BNK48のミニコンサートと握手会が11月18日(土)、バンコクのチャトゥチャク市場近くの
ショッピングセンター「JJ Mall」6階ホールにて開催されました。

BNK48ミニコンサート&握手会
(JJ Mallのエレベーターに掲示されたBNK48ミニコンサート&握手会の案内)

11:00開演にも関わらず朝6時頃には既にファンの列ができていたようです。
11:00直前でもまだファンの長蛇の列が続いていました。

BNK48ミニコンサート&握手会
(コンサート会場へ入場するために列に並ぶファンら)

会場の入口で金属探知機によるボディチェックと荷物検査を受けます。

BNK48ミニコンサート&握手会
(会場入口の検査)

ホールは思ったより広く、最終的には目測ですが6-7,000人ぐらいは
来場したのではないでしょうか。

BNK48ミニコンサート&握手会
(開演前の会場内の様子。写真出典:BNK48公式twitter

11:00を多少押して国王賛歌が流れてから開演。

1曲目は、2ndシングル選抜メンバーによる『恋するフォーチュンクッキー』。
続けて『大声ダイヤモンド』がCan, Cincin, Maysa, Korn, Piam, Namhomによって歌われました。

そして3曲目は初披露となる『スカート、ひらり』。タイ語曲名が “พลิ้ว”(プリウ)と
発表されました。日本語訳すると「ひらり」という意味になります。
Mind, Jaa, Jib, Kate, Jane, Nink, Namsaiがメンバーで、MindとJaaがダブルセンターです。

MCを挟んで4曲目が2ndシングル選抜メンバーによる『BNK48』。

そしてようやく「サワッディーカー。プワックラウ・BNK48カー。」
(こんにちは、私たちBNK48です)との挨拶から全29名の自己紹介に入りました。

Cincinの卒業挨拶の後、Cincinがアカペラで歌い始めたところから
この日ラストの曲、5曲目の『365日の紙飛行機』という流れとなりました。

Cincin
(Cincinファンが用意し配布したカード。大勢のファンが掲げて卒業を惜しんだ。)

歌い終えたところでCincinに花束が渡され、仲が良かったMaysaとKorn
それに伊豆田莉奈がCincinに別れの言葉をかけました。

BNK48ミニコンサート&握手会
(Cincinへの花束贈呈後の全体写真撮影 写真出典:BNK48公式twitter

そこで突然サプライズ発表という展開。
『恋するフォーチュンクッキー』のMVが大画面で初披露されました。

最後に支配人Jobさんの登場。

BNK48劇場が「BNK48 The Campus」という名称で来年2月に
The Mall Bangkapiの4階にオープンすると発表がありました。
BNK48劇場+BNK48ショップ+BNK48 Cafeが併設された施設となるとのこと。

劇場は座席数350。土曜は13:00と17:00、日曜は17:00の週3回公演で、
鑑賞券は400バーツになります。

またエアポートレイルリンクのフアマーク駅とThe Mall Bangkapiを結ぶ
シャトルバスが来年2月から運行を開始するとのことで、アクセスが多少改善しそうです。

2つ目は「Founder Member」(Founder Box)についての発表。
有効期限を2年としていたところを3年に延長し、
さらに初回公演3回(1回350席)を鑑賞できる権利を特典に追加するとのことです。
また通し番号「1」「48」「999」の3つはオークションとし、売上は全て寄付するそうです。

3つ目として「Campus」について追加の発表がありました。
通常は600バーツのところを学生証を提示した場合には
100バーツ値引きして500バーツとするとのことです。
販売は2017年12月1日~2018年1月15日限定。

また「Campus」は1人5枚まで購入可能で有効期限は2年。

4つ目としてJanとPunが北海道と京都を歌を歌いながら旅した番組
“เพื่อนร่วมทาง”(プアン ルアムターン)のトレイラーが流れました。
タイトルを日本語訳すると『道中の友』となりますが、
同名のSanQ Bandの曲の日本語タイトルは『風の旅人』となっています。

5つ目は、12月末に開催する「Fan Meet」について。
メンバーと間近で会えるイベントとなるそうですが、
日時と場所は後日発表するとのことでした。

以上でJobさんからの発表が終わり、
ミニコンサート自体もお開きとなりました。

13:30からは続けて握手会があり、
前回以上に多くのファンが握手に訪れたようです。