Kaimook

トゥアイフー、挨拶して。

(※12/24のファンミーティングの演劇で演じた老婆役の声で)
こんばんは~。私の名前はトゥアイフー。
お婆さんは1時間遅刻してごめんなさいねぇ。
ふう、年寄りは何をしても遅いものでのう。
ごめんなさいねぇ。

おばあさんの持ち物にはクリスマスツリーもあるのよ。
それからプレゼントがいっぱい。

Kaimook

 

(※普通の声に戻って)
こんばんは。
通常モードに入りましょうね~。

今日は番組「クルア・クンカイ」(※Kaiさんキッチン)ではお菓子を作る。
お菓子を作ろう。
だって私のライブでは毎回料理を作りますからね。
今日作るのは、ジャーン。

Kaimook

これはPupeから随分前に貰った物だよ。

わあ、これってオレンジ味とチョコレート味だ。
こらっ、トゥアイフー!

Kaimook

こらっ、あげないよ。
トゥアイフーが奪って食べたがってるよ~。

ここに置くね。
あっ! トゥアイフー奪わないでよー!

Kaimook

はい、(作るのが)終わりました~!

終わりました。何分も経たない「クルア・クンカイ」。
ズルいかな。だって短時間で何を作ればいいか分からないからね。

これが私のメニューのハンバーガーです。
Pupeさんがスポンサーですよ。

Kaimook

食べちゃいますよ~!
「いただきまーす」(※日本語で)

1,2,3。

Kaimook

んー!

Kaimook

賞味期限(※がなんとかと言ってますが食べながらなので聴き取り不能。)
って言うのは私は長く保管しすぎたの。

みんな古いパンを食べたことある?
味がそんな感じなのよ。
私が長く保管しすぎたから痛んだんだと思う。

明日私が下痢になるか乞うご期待ね。

 

今日お婆さんは編み物を教えます。
歳にとっても相応しいですね。

ビスケットの子供に(編んで)あげる。
だって寒季でしょ?

家の床が大理石っていうの? とても冷たいのよ。
子猫もタオルケットの上にいなきゃでしょ。
だからこれを編む。タオルケットよりも温かいと思うから。

Kaimook

でももうすぐ編み終わるところだよ。

 

はい、終わりました!
子猫の寝床です。

Kaimook

子猫が気に入るか試してみるね。

あ、そうだよね。(子猫の名前は)「海苔」もいいよね。日本っぽくて。
Pupeって名前? Pupeもいいね。
Jobjob? 遠慮する。じゃないと今期のボーナスが貰えなくなる。
「わかめ」? 2音節の名前がいいの。

ビスケットの子供は2匹が死んじゃったでしょ。
ビスケットは出産しても自分の子だと分からなかったみたい。
初出産でもあったし。

ほら、子猫はここにいますよ、みなさん。

Kaimook

よいしょ。子猫ちゃん、気に入りましたか?

Kaimook

生まれて2-3週間だけど、成長がとっても早いですよ。

 

ビスケットは子供を育てる本能が備わっていたか分からないけど、
出産して自分の子供は1匹だと思ったとかかも。

私は帰宅して2匹の子猫のへその緒を切ってあげて、
お乳の近くに置いてあげたの。お乳を吸えるように。
吸おうとしていたよ。吸おうと努力していた。
でも1日が過ぎてまた見に来てみると、2匹は死んでいたの。

とても悲しかった。というのも、今年一番悲しかったのはこのことだよ。
1週間凹んでいたほど。
本当なら命を救えたにもかかわらず、逝ってしまった。

でもまだ1匹がいて良かった。私の元気の素。

 

プレゼントを一緒に開けてみる?OK。

これは体がとても大きい。今日貰ったばかりだよ。
とても大きいよ。私の体より大きいと思うよ。
ほら、これって私よりも大きいよ~!

Kaimook

これもあるよ。
私はとても好き。描画の線がマンガみたい。

Kaimook

(「クルア・クンカイ」を)私はもっと良い番組にしていく。
細かいディテールや編集、フィルターの使い方、何て言うの、撮影にしても、
私は全てを良くしていきますね。

それから本当は他のメンバーも番組に招きたい。
そして番組「クルア・クンカイ」を毎水曜の
みんなにためになって、幸せを感じる番組にしたい。

毎週水曜日になるとみんなが「クルア・クンカイ」を見るのを楽しみにしているって感じ。
番組をもっとマスにしたいとかってね。もしマスになったらいいよね。

Kaimook

いつか必ず実現したいです。

 

Kaimook

 

顔がそっくりだよ~!(笑)

Kaimook

 

顔が似てるっていう人がいる。
そっくりになった?

Kaimook

驚くほど似ているよね、みんな!

