう。