BNK48メンバー2人が日本を歌と楽器演奏とともに旅する番組『プアンルアムターン』(เพื่อนร่วมทาง)の第2回放送が、1月13日(土)10:30-11:00にMCOT HD CH30にてありました。

 

プアンルアムターン第2回

 

第2回のタイトルは「心の声に従って遠い道のりを歩く」。

ストーリーをざっと追ってみることにします。

 

プアンルアムターン第2回

 

大雪山旭岳山頂での最初のパフォーマンスにエ先生の評価は
「一番悪いが、最初だから酷くはない。」

場所を変えて、エ先生の演奏指導が始まります。
それに対してJanは「どこではじけばいいのか分からない」と返答。

 

プアンルアムターン第2回

 

山頂よりも低いマイナス5℃の気温ということもあり、さきほどよりさらにひどい演奏に。
テンポを合わせるだけで精一杯だったとPunが語っています。

宿に帰ってからも練習が続きました。

 

プアンルアムターン第2回

 

2日目は旭川の「Mizuno Dining Factory」へ。

 

プアンルアムターン第2回

のぼりの手作り体験を通して「集中力」と「おもてなし」を学ぼうというもの。

次に向かったのは旭川の上野ファーム。
肺活量をつけるためとしてエ先生から山頂まで45秒で駆け上がるよう指示が下ります。

駆け上がって伸びる2人。
いよいよこの番組の「過酷さ」が姿を現し始めましたね(笑)

この後の演奏を

 

プアンルアムターン第2回

 

エ先生が褒めます。筆者も見ていて「今回はいいぞ」と直感したぐらいです。
エ先生が言うには「Unity」が完璧ではないものの「ある」とのこと。なるほど。

次に訪れたのは、株式会社北海道カワゾエカンパニー。
化粧品を作る会社のようで見学と説明を聞きます。

 

プアンルアムターン第2回

 

さらに美瑛の「喫茶 すずらん」で「手ぬぐるみ」(手ぬぐい+くるむ)を学びます。

 

プアンルアムターン第2回

 

学んだ後、喫茶店内のお客さんらに歌を披露することに。

しかしJanはカポとピックを忘れてしまったためコードを変えることができず、
ちょっとボロボロな演奏になってしまいました。

 

プアンルアムターン第2回

 

思いつめてJanは泣き続けます。
「Punはできるのに私は何をやっても上手くできない。」

 

プアンルアムターン第2回

 

PunはJanの肩を抱きながら
「だって私は頑張ってるからだよ。Janさんも頑張れよ。」

17歳のPunに優しい口調ながらも荒っぽく応援の声をかけられる23歳のJan。
Punがとても逞しく見えるではないですか。さすがチームBⅢキャプテンに選ばれるだけあります。

 

プアンルアムターン第2回

 

感動的なシーンでエンディングを迎えたのでした。

弱音を吐くJanを、Punがなだめつつ発破をかけて引っ張っていく…。
そんな今後の展開を予想してみました。
Janの頑張りを次回以降も楽しみにしていましょう。

 

(追記 2018.1.19)
『プアンルアムターン』第2回の動画がMCOTのサイトにUPされました。
リンクからご覧いただけます。