 

美織が来たの? わあ、みぃこ。
みぃこ、Youは身長一緒だよ。153cm。

わあ、みぃこ!
みぃこがSleepyのプレゼントを贈ってくれたでしょ?
みぃこ、YouはSleepyだったら寝てね~。
あら、いなくなっちゃった。みぃこ、I sorryね。
みぃこ、I 身長一緒だよ。153ね。

みぃこ、何だって?(笑)
ヒドくないよー。だって夜遅いからだって。もう夜11時だもん。

ウソ! もしみぃこが私より身長が高かったら、
みぃこは154以上だよ。
私の身長は152じゃない。本当に153だよ。

Kaimook

 

「クロープクルア・ペンギン」(※Kaimookのファングループ)が私にしてくれたプロジェクトね。
とっても可愛いよ。みんなは私の写真を撮ってね。それで横にメッセージを書いてるの。
何て言うのかな。インスピレーションを貰えるって感じだよ。読むのがとっても好き。
落ち込んでいる時に読むとね、本当にひらめきを貰える。
(書いたファンが)気付かずにしていても、貰った人はひらめきと元気を貰っている。うん。

実はこっそり全部の写真に「いいね!」を押してるんだよ(笑)。
(facebook)ページやtwitterで。
ひょっとしたら、何て言うのかな。わからないけど。
でも誰かが私に何かしてくれたら、私は嬉しくて、こっそり「いいね!」を押している。イヒ。

 

Kaimook

このペンギンはね、莉奈さんが言うにはペンギンじゃないって。カッパだって。
私もカッパだって気付いたばかり。って言うのはこれって緑色だからね。
でも上にお皿のないカッパだね。
だから私は体が緑色のペンギンだと思ってる。
でも本当はこれってカッパだけど、いいの。だって気に入ったんだもん。

 

今年に成し遂げたことはですね、やはり番組「クルア・クンカイ」です。
今年で20歳でしょ。ある本で読んだんだけど、人の将来の人生を知るには、
その人が20歳の時に何があったのかを見なければならないって。

その本を読了して、20歳の時に何かをしなければならないと思って、それでやったんです。
番組「クルア・クンカイ」はずっとやりたかったこと。

私は本当に真剣にやってるよ。遊びでやってるわけじゃない。
力が尽きるまでずっと続けていくと思う。
回が1,000回、2,000回とかってなるまではね。どんどん続けていく。
疲れるまで。

 

今年は「クルア・クンカイ」をやれたことと、
BNK48の一部になれたことも。

それから、ああ! 今年車の運転を始めました。
でも免許証申請に行ってもちっとも合格しない。
だから作るのが面倒になった。
なのでつまりは、運転はできる。でも免許証は作ってない。
来年機会があったら合格して免許証を作りたい。
そうすれば緊急時に役立つもんね。

 

それから今年にできたことは、選抜になれたことです。
シングル3つとも選抜になれたー。

それから2ndシングルでは前列の選抜にもなれた。
これってとってもいい気持ち。
どうしてこんなに遠くまで来れたんだろうって。
このことは私にとってステップを上る一歩だったよ。

でもそれは頂上じゃないの。
私が思うには、もっと上って行ける高い場所があるはず。
私は必ずやってみせる。
来年、それからそれ以降の年も、前列の選抜より前へ進むよ。

ひょっとしたら…外の仕事かもしれない。
ピンの仕事とかね。
でもチャンスを貰えるか分からないよ。
あることを願ってようね♡

 

後列の選抜の時があったでしょ。
それで私はダンス・レッスンの時、見えるのはメンバーのみんなの後ろからなの。
時には自分の立ち位置がブロッキングのとおり正しいのかも分からなかったんだよ。

でも前列になって、それって自分にとってとっても意味のあることなんだよ。
たった2列しか離れていないっていうのも事実だけど、それって圧倒的に違うの。
私にとってはね。
それはとっても意味があること。私はどんどん進歩していくと思う。

それから『BNK48』の歌って、ダンスをして泣いたことのある歌なんだよ。
ダンスをすると難しい。一度もダンスをしたことがなかったし。

でもいつかは前列で踊らないといけないでしょ。(※泣き声になる)
だから絶対にできるようにならなきゃって。

それでなんと言うか。
ふふぅ。

なんでまた泣くの。

だから、とっても一生懸命やってると知ってほしかった。

Kaimook

一度褒められたことがあった。
先生はもしかしたら「ああ、ダンスが良くなったね」って褒めただけだったのかもしれない。
でも私はとても嬉しかった。

Kaimook

ダンスしてもずっと叱られっぱなしだった後で、
ある日先生が良くなったと褒めて。
それもそんなに良くなったわけでもないんだけど、
私は一生懸命だったとかって。私もできるんだとかって思った。

そんなその時その時を乗り越えてきたことが
今年のうちにできたことの一つ。
つまりダンスについて進歩してできるようになった。
まだ最高ではない、まだ十分に良くないかもしれないけど、
今後の年に進歩させ続ける。

ふふぅ。なんで泣くのよ。

 

あと嬉しいことの一つは、チームBⅢの一員になれたこと。
その、選ばれたかったの(笑)。
ステージに立ちたかった。

それでオーディションがあったのね。
誰がどの歌を歌うかって。
本当のところ、自分があの歌を歌えると知った時…。
あまり沢山バラさないと思いますよ(笑)

大勢のみんなに劇場へそれを見に来てほしい。
と言うのは、私はとっても一生懸命なんだよ。全力でやってる。
みんなも劇場を楽しみにしているでしょ。
私も楽しみにしている。
良いパフォーマンスをみんなに見せたいとかって。

私が思うには、その歌は、ひょっとしたら…ああ、何て言えばいいのか分からない。
それって私にとって難しい。でも私はベストのものにする。
それからみんなが好きになってくれることを願ってますよ。
劇場では私に会えて、ステージを見ることができますよ。

Kaimook
(まだ泣いているKaimook)

 

それから今年嬉しかったことの一つ。
なんて言うのかな。今年に起きたことの一つは、
Fan Meetと握手会。初めてで感動するものだった。

ああ、今は声がアヒルみたいだよ。

握手会でしょ。初めての握手会だよ。
それも私の誕生日に当たった。
あんなに多くの人がお祝いに来ることなんて今までなかった。
幸せだった。その、一年で一番幸せだった。

 

それから、あ、Fan Meetでしょ。
そう、最初私はお婆さん役をする予定じゃなかったんだよ。
水槽(※BNK48 Digital Live Studio)の中にいる人の役だったの。

最初はNinkがお婆さん、私は、水槽にいる人。
Jib、私、Maysa、それにMusicで。

たまたま私はコスプレやコスプレの衣装の知識があまりなかった。
だからNinkと交代したほうがいいって思った。
コスプレも好きだし、怪談も好きだし、Ninkのキャラに合ってる。
それで私が代わりにお婆さんになった。

実際のところ、なかなか挑戦が必要な役柄だったよ。
でも一緒の友達がいたから、恥ずかしがらずに演技できた。
一人でやるんだったら恥ずかしいでしょ?
でも友達がいるとずっと勇気が出る。

 

遠い将来にやりたいことは、
自分のベーカリーを持つことです。
自分のベーカリーを必ず開く。

それから100万バーツ貯金する。
100万バーツ必ず貯める。それ以上でもいいよね。
それからベーカリーもオープンさせます。

ベーカリーがオープンしたら、利益が出るでしょ。
利益が出たらそれで世界中を旅する。
私は世界一周旅行をしたいとずっと思ってきたんだよ。

それから何をやりたいか、ちょっと考える。

ああ、トゥアイフーとビスケットに家を建ててあげたいです。
家を建てるんじゃないって。建物に住まわせてあげたい。
それで芝生があってね。自然な感じ。
一部屋をトゥアイフーとビスケットのために確保して住まわせる。
ああ、それから子猫も一緒にいさせる。家族だからね。

 

(来年中にしたいことは)
先輩であるAKBのステージを見に行きたいです。
どんなふうにやっているのか知りたい。

本当はちょっと前からそう思ってる。
日本でのステージに行ったでしょ。
あの時に見た。でも他のグループでAKBじゃない。

それでも、わあ、アイドルっぽく見えたの。
とってもアイドル。BNKに莉奈さんがあと10人いる感じ。
とってもいいの。観客に素晴らしいステージだって感じさせるっていうか。
あんな感じにしたい。BNKをあんな感じにしたい。
誰が見に来ても、おぉ、目が釘付けになる! とかってね。

というわけでAKBの劇場に見に行きたいです。
もし可能ならSKEとかなんとか全て見に行きたいです。

 

それから来年は、歌とダンスをもっと良くしたいです。
MCもです。
本当はMCもしたいと考えてきたんです。
MCとトークの練習もできるし。
今はまだトークがあまり上手ではないけど、
練習すればきっといいと思うでしょ。

 

(※通常の倍の時間のライブだったため、すみませんが後半は省略します。)

 

今日はみなさん、私のライブを見てくださってどうもありがとうございました。
それから早いですがあけましておめでとうございます。
来年また会いましょう。
BNKファミリーとしてこのように温かい関係でずっとい続けますように。
そしてペンギン・ファミリーでもいてくださいね。

おやすみなさい。
バイバーイ。

Kaimook

 

12月27日(水)のVOOV LIVEにて~